Rimini Street 管理チーム

Robert Lachs, バイスプレジデント、米国営業-中部地域担当

Robert Lachs は、ERP ソフトウェア業界で 19 年のキャリアを持つベテランです。独特の多角的視点を持ち、ERP ソリューションを実装する企業に協力し、コンサルティングを行ってきました。また、長年にわたり ERP ベンダーに直接勤務していた経験も持っています。

ピープルソフト社とオラクル社でカスタマー サービスやセールス管理にかかわる数々の役職を 15 年間務めてきました。2008 年にオラクル社を離れる直前には、PeopleSoft サポート販売部門のマネージャーを数年間務め、年間保守の売上目標の達成と、オラクル社の価格設定手法や方針の徹底に尽力しました。

Rimini Street への入社前は、ソフトウェア投資最適化サービスを提供する一流企業である、NET(net) 社に勤務していました。NET(net) 社では、Oracle、SAP、Lawson 製品群を主に対象として、ERP ライセンスと保守への投資を最適化する手法を主導していました。この中で、資金調達、契約、ライセンス/保守ポートフォリオを評価することに携わりました。そして、投資を最適化するための戦略を練り、それを実行してきました。また IT ベンダーとの直接交渉でも主導的な役割を果たしました。この前職を通して、サードパーティー サポートへの移行の背後にある、切実な経営的要因について理解を深めることになりました。

Lachs は、米国のバトラー大学でスピーチおよびビジネス コミュニケーションの文学士号を取得しています。