Search Icon

Rimini Street Survey Finds Oracle Licensees Leveraging Their Mature On-Premise Applications Rather Than Replacing with Oracle Cloud/Fusion Applications

Licensees find existing on-premise applications “meet business needs” and cite “high licensing and maintenance costs” and “no strong business case” as top reasons for not migrating to Oracle Cloud/Fusion applications

LAS VEGAS – November 10, 2015 – Rimini Street, Inc., the leading independent provider of enterprise software support services for SAP SE’s (NYSE:SAP) Business Suite and BusinessObjects software and Oracle Corporation’s (NYSE:ORCL) Siebel, PeopleSoft, JD Edwards, E-Business Suite, Oracle Database, Oracle Middleware, Hyperion, Oracle Retail and Oracle Agile PLM software, today announced that a majority of global Oracle licensees recently surveyed are leveraging their existing, mature on-premise applications at the core of their ERP application strategy. The top reasons cited for not migrating to Oracle Cloud/Fusion applications are “High Licensing and Maintenance Costs” (62%), and “No Strong Business Case” (60%). “No Incremental Value over Existing Applications” was also cited as a top reason for not migrating. The results are part of Rimini Street’s second annual global survey of 443 current Oracle application licensees including executives, IT and procurement professionals representing a range of industries and company sizes in North America, Asia-Pacific, Europe and the Middle East, to understand their challenges, priorities and plans for 2016 and beyond.

“This year’s results confirm that Oracle licensees are continuing to benefit from their mature on-premise applications to run core business functions, and are looking at options from several vendors, not just Oracle, to extend their existing application investments with new functionality and capabilities,” said David Rowe, senior VP and chief marketing officer, Rimini Street. “CIOs are carefully assessing, and selectively using cloud to innovate around the edges of their core ERP. When asked about key reasons they may plan to use Oracle Cloud/Fusion applications, many cited ‘to extend their existing on-premise Oracle applications.”

Many Oracle Licensees Not Committed to Upgrading Current On-Premise Applications

According to the survey, nearly half of Oracle licensees are running at least one version behind the latest application release. The results found that a significant portion of Oracle licensees are questioning the value of expensive, disruptive upgrades and “change for the sake of change.” Oracle customers that are not committed to upgrading stated that their existing, stable and mature on-premise applications “Meet Business Needs” (64%). Another key reason cited by Oracle licensees for not upgrading is that it is “Cost Prohibitive” (41%). Overall, Oracle licensees’ application roadmaps and strategies lean towards extracting maximum value out of their existing systems and platforms, and avoiding expensive and unnecessary upgrades and re-platforming without a solid business case.

“IT decision makers no longer need to upgrade their ERP platforms to add additional functionality such as mobility, analytics, social and digital capabilities,” explained Rowe. “The vision for a next-generation ERP platform in the hybrid IT era is coexistence and flexibility, with individual solutions based on functional need, ease of use and agility.”

Licensees Frustrated with Oracle Annual Support

Survey respondents continued to voice their frustrations with Oracle annual support and maintenance inefficiencies. For example, Oracle annual support customers said that being required to “Upgrade to the Latest Release to Resolve” their support issue was their number one challenge. Additional reported challenges with Oracle support included time-and labor-intensive activities such as “Explaining the Same Issue Multiple Times,” and “Reproducing the Issue to Prove Its Validity.” A growing number of Oracle licensees are questioning whether they are receiving fair value for their annual support and maintenance contracts, which are typically calculated at the Oracle standard rate of 22% of the original cost to license the software.

“Oracle licensees are asking questions about whether they should remain on their stable and scalable on-premise applications or remain on a continuous and expensive upgrade cycle that does not allow for a strong return-on-investment,” continued Rowe. “At Rimini Street, we have dedicated the last 10 years to helping clients maximize the return-on-investment on their existing core ‘systems of record’ and avoiding unnecessary upgrades, while allowing them to continuously evolve and grow their business.”

In its second annual survey of Oracle application customers worldwide, Rimini Street collected data from executives and professionals across a wide variety of roles within IT and IT procurement, ranging from C-level executives (25% of respondents), to VP’s, directors and managers (64%). Respondents spanned major geographic regions, including North America (35%), Asia-Pacific (32%) and Europe and the Middle East (33%).

To download a copy of the survey results eBook, visit: https://www.riministreet.com/oraclesurvey2015.

To learn more, follow @riministreet on Twitter and find Rimini Street on Facebook and LinkedIn.

 

リミニストリートについて

リミニストリート(Nasdaq: RMNI)は、エンタープライズソフトウェア製品とサービスのグローバルプロバイダーであり、OracleおよびSAPのソフトウェア製品に対する第三者保守サポートにおいて業界をリードしており、またSalesforceのパートナー企業でもあります。リミニストリートは、エンタープライズソフトウェアライセンシーにおいて、大幅にコストを削減し、イノベーションのためにリソースを解放し、より良好な業績結果を達成することが可能となる、プレミアムで、非常に応答性が高い、統合型のアプリケーション管理およびサポートサービスを提供しています。今日までに業界を問わず、フォーチュン500およびフォーチュングローバル100企業、中堅企業、公共セクター組織等を含む3,500社以上の顧客が、信頼できるアプリケーションエンタープライズソフトウェア製品とサービスのプロバイダーとして、リミニストリートにサポートを委託しています。詳細は、 https://www.riministreet.com/jp/ をご覧ください。またTwitter(@riministreet)、FacebookLinkedIn でリミニストリートをフォローしてください。

将来見通しに関する記述

本プレスリリースには、過去に関する事実ではなく、1995年米国民事証券訴訟改革法のセーフハーバー規定に定義する将来見通しに関する記述が含まれています。通常、将来見通しに関する記述には、「かもしれない」、「はずだ」、「だろう」、「計画する」、「意図する」、「予知する」、「考える」、「推定する」、「予測する」、「可能性」、「思われる」、「求める」、「継続する」、「将来」、「~する」、「期待する」、「見通し」などの単語や、その他類似の語句や表現が使用されます。本プレスリリースで後述する株式の公募引受により調達した資金の使途予定についてのリミニストリートの予想に関する記述は、全て将来見通しに関する記述です。これらの記述は、リミニストリートのビジネスに関連する多くのリスクおよび不確実性に左右されるものであり、実際の結果は大きく異なる可能性があります。これらのリスクおよび不確実性としては次のもの(ただしこれらには限定されない)が挙げられます。COVID-19のパンデミックの期間と当社の事業に与える経済的、業務的、財務的影響およびCOVID-19のパンデミックに対する政府当局、顧客または他者の対策。当社の事業、または当社の現在および将来の顧客の事業を混乱させる破局的な出来事、リミニストリートが活動するビジネス環境における変化(リミニストリートが活動する業界に影響を与えるインフレや金利、一般的な財務、経済、規制、および政治的な状況などを含む)。既存訴訟、政府当局による調査、又は新規訴訟における不利な展開。好条件で追加のエクイティ又はデットファイナンスによる資金調達の必要性および可能性と当社が成長するための取り組みとして、投資の増加に資金を提供するために、事業からキャッシュフローを生み出す能力。当社の流動性の基準を満たす現金および現金同等物の充足性。シリーズA優先株(13.00%)の条件および影響。税金、法律、および規制の改正。競合製品と価格設定。増益管理の困難性。近い将来に展開することが期待されている製品およびサービスに追加して、直近に発表した製品およびサービス(Application Management Service(AMS)、Rimini Street Advanced Database SecurityおよびSalesforce Sales Cloud並びにService Cloud製品に関するサービス等を含む)の顧客の採用。リミニストリートの経営陣の終任。リミニストリートの株式の長期的な価値の不確実性。リミニストリートが2020年8月5日に証券取引委員会に提出したリミニストリートのForm 10-Qによる四半期報告書の「Risk Factors」および2020年8月18日に終了したリミニストリートの普通株式の公募引受に関する2020年8月14日付の目論見書補完書類に記載している事項、および適宜それら事項についてリミニストリートがSECに提出するその他書面に更新される事項。さらに、将来見通しに関する記述には、本プレスリリースの発表時点でのリミニストリートの将来の事象に関する期待、計画、または予測、および考えが示されています。リミニストリートは、後発事象や今後の進展がリミニストリートの評価を変える原因になると予想しています。ただし、リミニストリートは、これらの将来見通しに関する記述を将来のある時点で更新することを選択する可能性がある一方で、法律で要求されていない限り、そのような義務を明示的に否認いたします。これらの将来見通しに関する記述は、本プレスリリース発行日後の時点におけるリミニストリートの評価を表すものとして依拠されるべきではありません。

© 2020 Rimini Street, Inc. All rights reserved. Rimini Streetは、米国およびその他の国におけるRimini Street, Inc.の登録商標です。Rimini Street、Rimini Streetロゴ、およびその組み合わせ、その他TMの付いたマークは、リミニストリート・インクの商標です。その他のすべての商標は、それぞれの所有者の財産権を構成するものであり、別段の記載がない限り、リミニストリートは、これらの商標保有者またはここに記載されているその他の企業と提携や協力関係にあるものでも、またそれらを支持するものでもありません。

投資家関係のお問い合わせ先:

Dean Pohl

Rimini Street, Inc.

+1 925 523-7636 dpohl@riministreet.com

このウェブサイトは、お使いのブラウザでは完全にサポートされていない最新のウェブ標準を使用して構築されています。 ブラウザのアップデートをご検討ください。

今すぐアップグレード