Rimini Street 上級管理チーム

Nancy Lyskawa, シニアバイスプレジデント、 グローバルクライアントオンボーディング担当

エンタープライズ ソフトウェア業界で 25 年のキャリアを持つ Lyskawa は、フォーチュン 500 に名を連ねるテクノロジ大手企業と、成長著しい新興企業の両方において経営的リーダーシップを発揮してきました。その中でも、世界的な顧客サービス、エンタープライズ ソフトウェアのマーケティングと戦略、継続的な収益を生み出す販売とその実行といった分野において輝かしい功績を上げてきました。

現在は、Rimini Street の世界的な顧客サービスと顧客プログラムを担当し、Rimini Street のお客様のビジネスを完璧に支援することに力を注いでいます。顧客サービスの全般を主導する立場に立ち、新規顧客の導入支援から、顧客管理、顧客の引き留めまですべてを統括しています。

Rimini Street の前職であるオラクル社では、最終的に副社長を務め、グローバル サポート サービスのマーケティングを担当していました。当時は、120 億ドルに及ぶ Oracle グローバル サポート ビジネスのマーケティング戦略とその実行に責任を負っていました。同社のマーケティングを担当する経営陣の 1 人として Oracle テクノロジとソフトウェアのサポート ビジネスに携わり、その販売戦略、プロダクト マーケティング、潜在顧客の開拓、マーケティング コミュニケーション、フィールド マーケティング、販売サポートに世界的に尽力しました。さらに Oracle 製品リリースのサポート方針の策定を支援したり、世界的なサポート価格体系の構築に参画したりすることもありました。

過去には、ピープルソフト社のグローバル サービス マーケティングのリーダーを務めていた経験もあります。13 億ドル規模の主要サポート ビジネスを支え、販売戦略とその実行を統括していました。ピープルソフト社に在職中は、顧客サービス、サポート運営、サービス マーケティングを担当する上級管理職を歴任し、数多くのフォーチュン 500 企業と直接やり取りをしてきました。また、同社のプレミアム/プラチナ サポート プログラムの世界的な立ち上げも主導しました。このプログラムは広く採用され、年換算で 36% 超の成長を遂げました。

さらに以前には、EDS 社 (現在のヒューレット パッカード社) に数年にわたり勤務していました。パッケージ ERP の実装とアップグレードを専門とし、公益事業、小売り、自動車分野の顧客への効果的なサービスを主導しました。

Lyskawa は米国の公認管理会計士 (CMA) です。米国のノースダコタ大学で会計と財務の経営学士号を優等で取得しています。また、米国の南メソジスト大学コックス ビジネス スクールで Masters Certificate (修士資格) を取得しています。さらに、2005 年から 2010 年には、IT サービス マーケティング協会 (ITSMA) の役員を務めました。