Rimini Street 上級管理チーム

David Rowe, シニアバイスプレジデント 兼 最高マーケティング責任者(CMO)

­Rowe はエンタープライズ ソフトウェア業界で 25 年にわたり活躍してきたベテランです。国際的なソフトウェア大企業と、急成長を遂げるテクノロジ新興企業の両方でテクノロジ ソリューションの設計、構築、マーケティングの経験を積み重ねてきました。テクノロジやマーケティングに関するイベントなどでは注目される発言者の 1 人であり、エンタープライズ ソフトウェアやテクノロジ関連のマーケティングの最新動向を講演しています。

現在は、上級副社長として Rimini Street の世界的なマーケティングや提携プログラムの全般を統括しています。潜在顧客開拓、需要創出、世界的なマーケティング コミュニケーションなどの活動を全面的に統括するだけに留まらず、Rimini Street が提供するサービスの製品戦略と販売戦略を主導しています。2011 年には、米国 CMO Institute によって、2010 年の優秀な最高マーケティング責任者の 1 人に選出されました。Rimini Street への入社前は、オンデマンド サプライヤー リレーションシップ管理ソリューションの大手プロバイダーである Perfect Commerce 社のマーケティングおよび製品管理担当副社長を務めていました。Perfect Commerce 社では、潜在顧客パイプラインの大幅な拡大や、製品パッケージと価格体系の改善を実現し、同社のソリューションを業界で最も信頼できるソリューションとして確立しました。さらに、会社のビジョンに合致した製品戦略や開発プロセスを推進するプロダクト プランニングの手法も導入しました。

この以前にも、エンタープライズ ソフトウェア業界においてさまざまな上級管理職を歴任してきました。その中でもピープルソフト社では複数の上級管理職を務め、最終的には、戦略的マーケティング統括者として同社の e ビジネス ソリューション部門の戦略とビジネス開発に携わりました。e ビジネス ソリューション部門より以前には、工業製品のマーケティングおよび戦略の統括者や、サプライチェーン製品のマーケティングおよび戦略のマネージャーも務めました。

さらに以前には、Andersen Consulting 社 (現在のアクセンチュア社) で数年間のキャリアを積んでいます。このときは、カスタム システムの開発、パッケージ システムの実装、ビジネス プロセスの再設計に関する各種プロジェクトを推進するシニア マネージャーとして活躍しました。

Rowe は、米国のハーベイマッド大学でエンジニアリングの理学士号を取得しています。