Search Icon
Eブック

2020年インパクトスタディ - エンタープライズソフトウェア第三者保守サポートのメリット

現在、多くの企業は、1年間に保守に費やされるIT予算について見直す際に、年間保守費用に注目するようになっています。大抵この費用は、あらかじめ予算化される高額経費として特に疑問視されることもなく支払われてきました。

サポートの合計金額の内訳を詳しく見てみると、ソフトウェアベンダーの時代遅れのサポートモデルのために、毎年数百万ドル(数億円)にのぼる多額の資金がしばしば無駄に支出されていることがわかります。(日本円は1ドル110円で算出)

こちらの概要は、独立調査会社Nucleus Researchによって検証されたリミニストリートのインパクトスタディに基づいています。 この調査により、調査の対象となったOracleおよびSAPのライセンシー70社で、ソフトウェアベンダーサポートからリミニストリートサポートに切り替えることによって大幅なコスト削減を達成できたことが確認されました。

Eブックを 今すぐダウンロード!
*印はすべて必須項目です。

このウェブサイトは、お使いのブラウザでは完全にサポートされていない最新のウェブ標準を使用して構築されています。 ブラウザのアップデートをご検討ください。

今すぐアップグレード