Search Icon
ホワイトペーパー

Oracle EBSソフトウェアのサポートを最大限活用するために

Oracle EBS 12.1もしくはそれ以前のリリースを使用しているなら、新しい更新や新機能のない製品の古いパッチや修正のためにラインセンス料金の22%をOracleに支払っていることになります。 最低限のサポートを得るためだけに12.2へアップグレードすると、時間も費用もかかってしまいます。 また、グローバルな不確実性が迫り、デジタルトランスフォーメーションの推進が急務という状況では、IT予算を費やす実用的な方法でもありません。

調査データとOracle EBSイノベーションの過去と未来に関する歴史的考察を組み合わせながら、このホワイトペーパーでは、ライセンシーがOracleロードマップに関して情報に基づく決定を下すために、価値あるインサイトと検討すべき事項を示します。 ホワイトペーパーの内容:

  • Oracle EBSライセンシーに対して行われた、EBSに対する見方と計画に関する最近の調査から得られたインサイト
  • Oracle EBSリリースのバージョンごとのサポート終了日の一覧
  • E-Business Suiteソフトウェアのイノベーションとアップグレードに関するOracleの戦略の概要
  • リミニストリートによる独立系第三者保守サポートを利用して、ライセンシーがEBSシステムの耐用年数を延ばし、価値の乏しいアップグレードを回避または遅らせる方法
ホワイトペーパーを今すぐダウンロード!
*印はすべて必須項目です。

このウェブサイトは、お使いのブラウザでは完全にサポートされていない最新のウェブ標準を使用して構築されています。 ブラウザのアップデートをご検討ください。

今すぐアップグレード