プレスリリース

リミニ・ストリート、2013年第4四半期および通期業績を発表

2014/03/03

通期純売上高は6110万ドルで前年比40.3%増
通期年間購読売上高は7480万ドルで前年比45.4%増
通期請求額は7960万ドルで前年比36.7%増
通期売上維持率は94.2%で前年比0.5ポイント増

ラスベガス--(BUSINESS WIRE)-- (ビジネスワイヤ) -- SAP(NYSE:SAP)のビジネススイートおよびビジネスオブジェクツやオラクル・コーポレーション(NYSE:ORCL)のシーベルピープルソフトJDエドワーズEビジネス・スイートオラクル・データベースハイペリオン(Hyperion)、オラクル・リテールを含むエンタープライズソフトウエアに対する保守・サポートを提供する大手独立系企業のリミニ・ストリートは本日、2013年12月31日締め第4四半期および通期の業績を発表しました。

リミニ・ストリートのセス・ラビン最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「当社の2013年度第4四半期および通期の業績では、独立した保守・サポートソリューションの需要と採用の拡大が証明されました。私たちは、当社のお客さまの基幹システムに保証されたサービス水準、故障・修理サポート、税金・法律・規制の最新情報を備えた一流サポートモデルを提供しています。リミニ・ストリートは、世界的な事業計画を実行し、今後も世界中で拡大する顧客層に革新的なサービスと価値を提供することのみに焦点を当てていきます。」 

リミニ・ストリートのエド・シェーファー最高財務責任者(CFO)は、次のように述べています。「当社は、堅調な世界事業の勢いによって記録的な第4四半期および通期の純売上高を達成しました。年間購読売上高は前年同期から45.4%増加して7480万ドルに成長しました。この四半期および通期には、当社の業務と能力を世界的に拡大するために多額の投資も行いました。」

リミニ・ストリートの2013年度第4四半期および通期業績では、純売上高、年間購読売上、繰延売上、アクティブ・クライアント、解約できない複数年のサービス期間を選択した顧客数などで過去最高記録を達成しました。

  • 第4四半期の純売上高は1730万ドルで、2012年度第4四半期から48.5%増加。
  • 2013年度通期では、当社は前年比40.3%増の6110万ドルの純売上高を報告。
  • 2013年12月31日時点の年間購読売上高は、前年比45.4%増の7480万ドル。
  • 2013年12月31日時点の貸借対照表上の繰延売上高は、前年比50.6%増の5880万ドル。

2013年度および最近の注目点:

リミニ・ストリートについて

リミニ・ストリートは、エンタープライズソフトウエアサポートサービスの大手独立プロバイダーです。受賞歴のある革新的プログラムでエンタープライズ向けサポートサービスを変革しています。これらのプログラムにより、オラクルやSAPのライセンシーは、10年でサポート経費総額を最大90パーセント、年間サポート経費を最大50パーセント節約できます。クライアントは、現行のソフトウエアリリースのアップグレードや移行を行わず、少なくとも10年間は使い続けることができます。グローバル企業、フォーチュン500企業、中間市場企業、公共セクター組織など、事実上、すべての業界の何百もの顧客が、ソフトウエアベンダーから独立した信頼できるサポートプロバイダーとして、リミニ・ストリートを選択しています。詳細については、www.riministreet.comをご覧いただくか、888-870-9692(米国内)または+1 925-484-9211(海外から)までお問い合わせください。

将来見通しに関する記述

本プレスリリースには、将来見通しに関する記述が含まれる場合があります。「考える」、「かもしれない」、「だろう」、「推定する」、「継続する」、「期待する」、「意図する」、「見込む」という文言および同様の表現は、将来見通しに関する記述の特定を意図したものです。これらの将来見通しに関する記述にはリスクおよび不確実性が伴い、さまざまな想定に基づいています。リスクが実現または当社の想定の誤りが証明された場合、実際の結果はこれらの将来見通しに関する記述によって暗示された結果と大きく異なる可能性があります。リミニ・ストリートは、本プレスリリースの発表時点の内容に過ぎない将来見通しに関する記述または情報を更新する義務を一切負いません。 リミニ・ストリートおよびリミニ・ストリートのロゴは、リミニ・ストリートの商標です。その他すべての企業名および製品名は、それぞれの所有者の商標です。Copyright © 2014. All rights reserved. 本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。