プレスリリース

リミニ・ストリートと契約したSAP製品の顧客が100社を超え、SAPサポートの売上高は64パーセント増加

2014/06/03

SAPライセンシーが独立サポートを活用し、SAP環境における迅速かつコスト効率に優れた革新を推進

米フロリダ州オーランド -- (ビジネスワイヤ) -- SAPPHIRE NOW 2014 Conference -- SAP(NYSE:SAP)のビジネス・スイートビジネスオブジェクツ、オラクル・コーポレーション(NYSE:ORCL)のシーベルピープルソフトJDエドワーズE-ビジネス・スイートオラクル・データベースオラクル・ミドルウエアハイペリオン(Hyperion)オラクル・リテールなど、エンタープライズソフトウエア向け保守サービスを提供する一流独立プロバイダーのリミニ・ストリートは本日、当社のSAPサポート製品ラインが引き続き前年比で成長し、顧客獲得でも成功していると発表しました。SAPアプリケーション向けリミニ・ストリート・サポートの年間売上高は、2014年3月31日締めの12カ月間に前年の同期間と比べて64.4パーセント増加しました。これまでにサポートをSAPからリミニ・ストリートに切り替えた顧客数も合計100社を上回っています。SAPライセンシーはリミニ・ストリートに切り替えて、10年でサポート経費総額を最大90パーセント、直ちに年間サポート経費を50パーセント節約できる大幅なコスト削減に加え、自社のIT革新戦略を実現するために当社を選んでいます。

リミニ・ストリートが SAPライセンシーの革新推進を即座に支援

成功したIT環境の概念が、大規模な統合型シングルベンダー製品スイートから、コアトランザクションの"Systems of Record"(記録のシステム)に最高のソフトウエアアプリケーションが統合され、アプリケーションの提供モデルとしてオンプレミスとクラウドを混成させたハイブリッドIT環境へと移行しています。リミニ・ストリートは基幹的なSAPのコアトランザクションシステムに対する包括的なサポートを提供しつつ、顧客が柔軟かつコスト効率に優れた方法で、既存のSAP環境にクラウドソリューションを統合できるようにしています。

サウスコがリミニ・ストリートの支援を得てハイブリッド IT環境を採用

世界をリードする国際的メーカーのサウスコは、2009年にSAPによるサポートからリミニ・ストリートの独立サポートに切り替え、IT費用の中で2番目に高額だった支出項目を直ちに半減させることができました。同社はそれ以来、SAPの採用を戦略的に世界規模で拡大する取り組みの一環として、SAP導入を多数の国で成功させながら、同社のSAP ECC 6.0システムでリミニ・ストリートのサポートを利用しています。

サウスコはリミニ・ストリートのサポート利用で大幅に削減した総年間保守コストの一部を使い、Salesforce.comとSuccessFactorsの新規ライセンスを購入し、同社がクラウドで必要としていた世界規模のCRMおよびHCMのインフラニーズに対応することができました。リミニ・ストリートはサウスコがSAPアプリケーションを移行させる際にサポートしたほか、同社のその他の広範なSAP環境に対しても、リミニ・ストリート・クラウド・サービスの一環としてサポートを継続しました。

サウスコSAP世界サポート担当マネジャーのパトリック・ラーソン氏は、次のように述べています。「サウスコはリミニ・ストリートの独立サポートのおかげで、IT予算を増やすことなくSalesforce.comやSuccessFactorsなどのクラウドベースのソリューションに投資できました。これによりサウスコは、ビジネス主導の革新ニーズに最適なハイブリッドモデルで、既存のSAPシステムと共にクラウドソリューションを採用できました。」

カラー・スポットがリミニ・ストリートのサポートで SAP活用範囲を拡大

特殊園芸品の生産・卸売り大手であるカラー・スポット・ナーサリーズは、2010年に同社のSAPシステムのサポートをSAPからリミニ・ストリートに切り替えました。同社はサポートレベルを改善し、ベンダーによる年間保守費用を総IT予算の20パーセントからわずか9パーセントに削減したほか、自由裁量で使えるIT予算を2倍以上に増やすことができました。カラー・スポットはそれ以来、積極的な成長戦略に対応できるように新たなSAPライセンスを購入・導入していますが、利用範囲が拡大するSAP製品のサポートではリミニ・ストリートを頼りにしています。

カラー・スポットは独立サポートを選択したことで、さらなる恩恵を受けることができました。例えば、24時間年中無休で利用できるプライマリーサポートエンジニア(PSE)を指定して、保守のためのリソースや人員を補充する必要性を排除したり、30分以内の対応を保証する素早いサポートを受けたりできるほか、カスタマイズに対するサポートを追加コストなしで得られるプレミアムレベルのサービスを利用したりできます。カラー・スポットは大幅なコスト削減に加え、サポートを継続するための高額で無駄な強制的アップグレードを回避し、必須アップグレードなしでの既存リリースに対する最低15年間のサポート保証を確保することができました。

カラー・スポットの最高情報責任者(CIO)のエリック・ロビンソン氏は、次のように述べています。「独立サポートの場合、SAPソフトウエアのロードマップについては、カラー・スポットが主導権を握ることができます。また大幅なコスト節減とサービスレベルの飛躍的な向上以外にも、節約したソフトウエアの年間保守費や解放されたリソースを、ビジネスチームにとって非常に重要な新しいソリューションで活用できるため、当社のITチームは最終損益の成長を推進するうえで貢献できます。」

リミニ・ストリートが世界中の SAPライセンシーの革新推進を支援

リミニ・ストリートは4年以上前から、SAP製品向けの独立サポートを提供し始めました。それ以来、フォーチュン500企業やフォーチュン100企業など、70カ国以上で事業を行なう幅広い業界の100以上のライセンシーが、自社SAPシステムのサポートをSAPからリミニ・ストリートの独立サポートに切り替えています。サポートをリミニ・ストリートに切り替えた多数のSAPライセンシーは、大幅な節約に加え、競争的優位性を磨くための革新的プロジェクトやビジネスへの取り組みに投資をしつつ、追加費用なしのカスタマイズサポートなど、改善されたプレミアムサービスを利用できるようになりました。

リミニ・ストリート最高経営責任者(CEO)のセス・ラビンは、次のように語っています。「複雑でミッションクリティカルなSAPシステムのサポートをリミニ・ストリートに切り替えた企業は、フォーチュン500企業から中間市場企業まで、すでに世界で100社を超えています。カラー・スポットやサウスコなどの情報通の企業は、リミニ・ストリートの独立サポートを利用してSAPソフトウエアの保守費用の価値を最大化し、IT予算をやリソースを再配分して、ビジネスの戦略的分野の革新に投資しています。」

http://cts.businesswire.com/ct/CT?id=bwnews&sty=20140603005902r1&sid=18029&distro=ftp

リミニ ・ストリートについ て

リミニ・ストリートは、エンタープライズソフトウエアのサポートサービスを提供する大手独立系企業です。受賞歴のある革新的プログラムでエンタープライズ向けサポートサービスを変革しています。これらのプログラムにより、オラクルやSAPのライセンシーは年間サポート費用を50パーセント以上、10年間の総サポート費用を最大90パーセント節約できます。クライアントは、現行のソフトウエアリリースをアップグレードや移行を行わず、リミニ・ストリートに切り替えてから少なくとも15年間は使い続けることができます。多様な業界のグローバル企業、フォーチュン500企業、中間市場企業、公共セクター組織を含む何百ものクライアントが、ソフトウエアベンダーから独立した信頼できるサポートプロバイダーとして、リミニ・ストリートを選択しています。詳細については、www.riministreet.comをご覧いただくか、888-870-9692(米国内)または+1-702-839-9671(海外から)までお問い合わせください。

Rimini StreetおよびRimini Streetのロゴは、リミニ・ストリートの商標です。その他すべての会社名と製品名は、それぞれの所有者の商標の可能性があります。Copyright © 2014. All rights reserved.

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。