Search Icon
ホワイトペーパー

6つの重要なポイント - ハイブリッドIT環境を効果的に運用するために

多くの企業がクラウドへの移行を経時的に計画している一方で、クラウドに対応できないインフラストラクチャを持つ企業もあります。 ハイブリッドITによって 、企業は、非クラウドへの投資を活かしながら、コスト削減、拡張性、俊敏性などのクラウドのメリットを獲得することができます。 多様なユースケースに対応できるハイブリッドITは、未来の運用モデルとして台頭してきており、企業がクラウドと非クラウド環境を組み合わせて、各ワークロードに対する最適なプラットフォームを実現できるようになっています。

堅牢で信頼性の高いハイブリッド環境を構築するには、プラットフォームの互換性、ベンダーの責任、セキュリティの範囲など、複数のレイヤーからなる複雑な状況を管理する必要があります。 ホワイトペーパー「6つの重要なポイント – ハイブリッドIT環境を効果的に運用するために」では、ハイブリッドITを効果的に構築するためのプランニングについてご紹介しています。 このホワイトペーパーでは、以下の点を取り上げています。

  • ハイブリッド時代の運用上の課題について
  • ハイブリッド環境の機能および技術面でのベストプラクティス
  • 複数のベンダーとクラウドプロバイダーを管理するための戦略
  • アプリケーションの配置、ベンダーの選定、セキュリティおよび相互運用性に関する実用的な提案
ホワイトペーパーを
今すぐダウンロード!
*印はすべて必須項目です。

このウェブサイトは、お使いのブラウザでは完全にサポートされていない最新のウェブ標準を使用して構築されています。 ブラウザのアップデートをご検討ください。

今すぐアップグレード