プレスリリース

SAPやOracleなどERPソフトウェアの年間保守を50%offで提供 独立系ソフトウェア保守サービスのリミニストリートが日本参入

2014/03/06

ソフトウェア保守サービスの独立系プロバイダーである米国リミニストリート社(Rimini Street, Inc.)は、このたび、日本にオフィスを開設し、ベンダーに依存しないソフトウェア保守サービスを国内企業に向けて本格的に提供していくことを発表いたします。

数多くの受賞歴を持つリミニストリートの保守サービスは、SAP AG's (NYSE:SAP)のBusiness SuiteBusinessObjectsをはじめ 、Oracle Corporation's (NYSE:ORCL) E-Business SuiteSiebelPeopleSoftJD EdwardsHyperionOracle RetailOracle Database といった数多くのビジネスソフトウェアの保守に高品質なレベルで対応し、すでに数社の日本企業とも昨年後半に契約を締結してサービスの提供を開始しています。

リミニストリートが本格的に日本市場への進出を果たしたのも、迅速なサービスと大幅なコスト削減を実現する第三者によるソフトウェア保守サポートに対する、日本企業からの要望が非常に大きくなってきたことに呼応したものです。

●日本法人が本格始動
日本法人である日本リミニストリート株式会社は、日本企業に向けたサポートを強化するため2013年7月に設立され、すでにグローバルにビジネスを展開する7社の日本企業における年間数億円規模のコスト削減を支援してきました。 そして、導入気運のさらなる高まりに応える必要があると判断し、このたび日本支社長に業界での20年に及ぶ経験を有する 太田 一矢 が就任するとともに、営業およびサポート人員を大幅に強化して、国内での販売活動を本格的に展開していく運びとなりました。 今後、アジア太平洋地域を統括する Andrew Powell (アンドリュー・パウエル)とともに、日本企業のソフトウェア保守の領域におけるコスト削減に貢献してまいります。

日本リミニストリート株式会社 日本支社長の太田一矢は次のように述べています。

「日本企業は長い間、SAPやOracleなどERP及び関連製品の保守サービスにおいて、製品ベンダーのサービスしか選べないという点に大きな不満を感じていました。北米やヨーロッパの企業では、 すでに10年以上にわたってベンダー以外の選択肢が与えられてきました。こうしたベンダーに依存しない選択肢と、サービスの向上を望む日本企業の皆様からの声が、私たちリミニストリートが日本市場に本格参入する上での大きな原動力となりました」

●独立系ソフトウェア・メンテナンスの業界を牽引
リミニストリートでは、日本におけるSAPおよびOracle製品のERP及び関連ソフトウェア・メンテナンスの市場は、年間1,200億円を超えるものと推定しています。 Constellation Research社の調査*(1)によると、多くの企業のCIOは、ベンダーから受ける保守サポートに対して支払う年間保守料が非常に高額であることに大きな不満を抱いています。また、この報告書では「コスト削減は、サードパーティのメンテナンスサービスから得られることは明らかではあるが、サービスレベルの改善を積極的に行うべきだ」と結論づけています。

リミニストリートは、お客様がSAPやOracleに現在支払っている年間ソフトウェア保守料の50%で、高品質なサポートプログラムを提供し、世界の市場をリードしています。

リミニストリートのお客様は、少なくとも10年間はアップグレードを行うことなく、現在のソフトウェアを利用し続けることができると同時に、日本の税制改正や法改正に対応した修正プログラムを一切の追加費用なしで受けることが可能です。 さらに、経験豊富なサポートエンジニアによる迅速なサービスを24時間365日にわたって利用いただくことができます。

米国リミニストリート社CEOの Seth Ravin(セス・ラビン)は次のように述べています。

「 2005年の創業以来、私たちはエンタープライズ・ソフトウェアの保守サービスにおける顧客の選択肢が制限され、SAPやOracleなどソフトウェア・ベンダーの独占下にある状態を打破し、改善されたサービスと劇的なコスト削減効果をお客様に提供するという使命を追求してきました。私たちは高い品質基準を満たすために業界で唯一のサードパーティ・ソフトウェア・メンテナンス・プロバイダーとして、ISO 27001およびISO 9001:2008の認証を取得しており、これからもこの大変重要な市場でサポート力を強化し上質なサービスを常に提供できるよう心掛けていきます。」

*(1) "Why Every CIO Should Consider Third Party Maintenance," Constellation Research, August 8, 2011

●リミニストリート社について
リミニストリート(Rimini Street, Inc.)は、エンタープライズ・ソフトウェア・サポート・サービスの大手独立系プロバイダーです。多くの受賞歴を持つ革新的なサービスプログラムにより、ソフトウェアの年間保守費用の50%offを提供するだけでなく、10年間でOracleやSAPのソフトウェアサポート、関連費用の最大で90%に相当する費用をトータルで節減できうるサポート・サービスを提供いたします。お客様は、少なくとも10年間はアップグレードを必要とせず、現在のソフトウェアをそのまま活用し続けることができます。 Fortune 500を含むあらゆる業界からの支持を受け、独立系サポート・プロバイダーとして、数百に及ぶグローバル企業がリミニストリートを選択いただいています。 詳細は、 www.riministreet.co.jpをご覧いただくか、日本リミニストリート株式会社 03-5326 -3461までご連絡ください。

<日本法人について>
日本リミニストリート株式会社
日本支社長:太田一矢
所在地:東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワーN30階
電話:03-5326-3461

Rimini StreetおよびRimini Streetのロゴは、Rimini Streetの登録商標です。その他の会社名および製品名は、各社の登録商標です。無断複写·転載を禁じます。Copyright © 2014. All rights reserved