Rimini Street 上級管理チーム

Seth Ravin, 最高経営責任者(CEO)兼 取締役会会長

エンタープライズ ソフトウェア業界で 30 年のキャリアを有する Ravin は、独立系エンタープライズ ソフトウェア サポートというビジネスの開拓者です。2005 年には、The Enterprise Software Observer によって、エンタープライズ ソフトウェア業界の次世代リーダー 25 人に選出されました。2010 年には、Deal Architect 社 CEO の Vinnie Mirchandani 氏の著書『The New Polymath:Profiles in Compound-Technology Innovations』でも注目されました。この中では、先見性のある画期的な戦略を実行して、情報テクノロジの劇的なコスト削減と、顧客が選択するという新時代の幕開けを実現したことが取り上げられています。

2005 年 9 月に Rimini Street, Inc. を創設し、革新的な次世代サポート サービスをソフトウェア ベンダーの年間サポート プログラムの半分以下の料金で提供することによって、エンタープライズ ソフトウェア サポートを再定義するというミッションを掲げました。Rimini Street は現在、Oracle 製品および SAP 製品のサポート サービスを提供しています。

独立系保守サポート プログラムの立ち上げに成功する以前、Ravin はピープルソフト社の経営陣の 1 人であり、退職の直前には顧客営業部門担当の副社長を務めていました。ピープルソフト社ではその以前から、顧客サービス/プログラム担当の役員や、アップグレードとインストールに関する経営管理職など、国際的に大きな責任を負う幹部職を歴任していました。同社で携わった業務は、世界的リリース サポート方針、リリース終了プログラム、顧客管理、数千社に及ぶ利用者のソフトウェアの 2000 年問題対応、特異なニーズを持つ顧客への特別サポート プログラムの開発と提供など多岐にわたります。お客様は、強制的なアップグレードは避け、成熟したソフトウェア リリースを正式なサポート期間の終了後も何年も運用し続けることを望んでいたため、Ravin はこの要望に応えることを目的としてエンタープライズ ソフトウェア業界で初めて延長に特化したプログラムを作り上げ、フォーチュン 500 企業から、公共部門、中規模組織までさまざまな組織にそのプログラムを提供しました。

Saba Software 社で顧客営業担当の副社長を務めた経験もあります。ロシアでは防衛転換プログラムに従事し、ワシントン D.C. での業務では、1994 年 の GATT の貿易協定の議会通過に際してクリントン政権を支援しました。

Ravin は、米国の南カリフォルニア大学で経営管理の理学士号を取得しています。