プレスリリース

リミニ・ストリート、2013年第3四半期業績を発表

2013/10/23

売上高は40%増加し、過去最大規模の取引を締結

ラスベガス -- (ビジネスワイヤ) -- SAP(NYSE:SAP)のビジネススイートおよびビジネスオブジェクツやオラクル・コーポレーション(NASDAQ:ORCL)のシーベル、ピープルソフト、JDエドワーズ、Eビジネス・スイート、オラクル・データベース、ハイぺリオン(Hyperion)、オラクル・リテールへのソフトウエアサポートを独立的に提供するリミニ・ストリートは本日、2013年9月30日締めの第3四半期業績を発表しました。第3四半期業績の注目点は、四半期売上高が前年同期比で40%増加したこと、当社として過去最大規模の取引を締結したこと、売上高と繰延売上高が過去最高を記録したことです。

第3四半期業績はリミニ・ストリートのサービスへの旺盛な需要の継続を示す

リミニ・ストリートは第3四半期の売上高として前年同期比40%増となる1580万ドルを計上しました。総請求額は1540万ドルに達し、同じく前年同期比で40%の増加となりました。繰延売上高は2013年9月30日時点で4650万ドルに達し、世界各地の新規顧客33社と契約を結びました

当社は現在、72カ国で顧客の業務をサポートし、約200カ国で顧客サポートが可能な能力を有しています。当社は北米に350人近くの従業員を擁し、南米、欧州、南アジア、アジア太平洋地域に子会社を保有しています。

2013年第3四半期におけるその他の注目すべきリミニ・ストリートの業績

  • 世界に配信した税金、法律、規制に関する最新情報が節目となる6万件に到達
  • 特定の業界を対象とした当社初のサポートとしてリミニ・ストリート・サポート・フォー・オラクル・リテールの提供を開始(第一弾として、買収されたリテックのアプリケーションのサポートを開始)
  • 過去12カ月にオラクルEビジネス・スイートの顧客数は3倍に増加し、オラクルEビジネス・スイート・サポートの年間売上高は400%以上増加
  • ソフトウエア業界のベテランでサイベースの元最高財務責任者(CFO)であるジャック・L・アコスタを取締役と監査委員長に任命したことを発表
  • 元下院議員、当時の同州知事ミット・ロムニー氏の主席法律顧問のダニエル・B・ウィンスローを法律顧問に任命したことを発表
  • 2013年国際ビジネス大賞でカスタマーサービス、サポート、人事の3部門についてスティービーアワードの金賞、銀賞、銅賞を2年連続して受賞
  • 売上高が3年間に149%増加し、インク誌とLead411から、米国で最も急速に成長している民間企業の1つに3年連続で挙げられる

リミニ・ストリート最高経営責任者(CEO)のセス・ラビンは、次のように述べています。「当社の事業計画の実行は順調に進んでおり、引き続き当社サービスへの需要が高まっている様子が見られます。これまでのエンタープライズソフトウエア投資のROIを最大化し、競争力を得るために、世界中の最高情報責任者(CIO)がリミニ・ストリートに乗り換える動きが進んでいます。当社のサービスによって何百社ものオラクルやSAPのライセンシーが年間保守費用を50%節約し、高価な強制的アップグレードを回避あるいは延期し、確実で対応力に優れたサービスの恩恵を受けています。」

リミニ・ストリートについて

リミニ・ストリートは、エンタープライズソフトウエアサポートサービスの大手独立プロバイダーです。受賞歴のある革新的プログラムでエンタープライズ向けサポートサービスを変革しています。これらのプログラムにより、オラクルやSAPのライセンシーは年間サポート経費を最大50パーセント節約できます。クライアントは、現行のソフトウエアリリースのアップグレードや移行を行わず、少なくとも10年間は使い続けることができます。グローバル企業、フォーチュン500企業、中間市場企業、公共セクター組織など、事実上、すべての業界の何百もの顧客が、ソフトウエアベンダーから独立した信頼できるサポートプロバイダーとして、リミニ・ストリートを選択しています。詳細については、www.riministreet.comをご覧いただくか、888-870-9692(米国内)または+1 925-484-9211(海外から)までお問い合わせください。

リミニ・ストリートおよびリミニ・ストリートのロゴは、リミニ・ストリートの商標です。その他すべての企業名および製品名は、それぞれの所有者の商標です。Copyright © 2013. All rights reserved.

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。