プレスリリース

熊谷組がSAP/R3の保守サービスをリミニストリートに委託

2014/10/21

長期サポート保証とコスト削減効果が決め手に

ソフトウェア保守サービスの独立系プロバイダーである日本リミニストリート株式会社(本社:Rimini Street, Inc. 米国ネバダ州)は、このたび株式会社熊谷組(本社:東京都新宿区)が、ERPソフトウェア「SAP R/3」に関わるメンテナンス・サポート・サービスを2015年1月より全面的にリミニストリートに移管する決定をし、リミニストリートと年間保守サービス契約を締結したことを発表いたします。

熊谷組では、SAP R/3を1999年に導入し、約500ユーザーで利用してきましたが、コストとサポート内容の観点から昨年より基幹システム刷新の検討を始めました。これに伴い、アップグレードも留保していましたが、メーカーのサポートが切れている製品の運用管理に関する課題を緊急に解決する必要がありました。

そこで、リミニストリートの独立したメンテナンス・サポート・サービスを様々なリスクも含めて検討、評価し、既存ユーザーの声も収集するなどした結果、SAP R/3のメーカーサポートが終了した場合でも最大15年間の継続利用を保証する、リミニストリートの安心感のある保守サービスの採用を決定しました。

株式会社 熊谷組 経営管理本部 経営企画部 IT企画グループ 部長 鴫原 功(しぎはらいさお)氏は次のように述べています。

「リミニストリートの保守サービスは、まず費用が半分で済むという点が大きな魅力でした。標準機能以外にアドオンプログラムも標準サポートとして提供され、さらに、税務や法規制にも対応してくれるのは非常に有益です。そして何よりも、ユーザーに付加価値をもたらさないアップグレードはこれ以上行いたくないというのが最大の理由で、最新バージョンでなくても確実に保証してもらえるリミニストリートの保守サービスは、基幹システムを見直す過程にある当社にとっては唯一無二の選択肢となりました。」 

日本リミニストリート株式会社 日本支社長の太田一矢は次のようにコメントしています。 「リミニストリートは今年の春から日本での保守サービスを本格的に開始しましたが、既存のERPソフトウェアのサポートと比較してより高品質で、高付加価値なサービスを提供するという点で、OracleやSAPを利用する多くのライセンシーの皆様から関心を集め、市場での存在感を着実に高めています。すでに複数のお客様との契約締結を完了しており、今後も国内で本格始動したリミニストリートのサービスに関する情報が浸透していくに連れ、さらに多くの企業からの需要が拡大していくものと考えています。」

米リミニストリート 最高経営責任者(CEO)のセス・ラビンは、次のように述べています。 「リミニストリートは、熊谷組様をはじめとする日本のお客様に対し、既存のミッションクリティカルなERPソフトウェアの利用期間を最大15年まで保証します。そして、より改善されたサービスと迅速な対応、さらにはSAPやOracleと比較して大きなコストメリットが出る保守サポートにより、今後も企業の支援に全力で取り組んでまいります。」

リミニストリートでは、今後もこうしたSAP、OracleのERPを活用するユーザーを対象に、日本国内での積極的なサポート提案を行ってまいります。

●リミニストリート社について

リミニストリートは、SAPのビジネス・スイートやビジネスオブジェクツ、オラクルのシーベル、ピープルソフト、JDエドワーズ、Eビジネス・スイート、オラクル・データベース、オラクル・ミドルウェア、ハイペリオン、オラクル・リテールなど、エンタープライズ・ソフトウェア向けの保守サービスを提供するグローバルな独立系プロバイダーです。数多くの受賞歴を持つ革新的プログラムにより、エンタープライズ向け保守サービスを提供しています。このユニークなプログラムにより、オラクルやSAPのライセンシーは年間サポート費用を50パーセント以上、10年間の総サポート費用を最大90パーセント節約することができます。顧客は、現行のソフトウエアリリースのアップグレードや移行を行わず、リミニストリートに切り替えてから少なくとも15年間は使い続けることが可能になります。多様な業界のグローバル企業、フォーチュン500企業、中堅企業、公共機関を含む何百もの顧客が、ソフトウエアベンダーから独立した信頼できるサポートプロバイダーとして、リミニストリートを選択しています。 詳細については、www.riministreet.com/jp/ をご覧いただくか、日本リミニストリート株式会社 03-5326 -3461までご連絡ください。

Rimini StreetおよびRimini Streetのロゴは、リミニストリートの商標です。その他すべての会社名と製品名は、それぞれの所有者の商標の可能性があります。無断複写•転載を禁じます。Copyright © 2014. All rights reserved.