Search Icon

関連資料ライブラリ

検索条件に合う資料が見つかりませんでした。 検索条件をリセット
S/4HANAでリミニストリートを活用する SAP 顧客
Eブック
S/4HANAでリミニストリートを活用する SAP 顧客

SAPを使用しているお客様は、SAPアプリケーション戦略に関して難しい決断を迫られています。コストのかかる「完全な置き換え」型のS/4HANA実装開始の圧力が高まっています。 SAP顧客の大半はコストの高さ、成熟度の低さ、ROI確保の難しさといった観点の評価が完了するまで、S/4HANAに関する決定を先送りしたいと考えています。または、中規模企業やSAPを新規導入する企業等の中には、現在S/4HANAの早期実装に価値を見いだすSAP顧客もいるかもしれません。そして、S/4HANAを選択肢から外し、別のソフトウェアプロバイダー製の近代的なクラウドアプリケーションへの移行の方が価値が高いと考える顧客もいるでしょう。 お客様にとってどのシナリオが最適かにかかわらず、リミニストリートは、検討されているS/4HANAの実装前、実装中そして実装後も、お客様のSAP戦略の最適化をサポートします。 このEブックでは、いくつかのお客様事例をもとに、御社の現在そして将来のERPロードマップの最適化をリミニストリートがどのようにサポートできるかご紹介しています。

エンタープライズソフトウェアサポート 購入ガイド
Eブック
エンタープライズソフトウェアサポート 購入ガイド

今後数年間は現在のERPソフトウェアを運用することを考えているとしても、クラウドオプションを検討し始めているとしても、戦略的なITの取り組みを実行するのに必要なキャパシティと柔軟性を提供できるサポートプロバイダーと提携することは重要です。 このエンタープライズソフトウェアサポート購入ガイドは、現在お客様がどのベンダーと提携しているとしても、次のようなポイントについて評価するのに役立ちます。 サポートデリバリーモデル サポートプログラムの特長 コストモデルおよびキャパシティに関するその他の考慮事項 パートナーシップの総合的な価値

12 のストーリー:ビジネス主導型IT ロードマップを選択し多くのイノベーションを推進するリミニストリートのお客様
Eブック
12 のストーリー:ビジネス主導型IT ロードマップを選択し多くのイノベーションを推進するリミニストリートのお客様

イノベーション、競争、成長のために、組織は、進化する市場とお客様のデジタルへの期待に基づいて、プロセス、製品やサービスのあらゆる面を再構築しています。 ほとんどのCEO は、今日の最優先事項は成長だと言っています。コスト効率は依然として重要ですが、CEO や取締役会レベルでのビジネス上の優先順位は、一般的に純粋なコスト削減から、機会を最大化し、競争相手のビジネスの先を行くことに代わってきています。優先順位の変更により、IT 部門とCIO の役割も変化しています。典型的なCIO の新しい使命は、競争力を生み出すことです。 問題は、今日のほとんどのIT 組織が、予算の大部分を「仕事を続ける」支出に当てていることです。事業変革の取り組みに向けられているのはわずか10% です。これは、多くの場合、企業がソフトウェアベンダーの決定したIT ロードマップにあまりにも多くの権限を委譲しているためです。 第三者保守プロバイダーのリミニストリートは、スタッフと予算を最適な場所に集中させるためのキャパシティを確保し、拘束されないロードマップを柔軟に設計し、俊敏性を提供することで急速なイノベーションをスピーディに行うことを可能にします。 このEブックのお客様の事例では、お客様がビジネス主導型の戦略を促進する方法をご紹介します。

SAP S/4HANAに対する意思決定をする際に自社のビジネスのために考慮すべき4つの重要なポイント
Eブック
SAP S/4HANAに対する意思決定をする際に自社のビジネスのために考慮すべき4つの重要なポイント

SAPのお客様は、SAPアプリケーションの戦略に関して難しい決定を迫られています。 SAPのお客様は、ECC 6のサポート終了日*が近づいており、ライセンス監査が実施される可能性があるため、S/4HANAを採用するか、少なくともそのライセンスを取得するよう迫られています。 しかし、多くのSAPのお客様は、S/4HANAが成熟してROIが明らかになるまでは、安定した実績のあるSAP ERPリリースを運用するつもりでいます。 お客様はロードマップに基づいて、SAP ECCの現在のリリースを最低15年以上運用することができます。同時に、将来的にS/4HANAに実装し直すことも含め、他の戦略的な取り組みに資金を振り向けることができます。 代替のSaaSソリューションに移行することもできます。 このEブックでは、企業にとっての最良の選択が何であるかを知るのに役立つ4つの重要なポイントを取り上げます。 *2020年2月4日、SAPは2027年までのSAP Business Suite 7のメインストリームサポートを発表しました。

2020年インパクトスタディ – エンタープライズソフトウェア第三者保守サポートのメリット
Eブック
2020年インパクトスタディ – エンタープライズソフトウェア第三者保守サポートのメリット

リミニストリートが提供する第三者保守サポートには実績があります。既に多 くの企業で採用されており、ワンランク上のサービスによりソフトウェア保守 の総コストを最大で90%も削減できます。

価値でみるOracle EBS 12 ユーザーにとっての選択肢は?
オンラインセミナー
価値でみるOracle EBS 12 ユーザーにとっての選択肢は?

このオンラインセミナーでは、ユーザーが「満足度の高いサポートを維持しながら、Oracle EBSアプリケーションのアップグレードをビジネスにとって明確なメリットがあると確信できるまで延期する」方法を、E-Business Suiteのクライアントの事例を交えてご紹介します。

リミニストリートCSR活動について – 東京都盲人福祉協会
ビデオ
リミニストリートCSR活動について – 東京都盲人福祉協会

弊社は、The Rimini Street Foundationを2015年より立ち上げ、世界各国すべての支社で全社員ボランティア活動に参加しております。2019年は、目の不自由な方々が、古紙(点字用紙)から封筒やレターセット等の商品を製作している東京都盲人福祉協会の事業所パイオニアでお手伝いさせていただきました。また、弊社イベントのお客様へのお土産として、こちらの商品を採用させていただきました。

SAPユーザーにとってのビジネス主導型ITロードマップの意味 -2027年に向けてリミニストリートがご提案する選択肢-
オンラインセミナー
SAPユーザーにとってのビジネス主導型ITロードマップの意味 -2027年に向けてリミニストリートがご提案する選択肢-

このオンラインセミナーでは、SAPユーザーにとって、2027年のメインストリームサポートの終了に合わせたようなベンダー固有のロードマップではなく、自社のビジネス目標に基づいて設計されたビジネス主導のITロードマップを作成・管理する重要性を、事例をもとに説明します。

このウェブサイトは、お使いのブラウザでは完全にサポートされていない最新のウェブ標準を使用して構築されています。 ブラウザのアップデートをご検討ください。

今すぐアップグレード