プレスリリース

リミニ・ストリート・テクノロジー・サポート・サービスが革新的なブラウザー相互適合性ツールを実現

2014/04/09

リミニ・ストリート・スマート・プロキシ・サーバーはオラクル/SAPエンタープライズソフトウエアリリースと旧版・現行版・将来版のブラウザーリリースの間における相互適合性の問題を解決

ラスベガス -- (ビジネスワイヤ) -- COLLABORATE 14 Conference - SAP(NYSE:SAP)のビジネススイートビジネスオブジェクツ、オラクル・コーポレーション(NASDAQ:ORCL)のシーベルピープルソフトJDエドワーズEビジネススイートオラクル・データベースオラクル・ミドルウエアハイペリオン(Hyperion)、オラクル・リテールなど、エンタープライズソフトウエア向け保守サービスを提供する一流独立企業のリミニ・ストリートは本日、リミニ・ストリート・テクノロジー・サポート・サービスがリミニ・ストリート・スマート・プロキシ・サーバー (Rimini Street Smart Proxy Server®、"RSI SPS")を実現した発表しました。RSI SPSは革新的なブラウザー相互適合性ツールとして、既存ERPシステムの使用期間と性能を拡張するものです。リミニ・ストリートのサポートを受けているクライアントが追加ライセンスコストなしでご利用いただけます。

1999年以来、ERPは一般的にインターネットブラウザーを使用してコアビジネス機能にアクセスしていたため、アプリケーションリリースを長期にわたって使用する場合に、ブラウザーの相互適合性が極めて重要な要素になってきました。RSI SPSは制限要因としての今後のブラウザー相互適合性の問題を取り除くことで、ERPアプリケーションリリースの使用期間を15年以上に延ばすことできます。リミニ・ストリート・スマート・プロキシ・サーバーによって既存のオラクル/SAPアプリケーションに対する投資で収益を最大化できます。

ブラウザー相互適合性が今日、今後の多くの組織にとっての課題

一般的に古いアプリケーションリリースほど新たなインターネットブラウザーとの間で相互適合性の問題を抱える一方で、最新のアプリケーションリリースを運用している組織でさえ、複数のクライアントプラットフォーム、すなわちデスクトップやラップトップ、タブレット、スマートフォンなどを有しており、それぞれが異なるオペレーティングシステムとしてウィンドウズ、OSX、クローム、iOS、アンドロイトを採用し、各自に独自のインターネットブラウザーが対応しています。これらの異種プラットフォームにより、標準的HTMLコードの解釈が異なる場合が多くあり、解釈の食い違いが生じて、最新版や将来版のブラウザー製品・リリースと、現行版以前のリリースやERPシステムとの間で、相互適合性の問題をしばしば引き起こします。

こうしたブラウザー相互適合性の問題に対処するため、リミニ・ストリート・テクノロジー・サポート・サービスはルールベースのプログラム可能なツールとしてのリミニ・ストリート・スマート・プロキシ・サーバーを開発しました。これはERPアプリケーションからHTMLを受け取って、それをブラウザー向けに再解釈するものです。異種性を抱え、絶えず変化しているブラウザー技術からERPアプリケーションを引き離すことで、本ソリューションは高額料金で強制的に最新ERPアプリケーションリリースへアップグレードする必要性をなくします。こうした最新リリースは単に、最新のインターネットブラウザーや、複雑なシステム環境で使用する複数タイプのブラウザーに関連した問題を解決するためのものに過ぎないのです。

RSI SPSは革新的でありながら実用性を備えたソリューションです。以下の利点を持っています。

  • ERPシステムコードの変更や回帰試験の必要がまったくない
  • あらゆるHTMLベースのブラウザー/リリースで使用可能
  • 新たな不適合性の問題が生じたときは容易に修正可能
  • インメモリー動作によって高速パフォーマンスが可能

リミニ・ストリート・スマート・プロキシ・サーバーは、リミニ・ストリートのサポートを受けているクライアントが追加ライセンスコストなしでご利用いただけます。クライアントは導入コストをご負担いただく必要があります。

世界的な クライアントが リミニ・ストリート・スマート・プロキシ・サーバー の導入に成功

マサチューセッツ州ウォルサムを拠点とするモーダスリンク・グローバル・ソリューションズは、サプライチェーンと物流の包括的サービスを世界中の技術・ソフトウエア企業向けに、北米・欧州・アジア太平洋地域の25サイト以上で提供しています。モーダスリンクは2010年以来、SAP ECC 5.0システムでリミニ・ストリートのサポートから恩恵を受けている一方で、より広範なSAP環境へのアップグレードも継続しており、最近でもSAPエンタープライズ・ポータルにアップグレードしたり、SAPファイナンシャル・サプライチェーン・マネジメント(FSCM)アプリケーションを導入したりしています。2013年12月、リミニ・ストリート・テクノロジー・サポート・サービスは、アップルコンピュータのサファリ・ブラウザーとモーダスリンクのSAPシステムの間におけるブラウザー不適合性の問題を解決するため、リミニ・ストリート・スマート・プロキシ・サーバーを問題なく導入しました。RSI SPSのインストールと設定を終えた後、アップルのサファリで動作するクライアントに送られたSAP HTMLコードはリアルタイムで再解釈され、正しく表示されました。同時に、マイクロソフトのブラウザー「インターネット・エクスプローラー」を使用するクライアントに送られたHTMLコードは変更されないままで、同じSAPアプリケーションが両クライアントと正しく通信することが可能でした。 モーダスリンクのArt Sebastiano最高情報責任者(CIO)は、次のように述べています。「完全な相互運用性を達成するためのリミニ・ストリート・スマート・プロキシ・サーバーを使用することで、当社はアップルのサファリを使用するクライアントにおける問題にスムーズに対処することができましたが、SAPシステムに触ることもなく、高額料金でECC 6.0へアップグレードする必要もありませんでした。このソリューションは洗練されており、導入にほとんど時間がかからず、その簡素性と効率性によって、既存インフラとの相互適合性の維持について心配することなく、新規のブラウザークライアントを当社システムに追加することができます。」

テクノロジー・サポート・サービスは広範な顧客サービスを網羅

リミニ・ストリート・テクノロジー・サポート・サービスは(TSS)は終始変わらず、革新的テクノロジー・サポート・サービスの開発と提供ために多大な投資を行っています。これらの革新的テクノロジー・サポート・サービスは、顧客が総所有コストを削減できるとともに、リミニ・ストリートへの切り替え後、最低15年間、自社の中核的ERPエンタープライズソフトウエアリリースの安定性、信頼性、コンプライアンス性を維持し、長期のプラットフォームとして使用できるようにするものです。 TSSは長年にわたり、複雑な技術的課題の解決で多くの顧客を成功裏に支援してきました。それらの技術的課題には、オペレーティングシステム、データベース、ミドルウエア、コンパイラー、ブラウザー、API、オンプレミス/クラウド混成環境の統合クラウドコンポーネントに及ぶ相互適合性、移行、セキュリティー、インテグレーションに関する問題の解決が含まれます。

リミニ・ストリート最高経営責任者(CEO)のセス・ラビンは、次のように述べています。「リミニ・ストリートは一貫して、クライアントによるアプリケーションの将来対応性確保を支援することで、有益に使用できる期間を延長して、既存のIT投資による収益を最大化することに努めていますが、リミニ・ストリート・スマート・プロキシ・サーバーというツールを開発し、クライアントに無料ライセンスを提供することは、まさにそうした努力の別の表れです。当社は今後もクライアントのエンタープライズソフトウエアの有用性を高め、総所有コストを削減するための新たな機会をクライアントに提供していきます。」

リミニ・ストリートについて

リミニ・ストリートは、エンタープライズソフトウエアサポートサービスの大手独立プロバイダーです。受賞歴のある革新的プログラムでエンタープライズ向けサポートサービスを変革しています。これらのプログラムにより、オラクルやSAPのライセンシーは、10年でサポート経費総額を最大90パーセント、年間サポート経費を50パーセント節約できます。クライアントは、現行のソフトウエアリリースのアップグレードや移行を行わず、リミニ・ストリートへ切り替え後、少なくとも15年間は使い続けることができます。グローバル企業、フォーチュン500企業、中間市場企業、公共セクター組織など、幅広い業界の何百もの顧客が、ソフトウエアベンダーから独立した信頼できるサポートプロバイダーとして、リミニ・ストリートを選択しています。詳細については、www.riministreet.comをご覧いただくか、888-870-9692(米国内)または+1 925-484-9211(海外から)までお問い合わせください。

リミニ・ストリートおよびリミニ・ストリートのロゴは、リミニ・ストリートの商標です。その他すべての企業名および製品名は、それぞれの所有者の商標です。Copyright © 2014. All rights reserved.

  本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。