プレスリリース

リミニストリート、IT部門における「Company of the Year」を受賞

2017/10/26

7つの部門で、業界リーダーとしての地位、社会貢献の取り組み、カスタマーサービス向上への飽くなき取り組みが評価

ラスベガス、2017年10月26日 - エンタープライズソフトウェア製品を対象としたサポートサービスの世界的プロバイダーであり、OracleおよびSAPソフトウェアの第三者保守サポートにおいて業界をリードするリミニストリート(Nasdaq:RMNI)は、2017年のGolden Bridge Awardsにおいて、ITサービスの分野における「Company of the Year」と「Customer Service Department of the Year」の金賞を含め、7つの賞を受賞したことを発表しました。リミニストリートはこのほかにも、「Corporate Social Responsibility Program of the Year」、「Fastest Growing Company of the Year」、「Customer Service Team of the Year」、「Brand Awareness Video」といった各賞も獲得しています。また、リミニストリートは、その卓越したパフォーマンスが3つ以上のカテゴリで評価され、Grand Trophyの受賞企業にも選出されました。この賞を受賞した企業はわずか5社のみとなっています。

Golden Bridge Awardsプログラムでは毎年、全世界の主要な業界すべてを対象に、組織のパフォーマンス、イノベーション、製品およびサービス、顧客満足度プログラムなどの観点からその功績を表彰しています。本年度は、2017年9月18日にサンフランシスコで、受賞者の発表がありました。

ソフトウェア保守サポート市場のリーダー、イノベーターとして確固たる地位を獲得

リミニストリートは創業から12年間にわたり、ベンダーの標準サポートプラグラムで一般に提供される内容を上回る、エンタープライズソフトウェア向けの革新的で高品質な保守サポートサービスを広範に提供することに注力してきました。リミニストリートのサービスをご利用いただければ、ベンダーの標準サポートにかかる年間保守料と比較して、コストを50%削減することが可能です。

今回の「Company of the Year」の受賞は、2016年における成長、拡大の実績をもとに評価されたもので、リミニストリートがソフトウェア保守サポートの市場におけるリーダーおよびイノベーターの地位にあることを裏付けるものとなっています。昨年の事業の拡大の一例としては、SAP HANA DatabaseおよびOracle ATG Web Commerceの保守サポートサービスを新たに開始したことや、大阪ソウルメルボルンストックホルムに事業所を開設してグローバル展開を加速したことなどが挙げられます。
また、リミニストリートは2016年会計年度通年での業績報告の結果から「Fastest Growing Company of the Year」の受賞企業にも選ばれており、さらに、今年のはじめには、2017 American Business AwardsSMにおいて、スティービーアワードの「Most Innovative Tech Company of the Year」も受賞しています。

この他にもリミニストリートは、「Corporate Social Responsibility Program of the Year」も受賞しています。これは、リミニストリートの従業員の職場や住まいのある世界各国のコミュニティで果たしている社会貢献が評価されたものです。2015年以降、リミニストリートは100%出資で設立したリミニストリート財団を通じ、数々の国で数十に上るチャリティ活動に貢献しています。また、従業員も、世界各国で様々なボランティア活動に従事してきました。

カスタマーサービスの分野で複数の賞を受賞

また、リミニストリートのグローバルサービスデリバリーのチームとグロ-バルSiebelサービスデリバリーのチームは、その提供するカスタマーサービスが常に高い品質を維持している点で再評価を得ることができました。この「Customer Service Department of the Year」金賞の受賞につながった活動において、グローバルサービスデリバリーのチームは、2016年に、全体的な顧客満足度の評価で5点満点中4.8のスコアを達成しています。加えて、緊急対応を要する優先度1(P1)のケースにおいて、初回応答に要する時間を平均5分未満に抑え、内容が非常に複雑なレベル3のケースを19,000件以上解決しています。

さらに、グロ-バルSiebelサービスデリバリーのチームは、応答性のきわめて高い高品質なサービスをグローバルレベルで顧客に提供している取り組みが評価され、「Customer Service Team of the Year」を受賞しています。この取り組みで、同チームは、社内で最も高い顧客満足度の評価(5点満点でほぼ満点に近い4.96)を得るとともに、重要度の高い問題の対応で平均5分未満の応答時間を達成しています。

このほかに、リミニストリートはそのマーケティング活動でも評価を受け、「Video - Brand Awareness」のカテゴリで金賞を受賞しています。

リミニストリートのCEO、Seth A. Ravinは次のように述べています。
「当社は12年前の創業以来、一貫してお客様の成功に主眼を置き、これをコアのミッションとして飽くことなく努力を重ねてきましたが、この取り組みが改めて評価され、「Company of the Year」などの賞を受賞できたことを大変誇りに思っています。今後もリミニストリートは、既存のIT投資の価値を最大化して、ビジネスの拡大を実現するさらなる力や競争上の優位性を得られるよう、お客様を支援してまいります」

Golden Bridge Awardsについて

Golden Bridge Awardsは、北米、欧州、中東、アフリカ、アジア太平洋、南米の主要なあらゆる業界の大企業、中小企業、新規スタートアップ企業を対象にその功績を業界、同業者のレベルで毎年讃える表彰プログラムです。優れた新製品およびサービス、最高レベルのイノベーション、マネージメントおよびチーム、ビジネスウーマンおよびプロフェッショナルウーマン、ケーススタディ、顧客満足度、PRおよびマーケティングキャンペーンの観点からグローバルな評価を行います。Golden Bridge Awardsの詳細については、www.goldenbridgeawards.comをご覧ください。  

リミニストリートについて

リミニストリート(Nasdaq: RMNI)は、エンタープライズソフトウェア製品とサービスの世界的プロバイダーで、Oracle®およびSAP® ソフトウェアの第三者保守サポートにおいて業界をリードしています。2005年以来、多くの受賞歴を持つ革新的プログラムにより、エンタープライズソフトウェア向けサポートサービスのあり方を塗り替えてきました。これにより、IBM、Microsoft、Oracle、SAPおよびその他のエンタープライズソフトウェアを利用するライセンシーにかかる総サポート費用の最大90%を削減することを可能にしています。そしてお客様は、現行のソフトウェアリリースを、アップグレードなしに少なくとも15年間使い続けることが出来るようになります。多様な業界のグローバル企業、フォーチュン500企業、中規模企業、公共セクター組織を含む1,330社以上の顧客が、信頼できる第三者保守サポートプロバイダーとして、リミニストリートにサポートを委託しています。詳細はhttp://www.riministreet.comをご覧ください。またTwitter (@riministreet )、 FacebookLinkedInでリミニストリートをフォローしてください。 (C-RMNI)

将来見通しに関する記述 

本プレスリリースには、過去に関する事実ではなく、1995年米国民事証券訴訟改革法のセーフハーバー規定に定義する将来見通しに関する記述が含まれています。通常、将来見通しに関する記述には、「かもしれない」、「はずだ」、「だろう」、「計画する」、「意図する」、「期待する」、「考える」、「推定する」、「予測する」、「可能性」、「思われる」、「求める」、「継続する」、「将来~だろう」、「期待する」、「見通し」などの単語や、その他類似の語句や表現が使用されます。これらの将来見通しに関する記述には、我々の業界や将来の事象をはじめ、予期される経営、本取引後に推定または期待されるリミニストリートの将来の業績や利益(予想される本取引後の所有権および現金と負債の残高、将来における機会、リミニストリートの有効市場に関する推定、顧客にとっての節約効果に関する予測などを含む)に関する記述が含まれます(ただしこれらには限定されない)。これらの記述は、さまざまな仮定および経営陣の現時点の期待に基づいており、実際の業績を予測するものではなく、過去に関する事実に基づく記述でもありません。これらの記述は、リミニストリートのビジネスに関連する多くのリスクおよび不確実性に左右されるものであり、実際の結果は大きく異なる可能性があります。これらのリスクおよび不確実性としては次のもの(ただしこれらには限定されない)が挙げられます。リミニストリートが活動するビジネス環境における変化(リミニストリートが活動する業界に影響を与えるインフレや金利、一般的な財務、経済、規制、および政治的な状況などを含む)。 不利な訴訟。好条件で既存債務を借り換えられないこと。税金、政府の法律、および規制の改正。競合製品と価格設定。増益管理の困難性。リミニストリートの経営陣メンバーの終任。本取引につき期待されているメリットを実現できないこと(GPIACとリミニストリートの業務統合の困難性を含む)。RMNIの普通株式の長期的な価値の不確実性。コスト削減および運用シナジーに関して期待された金額やタイミングを実現できないこと。GPIACとリミニストリートの四半期報告書(Form 10-Q)および証券取引委員会(「SEC」)に提出されるGPIACとリミニストリートのその他の文書により適宜更新される、2016年12月31日を末日とする年度に係るGPIACの年次報告書(Form 10-K)の「Risk Factors」という見出しの下に記述されている事項、またはGPIACがSECに提出する共同委任勧誘状/目論見書に記述されている事項。また、リミニストリートが現在重要でないと認識しまたは信じている追加のリスクが原因となり、実際の結果が将来見通しに関する記述の内容と異なることになる可能性もあります。さらに、将来見通しに関する記述には、本プレスリリースの発表時点でのリミニストリートの将来の事象に関する期待、計画、または予測、および考えが示されています。リミニストリートは、後発事象や今後の進展がリミニストリートの評価を変える原因になると予想しています。ただし、リミニストリートは、これらの将来見通しに関する記述を将来のある時点で更新することを選択する可能性がある一方で、そのような義務を明示的に否認いたします。これらの将来見通しに関する記述は、本プレスリリース発行日後の時点におけるリミニストリートの評価を表すものとして依拠されるべきではありません。  

###

© 2017 Rimini Street, Inc. All rights reserved. Rimini Streetは、米国およびその他の国におけるリミニストリートの登録商標です。Rimini Street、Rimini Streetロゴ、およびその組み合わせ、その他TMの付いたマークは、リミニストリートの商標です。その他のすべての商標は、それぞれの所有者の財産権を構成するものであり、別段の記載がない限り、リミニストリートは、これらの商標保有者またはここに記載されているその他の企業と提携や協力関係にあるものでも、またそれらを支持しているものでもありません。