検索条件に合う資料が見つかりませんでした。 検索条件をリセット
ビジネスアプリケーションの近代化:交換すべきか、更新すべきか?
オンラインセミナー
ビジネスアプリケーションの近代化:交換すべきか、更新すべきか?

世界ではさまざまな出来事が起きており、経済も大きく変動しています。このような状況下、事業にとって何が最も適切かを考えながらERPの維持や変更を決める組織は、そうでない組織よりも自社の目標を効率的に達成できるでしょう。 また、新しい技術やビジネスモデルを有効に活用するためのロードマップを用意することで、変動し続ける市場でも成長し続け、競争で優位になれる可能性があります。 では、ERPの近代化を進める最善の方法は何でしょうか? 既存のシステムを交換すべきでしょうか?更新すべきでしょうか? 当社の新しいオンデマンドウェビナーでは、リミニストリートのスコット・ヘイズが、Forrester社のバイスプレジデント兼主席アナリストであるダンカン・ジョーンズ氏と以下のトピックについて話し合っています。 ERPシステムの「周辺機能」のイノベーション オムニスイートに交換するのではなく、各プラットフォームを近代化 カスタマイズとセキュリティ ITとビジネス、両方の視点を考慮 この有益な情報が詰まったウェビナーを、お見逃しなく! 今すぐご視聴ください。

SAP依存のビジネスから脱却するために必要な選択とは?
オンラインセミナー
SAP依存のビジネスから脱却するために必要な選択とは?

先日開催したRISE with SAPに関するWebinarは数多くの方にご参加いただき、多くの反響がございました。特に、何をいつまでに決断をしなければいけないのか、それを判断するための要因は何なのかという声を多くいただきました。 今回のWebinarは、SAP依存のビジネスから脱却するために知っておくべき要素である決断のタイムリミット、選択肢を広げておくことが最善である理由などについて解説いたします。 SAPの2027年問題について解決策を見いだせていない、情報収集をしたいお客様はぜひご参加ください。 【本Webinarでお伝えする内容】 タイムリミットが迫っている2027年問題について ベンダー主導のロードマップとビジネス主導のロードマップの違いについて 提示可能な選択肢のご紹介 講演者: 日本リミニストリート株式会社 サービスソリューションアーキテクト 韓 問一 (ハン ウオンイ) 対象: SAPをお使いのユーザー企業様で、以下に該当する方 導入企業の管理、運用責任者、担当者 IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者 経営企画/事業企画部門責任者、担当者 導入企業の購買部門責任者、担当者 ※弊社と競合する企業の方のお申込みはお断りしております。 ※フリーメールアドレスでは、ご登録いただけません。あらかじめご了承ください。

コンポーザブルなSAP用ERP: ロードマップとアドバンテージ
Eブック
コンポーザブルなSAP用ERP: ロードマップとアドバンテージ

日々の生活はパンデミックの間に大きく変化しました。 それに伴い変化を遂げた企業は、競争で優位に立つことができました。 変化できなかった(またはしなかった)企業は、いまだに、新しい顧客やビジネスの状況に向けて、取り組みを強化しようとしている段階です。 いずれのタイプの企業でも、コンポ―サブルなERPを選択するというアプローチで、画期的なイノベーションへの道が開かれる可能性があります。 コンポ―サブルなERPを使用することで、企業は最上級のERP要素を「プラグ&プレイ」で簡単に統合し、市場状況の変化に応じて進化するユーザーエクスペリエンスを提供することができます。*コンポーザブルなERPは、すべてのIT活動がビジネスの優先事項に沿った、ビジネス推進型のロードマップ内で成長するためのオプションを提供してくれます。 ECCまたはS/4HANAを実行するお客様、または S/4HANAへの移行を計画中のSAPのお客様にとって、コンポ―サブルなERPとビジネス推進型のロードマップは、さらなる成功へのスマートパスとなります。 コンポーザブルなSAP用ERPの詳細については、Eブックをダウンロードしてください。 *TechTarget 「専門家の予測:柔軟性が2022年ERPのトップトレンド」 2022年1月10日、Jim O’Donnell

Salesforce運用を効率化させる方法とは?
オンラインセミナー
Salesforce運用を効率化させる方法とは?

多くの企業で使用されているSalesforce、顧客管理プラットフォームとして優秀ではありますが、導入後に効率よく運用すること、運用するための人材確保が出来ていない企業は多く、日本だけではなくグローバル規模でその課題が取り上げられています。そのSalesforceの人材不足を解消するサービスをリミニストリートで提供していることを、みなさまご存じでしょうか? 本Webinarでは、リミニストリートのSalesforceのAMSのサービスについて解説いたします。リミニストリートはSalesforceのパートナー企業であり、大規模に社内のお客様対応部門およびサービス実施部門の生産性向上にSalesforceを活用してきましたので、そのノウハウを活かしたお客様に寄り添った質の高い、そして顧客満足度の高いサービスが提供可能です。 Salesforce関連の人材確保がより難しくなっている今、ぜひこのWebinarをご視聴いただき、リミニストリートだからこそ実現できることを知っていただき、お客様のDX促進などにご活用ください。 【本Webinarでお伝えする内容】 Salesforce関連の人材が不足している背景 リミニストリートのSalesforceのAMSのサービスでサポートできること AMS導入で実現できること 講演者: 日本リミニストリート株式会社 サービスソリューションアーキテクト 野嵜 功 対象: Salesforceをお使いのユーザー企業様で、以下に該当する方 導入企業の管理、運用責任者、担当者 IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者 経営企画/事業企画部門責任者、担当者 導入企業の購買部門責任者、担当者 ※弊社と競合する企業の方のお申込みはお断りしております。 ※フリーメールアドレスでは、ご登録いただけません。あらかじめご了承ください。  

データベース・セキュリティにはベンダー提供のセキュリティ・パッチりもバーチャル・パッチを選ぶ理由
リサーチレポート
データベース・セキュリティにはベンダー提供のセキュリティ・パッチりもバーチャル・パッチを選ぶ理由

エンタープライズ向けソフトウェアのセキュリティがベンダーから提供されるパッチプログラムに依存している従来のアプローチでは、修正パッチが公開されるまでの間、脅威に対して脆弱なまま残り、リソースに制約が生じる可能性があります。 仮想パッチプログラムは、ベンダーのパッチプログラムがまだ公開されてない場合や利用不可な場合、もしくはは実用的でない場合に、効果的なセキュリティをもたらします。 ランサムウェア攻撃、データ窃盗、フィッシングの試みが頻度と巧妙さを増す中で、脅威の出現からかなり遅れて公開されることが多く、脅威の全範囲に対処していないベンダーのパッチプログラムだけに依存することはできません。 万が一、ソフトウェアと保存している貴重なデータのセキュリティをベンダーに依存している場合は、今すぐ別の対策を講じる必要があります。 リミニストリートがスポンサーになり、出稿したアバディーン・ストラテジー・リサーチ社の調査レポート「エンタープライズ・ソフトウェア・セキュリティはベンダー提供のセキュリティ・パッチよりもバーチャル・パッチをお勧めする理由」によると、2020年には22,000件以上の脆弱性が特定されたのにも関わらず、そのうちの約5,000件は、同年年末までにベンダーからセキュリティ・パッチはリリースされませんでした。 このレポートでは、業績、コスト、有効性の面から、仮想パッチプログラムとベンダーパッチプログラムの比較をしています。 分析内容のハイライトは次の通りです。 エンタープライズ・ソフトウェア・セキュリティに対して、従来のパッチ指向のアプローチでは不充分な理由。 バーチャル・パッチ適用の仕組みと、最もその適用に向いたユースケース ベンダー提供のセキュリティ・パッチをバーチャル・パッチに置き換えるためのテクニカルケース作成のヒント エンタープライズ・ソフトウェアのパッチとアップグレードに対するベンダー提供のセキュリティ・パッチ指向アプローチの運用コストの定量化。 データセット、分析内容、洞察の詳細については、レポート全文をダウンロードして下さい。

ERPイノベーションのためのSAP人材戦略の強化
オンラインセミナー
ERPイノベーションのためのSAP人材戦略の強化

今現在のCIOの方々は、限られたリソースの中で、継続的に高いレベルで物事を達成しなければなりません。 技術に精通した人材を確保することは日々困難となる一方で、古いSAPシステムのメンテナンスには多くのリソースを必要とします。 ここで役立つのが、サードパーティ・ソフトウェア・サポートです。 調査会社ヴァロワール社の主席アナリストレベッカ・ヴェッテマン氏とリミニストリートのプロダクトマーケティング担当シニアディレクタースコット・ヘイズが、サードパーティ・ソフトウェア・サポートを活用した高パフォーマンスなSAPシステムベース周りのイノベーションの方法や優秀な人材の獲得・維持の方法についての、議論を展開します。 主な議題 CIOが既存のERPをベースにイノベーションを推進する際の4つのポイント エッジ(IT環境周辺)イノベーションのための予算確保。 ERP周辺の取り組みに関するIT部門のベストプラクティス 是非、この貴重なウェビナーをお見逃しなくご覧下さい。 今すぐご視聴ください。 講演者 Rebecca Wettemann Scott Hays

Oracleの保守料金値上げによる今後取るべき対応とは?
オンラインセミナー
Oracleの保守料金値上げによる今後取るべき対応とは?

グローバル規模で続いている経済の混乱やインフレ、その影響は日々の業務で使用しているソフトウェアの保守料金にも及ぼしており、一部報道によれば海外では8%値上げの通告が始まったとのことです。また国内でも一部のお客様に価格調整額の変更の通告が始まったようです。 本Webinarでは、その高い保守料を払い続けてまで、包括的ではないOracleのサポートを受け続けるのか、お客様のビジネスに合った新機能が追加されたわけではなく、ただ保守期間を延長するためにバージョンアップを続けるのかなど、様々な疑問を解消するために今後取るべき対応について解説いたします。 今から検討を始めても遅くありません。今後のIT投資を少しでも有効に実施したいとお考えのお客様は、ぜひご参加いただき、お客様のDX促進などにご活用ください。 【本Webinarでお伝えする内容】 Oracleが保守料金を値上げした背景 Oracle製品の保守料金を抑える方法 選択すべき包括的な保守サービスについて 講演者: 日本リミニストリート株式会社 サービスソリューションアーキテクト 野嵜 功 対象: Oracleをお使いのユーザー企業様で、以下に該当する方 導入企業の管理、運用責任者、担当者 IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者 経営企画/事業企画部門責任者、担当者 導入企業の購買部門責任者、担当者 ※弊社と競合する企業の方のお申込みはお断りしております。 ※フリーメールアドレスでは、ご登録いただけません。あらかじめご了承ください。

調査結果からひも解くSAP関連の人材確保の重要性とは?
オンラインセミナー
調査結果からひも解くSAP関連の人材確保の重要性とは?

現在どの企業も限られたリソースで高いレベルで継続的に成果を上げる必要があります。ですが、特にレガシーなSAPシステムでは、多大な保守リソースを必要とするため、技術者の人材不足が加速しています。こうした時代だからこそ、サードパーティソフトウェアのサポートの重要性が増しております。 今回のWebinarは、調査会社Valoirのレポートを基に、よりビジネスを加速させるためのSAPシステムの運用方法、保守するためのリソースを確保する方法として、リミニストリートのサービスの有用性を解説いたします。 【本Webinarでお伝えする内容】 DXと変革に必要な4つの主要分野について リミニストリートの統合保守で実現できること 多くの企業で抱えている人材不足の現状について 講演者: 日本リミニストリート株式会社 営業担当バイスプレジデント 永森 久道 費用:無料 対象: SAPをお使いのユーザー企業様で、以下に該当する方 導入企業の管理、運用責任者、担当者 IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者 経営企画/事業企画部門責任者、担当者 導入企業の購買部門責任者、担当者 ※弊社と競合する企業の方のお申込みはお断りしております。 ※フリーメールアドレスでは、ご登録いただけません。あらかじめご了承ください。 お問い合わせ: オンラインセミナーに関するお問い合わせ、および別途、弊社サービスの詳しい説明をご希望のお客様は、ぜひ以下お問い合わせ先までご連絡ください。 個別相談もご調整いたしますので、お気軽にお問合せください。

RISE with SAPで万事解決?SAPの2027年問題解決に向けてのロードマップとは?
オンラインセミナー
RISE with SAPで万事解決?SAPの2027年問題解決に向けてのロードマップとは?

SAPが提唱しているRISE with SAP、DXを実現するための基盤を整えるためのロードマップも含めたソリューションですが、果たしてそれはお客様が思い描くロードマップと同じでしょうか? 今回のWebinarは、差し迫る2027年問題に対する回答を出さなくてはならないお客様に向けて、RISE with SAPを含むSAPの提案を受けるという選択肢を取らずに、お客様が思い描くロードマップを実現するためにはどうすればいいかを解説いたします。 RISE with SAPの最新情報をお伝えいたしますので、お客様が描くロードマップに従いビジネスの促進を進めたい方はぜひご参加ください。 【本Webinarでお伝えする内容】 RISE with SAPの詳細 RISE with SAPの注意点 S/4 HANAへのバージョンアップの必要性について 選択すべきロードマップについて 講演者: 日本リミニストリート株式会社 サービスソリューションアーキテクト 韓 問一 (ハン ウオンイ) 対象: SAPをお使いのユーザー企業様で、以下に該当する方 導入企業の管理、運用責任者、担当者 IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者 経営企画/事業企画部門責任者、担当者 導入企業の購買部門責任者、担当者 ※弊社と競合する企業の方のお申込みはお断りしております。 ※フリーメールアドレスでは、ご登録いただけません。あらかじめご了承ください。