2025年に予定されているECC6のメインストリーム保守の終了に対するSAPユーザーの対応

多くの SAP ユーザーは、Business Suite 7 コアアプリケーションリリースのメインストリーム保守の終了が 2025 年に予定されているため、まだ成熟していない SAP S/4HANAプラットフォームに移行すべきだという SAP からの圧力を感じています。

この迫り来る期限により、今後 10 年以降のSAP ロードマップと戦略を決定する際に CIO が二者択一を求められる状況が生じています。
SAP ユーザーは、予定されている 2025 年のサポート終了期限を考慮して、今すS/4HANA に移行するか、時間をかけて自社のニーズに最適なロードマップと次世代システムを柔軟に選択するかを決定する必要があります。

リミニストリートは、最近、SAP アプリケーション戦略、S/4HANA への移行の予定、SAP が 2025 年に予定している ECC6 メインストリーム保守終了日のロードマップ計画への影響についてより詳しく理解するため、SAP ユーザーの調査を実施しました