検索条件に合う資料が見つかりませんでした。 検索条件をリセット
調査レポート: 今後のOracle EBSロードマップに関するライセンシーの見解
リサーチレポート
調査レポート: 今後のOracle EBSロードマップに関するライセンシーの見解

AMSとIaaSクラウドにシフトして、ERPの耐用年数を延長する。 詳細はこちら 「リミニストリート 2020年 Oracle EBS 調査結果」を今すぐ読む。

熊谷組、第三者保守のメリットを生かし、企業成長に貢献へ
ビデオ
熊谷組、第三者保守のメリットを生かし、企業成長に貢献へ

熊谷組のIT責任者である鴫原氏が、リミニストリートのSAP向け保守サポートへの切り替えによって、年間エンタープライズソフトウェアサポート料金の50%削減にどのように役立ったかについて説明しています。

効率性の向上と資金調達へ向けた改革を実現した製造業
Eブック
効率性の向上と資金調達へ向けた改革を実現した製造業

7社のメーカーが、リミニストリートの提供するエンタープライズソフトウェア向け第三者保守サポートを利用して、どのように業務効率を高めてデジタルトランスフォーメーションに投資できるようになったかをご紹介します。

今すぐハイブリッドITを活用してデジタルトランスフォーメーションを推進
ホワイトペーパー
今すぐハイブリッドITを活用してデジタルトランスフォーメーションを推進

今日のエンタープライズソフトウェアでは、クラウドが主流となってい ます。グローバル市場は激動しており、一部の企業では、新しい顧客 のニーズに適応するために、予想よりも早くITの一部をクラウドに移行 せざるを得なくなっています。そ

調査レポート:今後のPeopleSoftロードマップに関するライセンシーの見解
リサーチレポート
調査レポート:今後のPeopleSoftロードマップに関するライセンシーの見解

調査結果によると、現在のPeopleSoftリリースは ビジネスニーズを満たしており、ライセンシーは、 価値を最大限に高めて耐用期間を延ばすための 戦略を実施しはじめています

Rimini Street: 私たちは サポートを提供します
ビデオ
Rimini Street: 私たちは サポートを提供します

他社が提供するのは ソフトウェア. 私たちは サポートを提供します.

競争優位性と成長を支えるための第3者保守サービスの活用方法~エンタープライズソフトの保守費用を最大90%削減~
オンラインセミナー
競争優位性と成長を支えるための第3者保守サービスの活用方法~エンタープライズソフトの保守費用を最大90%削減~

このオンラインセミナーでは、アップグレードや移行を求められるベンダーのスケジュールに合わせたIT計画から離れ、コストを削減する選択肢をご紹介し、また、自社のビジネス目標に基づいた選択肢を追求する重要性を、事例をもとに説明します。

ビジネス成長に向けたアプリケーションマネジメントサービス(AMS)の最適化
Eブック
ビジネス成長に向けたアプリケーションマネジメントサービス(AMS)の最適化

絶えず変化する経済状況においては、競争上の優位性を保ちながらビジネス成長を促進するために、賢い支出、 柔軟性、および迅速な応答時間が必要とされています。不確実な今日、IT に対する企業の要求は増大しているに もかかわらず、Pulse の調査によると1 、IT 予算は完全に凍結、または 10% 以上削減されることもあります。

IDG調査レポート:ERPの未来をナビゲート
リサーチレポート
IDG調査レポート:ERPの未来をナビゲート

SAP のクライアントは岐路に立たされている: 今、イノベーションをとるか、あるいはS/4HANAにすべてを賭けるか。 SAP ECC6 ERPスイートのメインストリーム保守の終了は2027年に予定されています。 そして、SAPは明らかに新しいS / 4HANAプラットフォームに顧客基盤全体を移行しようとしていますが、SAPが今がその時だと言っているからといって、多くの顧客が移行を余儀なくされることはないでしょう。 新しいIDGグローバル調査では、調査したSAP顧客の85%が、ECC6のメインストリーム保守サポートの差し迫った締め切りにもかかわらず、2025年以降まで既存のSAPアプリケーションの実行を継続する計画を立てていると報告しています。 この調査では、これらのSAPのお客様は現在のERP環境に満足しているものの、SAPがこれらのシステムに提供しているイノベーションや機能強化はほとんどないため、停滞も懸念していると報告しています。 では、SAPのお客様は、S / 4HANAに今すぐ移行せずに、イノベーションを起こし、競争し、停滞を回避するにはどうすればよいでしょうか。IDGの新しいMarket Pulseレポート「ERPの未来をナビゲート」では、この問いを分析し、グローバルな調査結果を詳しく説明しています。 * 2020年2月4日、SAPは2027年までのSAP Business Suite 7のメインストリームサポートを発表しました。