検索条件に合う資料が見つかりませんでした。 検索条件をリセット
早期の決断がカギ!エスバンス様の事例にみるSAPの維持コストを削減した方法とは?
オンラインセミナー
早期の決断がカギ!エスバンス様の事例にみるSAPの維持コストを削減した方法とは?

今回はリミニストリートの第三者保守をご採用いただいているエスバンス株式会社の奥田様をお招きし、対談形式でお話を伺います。第三者保守を検討したきっかけから、SAPの第三者保守によるコスト削減だけではなく「自社主導」で移行プロジェクトを進めた際の課題や今後のSAPに関する計画について包み隠さずお話しいただく予定です。 ぜひご参加いただき、削減したコストをデジタルトランスフォーメーション(DX)促進など様々な課題にお役立てください。 講演者: 日本リミニストリート株式会社 サービスソリューションアーキテクト 韓 問一 (ハン ウオンイ) エスバンス株式会社 経営管理部情報システムグループ長 奥田 亮 対象: SAPをお使いのユーザー企業様で、以下に該当する方 1. 導入企業の管理、運用責任者、担当者 2. IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者 3. 経営企画/事業企画部門責任者、担当者 4. 導入企業の購買部門責任者、担当者 ※弊社と競合する企業の方のお申込みはお断りしております。 ※フリーメールアドレスでは、ご登録いただけません。あらかじめご了承ください。

IT予算を確保するためのOracleとの向き合い方とは?  – Oracle保守がカギ?ITコスト再投資でDXを加速!-
オンラインセミナー
IT予算を確保するためのOracleとの向き合い方とは? – Oracle保守がカギ?ITコスト再投資でDXを加速!-

「新年度になって、DXを進めるように指示が出た」「でもDXを進めるための予算が計上されていない」「そもそも今は立て込んでいてOracleなどの保守に回すリソースも足りていない」等々、リミニストリートはこれまで多くのお客様からご相談をいただいてきました。 そこで今回は、2022年度の目標としてDXの推進を掲げているお客様や、ITコストの再投資について検討を進めているお客様などに向けて、これらを実現するためのIT予算を確保するためのOracleとの向き合い方を解説するオンラインセミナーを開催いたします。 ぜひご参加いただき、削減したコストをデジタルトランスフォーメーション(DX)促進など様々な課題にお役立てください。 講演者: 日本リミニストリート株式会社 サービスソリューションアーキテクト 野嵜 功 対象: Oracle EBSやOracle Databaseをお使いのユーザー企業様で、以下に該当する方 導入企業の管理、運用責任者、担当者 IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者 経営企画/事業企画部門責任者、担当者 導入企業の購買部門責任者、担当者 ※弊社と競合する企業の方のお申込みはお断りしております。 ※フリーメールアドレスでは、ご登録いただけません。あらかじめご了承ください。

ITスキルのギャップを調整する
アナリストリサーチ
ITスキルのギャップを調整する

テクノロジー人材の不足はどの程度現実に起きているのしょうか?最近のCIOの調査によると、非常に深刻な現実に直面しています。世界中の100人以上のITリーダーを対象に、CIOが問題の範囲とリーダー達の対処法を調査しました。データセット、インサイト、要点をまとめたレポート全文をご覧下さい。 目次 IT スキルのギャップが、戦略的イニシアチブを実現するチームの能力に齎す影響とは? IT人材の採用と維持を更に困難にしている条件とは? ITリーダーが人材ギャップを解消するために用いている戦略 ITリーダーがどのように新しいスキルの獲得への追求とレガシースキルの維持とのバランスをとっているのか?

S/4HANAの動向と保守切れ対応<br>SAP主導でなく「自社のタイミング」でシステム移行する方法とは?
オンラインセミナー
S/4HANAの動向と保守切れ対応
SAP主導でなく「自社のタイミング」でシステム移行する方法とは?

現行システムの保守期限が2025年(2027年)に迫る中、期限切れまでに何から始めればよいのか頭を悩ませている企業も多いのではないでしょうか。 本セミナーでは、現行システムの保守切れに伴う次世代システム移行や方向性に悩んでいるSAPをお使いのユーザー企業様を対象に、以下の内容をお話しいたします。 ■S/4HANAの動向や次世代システムへの移行を、SAP主導でなく「自社のタイミング」で行う方法 ■RISE with SAP の詳細 ■顧客事例 ■第三者保守でできること:2022年は決断の年です 第三者保守なら、現行ECCの寿命延長が可能。次の15年間今の環境でサポートが受けられます。 現在のベンダーサポートにお悩みの企業の皆さま、ぜひこの機会にお気軽にご参加ください。本セミナーが、御社にとって最適な決断を下すための参考になれば幸いです。 講演者: 日本リミニストリート株式会社 サービスソリューションアーキテクト 韓 問一 (ハン ウオンイ) 対象: SAPをお使いのユーザー企業様で、以下に該当する方 導入企業の管理、運用責任者、担当者 IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者 経営企画/事業企画部門責任者、担当者 導入企業の購買部門責任者、担当者 ※弊社と競合する企業の方のお申込みはお断りしております。 ※フリーメールアドレスでは、ご登録いただけません。あらかじめご了承ください。

Oracle製品の延命とDXを実現するための正しい選択とは?
オンラインセミナー
Oracle製品の延命とDXを実現するための正しい選択とは?

「Windows Server 2012の保守切れが迫っているのに、何も対策が出来ていない」「でもそのためにOracleのアップデートをするのは無駄な気がする」「そもそもOracleの現環境を延命できれば問題が解決する」等々、リミニストリートはこれまで多くのお客様からご相談をいただいてきました。 そこで今回は、2023年の10月に保守切れとなるWindows Server 2012上でお使いのOracle ERPアプリケーションやミドルウェア、およびデータベースを、最新のWindows Server 2019で動かした場合の非互換を解消しERP/ミドルウェア/データベースのサポートを可能とするためのサービスを含め、複数の延命策を解説するオンラインセミナーを開催いたします。 ぜひご参加いただき、ソフトウェアのアップグレードを回避し削減したコストをデジタルトランスフォーメーション(DX)促進など様々な課題にお役立てください。 講演者: 日本リミニストリート株式会社 サービスソリューションアーキテクト 野嵜 功 対象: Oracle EBSやOracle Databaseをお使いのユーザー企業様で、以下に該当する方 1. 導入企業の管理、運用責任者、担当者 2. IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者 3. 経営企画/事業企画部門責任者、担当者 4. 導入企業の購買部門責任者、担当者 ※弊社と競合する企業の方のお申込みはお断りしております。 ※フリーメールアドレスでは、ご登録いただけません。あらかじめご了承ください。

サクサ様事例にみるOracle第三者保守導入で実現した驚きの変化
オンラインセミナー
サクサ様事例にみるOracle第三者保守導入で実現した驚きの変化

今回はリミニストリートの第三者保守をご採用いただいているサクサ株式会社の井上様をお招きし、対談形式でお話を伺います。第三者保守を検討したきっかけから、導入決定時においてOracleはどのような対応をとったのか、そして導入後IT部門に起こった変化など、第三者保守導入による驚きの変化を包み隠さずお話しいただく予定です。 ぜひご参加いただき、削減したコストをデジタルトランスフォーメーション(DX)促進など様々な課題にお役立てください。 講演者 : 日本リミニストリート株式会社 サービスソリューションアーキテクト 野嵜 功 サクサ株式会社 経営企画本部 情報システム部 井上雅史 対象: Oracle EBSやOracle Databaseをお使いのユーザー企業様で、以下に該当する方 導入企業の管理、運用責任者、担当者 IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者 経営企画/事業企画部門責任者、担当者 導入企業の購買部門責任者、担当者 ※弊社と競合する企業の方のお申込みはお断りしております。 ※フリーメールアドレスでは、ご登録いただけません。あらかじめご了承ください。

SAP投資を最大限に活用し、イノベーションを促進するために
オンラインセミナー
SAP投資を最大限に活用し、イノベーションを促進するために

多くのSAPライセンシーは、年間サポート料を支払った後でも、セルフサポートのカスタマイズに何時間も費やしサポートチケットを追いかけています。ベンダーロードマップは柔軟性に欠けているためリソースが使い尽くされ、イノベーションを推進するプロジェクトに充てることができません。 より良い方法があります。 T-Mobile社がどのようにしてリソースを最適化し、スキルのギャップを埋め、より大きな構想にチームの力を注ぐことができたかをご紹介します。 SAPのタイムスケジュールではなく独自のタイムスケジュールで次世代システムに移行する方法や、現在のSAPのトレンドに対応する方法などをご紹介します。 10分で有意義な情報が得られます。 今すぐご視聴ください。

自分たちの“やりたいこと“が実現可能な保守サポートへ
オンラインセミナー
自分たちの“やりたいこと“が実現可能な保守サポートへ

現在の御社のベンダーサポートは、自分たちの”やりたいこと”が実現できていますか? 本セミナーでは、現行バージョンでの長期間サポートをリミニストリートで実現された熊谷組 鴫原様にご登壇いただき、リミニストリートに移行するまでの経緯や、年間エンタープライズソフトウェアサポート料金50%削減成功の体験談を、お話しいただきます。 概要: 現在の御社のベンダーサポートは、自分たちの”やりたいこと”が実現できていますか? 高額で費用対効果が合っていない、ベンダー主導の保守サポートになっていませんか?現行バージョンで十分機能しているにもかかわらず、不要な大規模アップグレードを強要されていませんか? 本セミナーでは、熊谷組の鴫原様をお迎えし、リミニストリート移行ご決断までの経緯をはじめ、現行バージョンでの「長期間サポート」、年間エンタープライズソフトウェアサポート料金50%削減や、長年悩んでいた「サポートクオリティ」の向上をリミニストリート移行で実現されたその秘訣を包み隠さずお話しいただきます。 第三者保守なら、現行ECCの寿命延長が可能。次の15年間今の環境でサポートが受けられます。 現在のベンダーサポートにお悩みの企業の皆さま、ぜひこの機会にお気軽にご参加ください。本セミナーが、御社にとって最適な決断を下すための参考になれば幸いです。 講演者: 日本リミニストリート株式会社 サービスソリューションアーキテクト 韓 問一 (ハン ウオンイ) 対象: SAPをお使いのユーザー企業様で、以下に該当する方 導入企業の管理、運用責任者、担当者 IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者 経営企画/事業企画部門責任者、担当者 導入企業の購買部門責任者、担当者 ※弊社と競合する企業の方のお申込みはお断りしております。 ※フリーメールアドレスでは、ご登録いただけません。あらかじめご了承ください。

【OracleDBユーザー限定】サポート最適化&ストレージ永久保証で実現するスゴいコスト削減法
オンラインセミナー
【OracleDBユーザー限定】サポート最適化&ストレージ永久保証で実現するスゴいコスト削減法

Oracle Databaseのライセンス見直し、毎年上乗せされていく保守料金見直しなど、Oracle関連のコストの継続的増加は、多くのOracleユーザーにとって悩みの種です。リミニストリートはこれまで多くのお客様からご相談を受け、そのサポート内容やコスト削減効果でご評価をいただいてきましたが、実はOracleユーザーにおかれましては、リミニストリートのサービスにもう一つ組み合わせることで、さらに運用コストを削減する方法があるのです。 今回、プライマリストレージのリーディングカンパニーであるPure Storage様をお迎えして、下記の組み合わせについてオンラインセミナーを開催いたします。 リミニストリートによるOracle Databaseサポートのライセンス最適化と様々なメリット 保守切れ & 保守料アップなし、データ移行なしを実現できるオールフラッシュストレージ「Pure Storage」 上記組み合わせによって、DBシステムのパフォーマンスを向上はもちろん、コストを大幅に削減するワザを、具体的なユーザー事例や費用削減モデル等を交えながらご紹介いたします。 ぜひご参加いただき、削減したコストをデジタルトランスフォーメーション促進など御社の戦略的投資にご活用ください。 講演者 : 日本リミニストリート株式会社 サービスソリューションアーキテクト 野嵜 功 ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社 プリンシパル・システムズ・エンジニア 岩本知博 対象 : Oracle Databaseをお使いのユーザー企業様で、以下に該当する方: 導入企業の管理、運用責任者、担当者 IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者 経営企画/事業企画部門責任者、担当者 導入企業の購買部門責任者、担当者 ※弊社と競合する企業の方のお申込みはお断りしております。 ※フリーメールアドレスでは、ご登録いただけません。予めご了承ください。