プレスリリース

リミニストリートが欧州で売上高を67%増加、欧州事業を拡大

2016/11/10

スウェーデンに新たな営業所を開設し、従業員を前年比で51%増員

ラスベガス、ロンドン 2016年11月10日-- SAP SE(NYSE:SAP)のBusiness SuiteBusinessObjectsHANA Databaseや、Oracle Corporation(NYSE:ORCL)のSiebelPeopleSoftJD EdwardsE-Business SuiteOracle DatabaseOracle MiddlewareHyperionOracle RetailOracle Agile PLMOracle ATG Web Commerceなどエンタープライズ ソフトウェア向けの独立系保守サービスを提供するグローバルリーディングカンパニーであるリミニストリートは、Oracle社とSAP社のエンタープライズ・ソフトウェアを対象とするプレミアムサポートに対する需要の高まりを受け、欧州でのプレゼンスと投資が拡大したことを発表しました。
当地域の売上高は、2016年9月30日締めの12カ月間において、67%増加しました。また、2016年9月30日時点で、当地域の契約顧客総数も前年比で41%増加しました。この高まる顧客需要に応えるために、リミニストリートはスウェーデンのストックホルムに新たな営業所を開設して欧州でのプレゼンスを拡大するとともに、現在英国ロンドンにある営業所のスペースを倍増しました。さらに、従業員についても2016年9月30日時点で前年比51%の増員を実施しました。

当地域の市場状況は「またとない機会」

この地域の共通点は、現在CIOが直面しているIT環境全体の投資利益率(ROI)の最大化というプレッシャーです。さらに、それと同時にCIOは、企業が成長・発展して競争力を維持するために、モバイル、ビッグデータ、クラウドといったデジタル変革の取り組みに対する投資を増やす必要があるという指示を、CEOや企業内の様々な部門から受けています。
しかし、ガートナーが年次で発表しているCIO Agenda Reportによれば、ドイツで調査したCIOの42%が、自社のIT予算は変化しないと予測しています1。フランスでは、調査したCIOの24%が、自社においてIT支出の減少に直面していると答えました2。またデロイトが実施した最近の調査によれば、英国の最高財務責任者(CFO)の58%が、EU離脱によって今後3年間に設備投資が減少すると予測しています3
このように既存のITインフラなどの設備投資を減額すると同時に、成長に向けた戦略的取り組みに利用する資金を確保するための方法を企業が模索する中で、リミニストリートのエンタープライズ・ソフトウェア向けサポートに対する需要が加速しています。企業は、保守サポートをベンダーのサービスからリミニストリートに切り替えることで、年間保守料金を即座に50%削減でき、総保守費用を最大90%まで削減して貴重な資金を他の重要な取り組みに割り当てることが可能になります。

英国の大手設計企業Atkins社のコーポレートシステム担当ディレクターであるRandy Martin氏は、次のように述べています。
「当社ではアプリケーションの特定部分をカスタマイズしているため、Oracle社からは常にその部分に対するサポートを受けることができず、自社で新たに追加するカスタマイズはすべて避けるようにしていました。そしてカスタマイズ部分については自社でサポートシステムを用意しなければならないことから、ベンダーの高い年間保守費用をさらに超過する形で総保守費用がかさんでいました。リミニストリートの場合は、カスタマイズ部分のサポートが標準の保守サービスモデルに含まれています。リミニストリートの保守に切り替えたことで、私たちは全社的により戦略的な取り組みに資源を再投資することができるようになりました。」

リミニストリートは2012年にロンドンに欧州本社を開設し、近年の成長に対応するため営業所の規模を倍増しました。さらに、2016年5月にストックホルムに営業所を開設しました。リミニストリートは現在、Albani Group GmbH、Atkins Global PLC、Aurivo Co-operative Society Ltd、Brand Energy and Infrastructure Services、Cape PLC、Vinci Energies Systemes d'Informationなど、各国の大手企業を含む欧州の168以上のグローバル組織にサービスを提供しています。

リミニストリートで欧州地域のマネジングディレクターを務めるJill Harrisonは、次のように述べています。
「CIOたちが自社の将来のために投資を保守からデジタル化に移すことの重要性を一貫して認識している中で、当社は広く欧州で大幅な成長を果たしてきました。多くのCIOの意見は、すでに安定して稼動するERPシステムのROIを最大化すると同時に、より戦略的なプロジェクトによって自社事業を改善するための資金と資源をいかに確保するかといったことに集約されています。リミニストリートの独立系保守サポートを活用することで、こうした企業はベンダーから強要される強制的なアップグレードから解放されます。多くのアップグレードは資源に大きな負担を与えるだけでなく、事業に貢献する価値はほとんど生み出しません。」

リミニストリートについて

リミニストリートは、エンタープライズ ソフトウェア向けの独立系保守サービスを提供するグローバルリーディングカンパニーです。2005年以来、受賞歴を持つ革新的プログラムにより、エンタープライズ向けサポートサービスのあり方を塗り替えてきました。こうしたプログラムにより、Oracle社やSAP社のライセンシーは総サポート費用の最大90%を削減することが可能になります。そして、現行のソフトウェアリリースを、アップグレードなしに少なくとも15年間使い続けることが出来る環境が整います。多様な業界のグローバル企業、フォーチュン500企業、中規模企業、公共セクター組織を含む1600社以上の顧客が、ソフトウェアベンダーから独立した信頼できるサポートプロバイダーとして、リミニストリートを選択しています。

詳細については、http://www.riministreet.comをご覧ください。

将来見通しに関する記述

本プレスリリースには、将来見通しに関する記述が含まれる場合があります。「考える」、「かもしれない」、「だろう」、「計画する」、「推定する」、「継続する」、「期待する」、「意図する」、「見込む」という文言および同様の表現は、将来見通しに関する記述の特定を意図したものです。これらの将来見通し に関する記述にはリスクおよび不確実性が伴い、さまざまな想定に基づいています。リスクが実現または当社の想定の誤りが証明された場合、実際の結果はこれ らの将来見通しに関する記述によって暗示された結果と大きく異なる可能性があります。リミニストリートは、本プレスリリースの発表時点の内容に過ぎない将来見通しに関する記述または情報を更新する義務を一切負いません。

###

Rimini StreetおよびRimini Streetのロゴは、リミニストリートの商標です。その他すべての会社名および製品名は、それぞれの所有者の商標です。Copyright © 2016. All rights reserved.

1 Gartner, February 2016 CIO Agenda: A Germany and DACH Region Perspective.

2 Gartner, February 2016 CIO Agenda: A France Perspective.

3 Deloitte, The Deloitte CFO Survey, Q2 2016.