「PeopleSoft 9.2へのアップグレードに時間とコストをかけることを正当化するほどのメリットは見られませんでした。また、Oracleのクラウドへの移行時期も曖昧なため、少なくとも2、3年は真剣に検討することはないでしょう」

ITディレクター、Steve Cochrane氏
Kyocera SGS Precision Tools

課題

Kyocera SGS Precision Tools(KSPT)が運用しているPeopleSoft 9.0アプリケーションは安定しており、KSPTの日々のビジネスニーズを満たしています。’’また、KSPTではコストの削減を目指しており、ERPのアップグレードを無理に進めて追加のコストを発生させたくないと考えていました。ITディレクターのSteve Cochrane氏は、PeopleSoftの年間保守費用をはじめ大規模に発生するIT予算の項目を精査し、実際のサポートニーズの評価を行いました。Cochrane氏は次のように述べています。「PeopleSoftのサポートをOracleに要請することはほとんどありませんでした。“”依頼することがあった場合も、ほとんどの作業は自分たちで行っていたようです」。“Cochrane氏は、PeopleSoftアプリケーションを確実に運用できるサポートが必要であると認識していましたが、オラクルが提供する年間保守サポートに高額な費用を支払い続けてもほとんど意味がないと考えていました。”’

リミニストリートのソリューション

KSPTは独立系の保守サービスプロバイダーを調査し、2013年10月にサポートをリミニストリートに切り替えました。その結果、KSPTはベンダーによる従来のサポートコストを即座に50%削減し、エンジニアの専門家チームから24時間365日のサポートを受けられるようになりました。さらに、KSPTは、オラクルのサポート契約を解約する前に、Oracleからライセンス取得済みのPeopleSoft 9.2のソフトウェアをアーカイブしました。このアーカイブ一式を管理下に置くことで、ビジネスでの必要性に応じてソフトウェアをアップグレードできます。

結果

  • カスタマイズされたコードのサポートを含む、きわめて応答性の高いサポートサービスが受けられるようになり、内部のリソースを自由に利用できるようになったIT部門は問題や障害の対応に時間を割く必要がなくなり、本来のビジネスプロジェクトに集中して取り組むことが可能になった
  • 実際には必要のない高額で業務に影響の生じるPeopleSoftへのアップグレードを回避して、削減できた予算やリソースを本来のビジネス上の課題の解決に活用できるようになった
  • アップグレード用にPeopleSoft 9.2リリースを安全なかたちでアーカイブできたため、ビジネス上の必要性に応じた柔軟なアップグレードが可能になった

事例をダウンロード