選択肢の検討

現在の安定したソフトウェア プラットフォームに必要なサポートは少なく、異なるアプローチが必要ですが、ソフトウェア ベンダーは保守料金を上げて記録的な利益を計上するために、万人向けのアプローチを提供し続けています。Oracle、SAP、およびその他の主なソフトウェア ベンダーは、保守料金の収益を権利と見なしており、お客様のコスト抑制のニーズを考慮せず収益を維持するために、お客様の負担になる契約条件を強制しています。

サポート コストが高すぎる

  • ソフトウェア ベンダーの利益率が 90 パーセントで記録的なサポート収益を計上しているにもかかわらず、年間保守料金が上がっている1
  • コストのかかる、強制的なアップグレード
  • IT サポート コストが年間 IT 予算総額の 80 パーセント近くを占める
  • ベンダーのライフタイム サポート プログラムは、時間の経過とともにコストが増えるが、サービスは縮小される

現在のプラットフォームは安定しており、ビジネス ニーズを満たしている

  • 高機能で非常に安定している
  • スケーラブルなテクノロジーで実地テスト済み
  • 固有のニーズと要件を満たすようにカスタマイズされている
  • 成熟したリリースは、最大 10 年間はコストのかかるアップグレードの必要がなく、多くの取引企業のニーズを満たす

ベンダーからの顧客サービスに失望している

  • 最大 70 パーセントのユーザーが現在のサービス レベルに満足していない
  • 対応が遅く、技術エキスパートへのアクセスも制限される
  • バグ修正は "次のリリースで" 提供される
  • 価値の高い拡張機能は新しいライセンス製品としてパッケージ化される
  • 万人向けの汎用アプローチ

ベンダー サポート モデルがビジネスをリスクにさらす可能性がある

  • 支払った保守料金は、まったく使用しない可能性のあるベンダーの次世代システムの資金になる
  • 次世代システムの実用化の可能性はまったく不確定である
  • 次世代システムがテストされて実用化されるまでに 10 年以上かかる
  • 次世代システムにあらかじめ投資することで、ベンダーやテクノロジー環境へのロックインに陥るリスクがある

ソフトウェア サポートの現状に関する懸念が増す中で、代替サポートは魅力的な価値ある提案を行い、エンタープライズ ソフトウェア エコシステムの重要なニーズを満たすことで、急速に成長してします。代替サポートおよび保守を利用しているお客様は、何年にもわたって実証されたメリットを得ており、サードパーティー サポート業界の有効性を認めています。

サードパーティー サポートおよび保守が適しているかどうか >


1 Oracle Corporation、2011 年度第 3 四半期の四半期決算報告書、要約連結損益計算書

Top