選択肢の検討

賢明な企業は、すべてのソフトウェア サポートおよび保守オプションを吟味しています。Rimini Street は、お客様が正しい決断を下すには、すべての事実を把握しておくことが重要であると考えます。

移行をいち早く選択するお客様は、最先端のアプリケーションやテクノロジーを追い続け、テスト段階のものさえ試すこともあり、次世代ソフトウェアのテスト、修正、成長に投資します。この動向は現在、サービス指向アーキテクチャ (SOA)、ミドルウェア、オープン ソースなどのいくつかのテクノロジーやプラットフォームについて見られます。お客様が最も優れた最新のソフトウェア リリースおよび更新をすべて導入することを目指しているなら、サードパーティー サポートおよび保守は適していないでしょう。 

しかし、大半のお客様に加え、移行をいち早く選択するお客様の多くが、次世代ソフトウェアについて勝ち組と負け組が決まるまで、代替サポートおよび保守を活用して全体的なリスクを最小限に抑え、ソフトウェア投資から最大限の価値を得ようとしています。

サードパーティー サポートが適しているかどうか

以下が 1 つ以上当てはまる場合は適しています。

  • コストを削減したい。
  • コストと価値のバランスを高めたい。
  • ソフトウェア アプリケーションが安定、成熟している。
  • アプリケーションをカスタマイズしている。
  • より対応の早い、個別のニーズに対応したサービスを受けたい。
  • アップグレードを強制されたくない。
  • まったく使用しない可能性のあるベンダーの次世代ソフトウェアの研究開発に投資したくない。
  • ベンダーから課せられる "特別料金" を回避したい。
  • 税務および法規制に関する更新の対応の早いサポートが必要である。

当てはまるお客様は、こちらをクリックして、より詳しい PDF バージョンのこの一覧を表示し、ダウンロードしてください。組織内でこのドキュメントを使用して、サードパーティー サポートへの切り替えに関するビジネス ケースの作成に役立てることができます。

次のステップ >

Top