Search Icon
ホワイトペーパー

Oracle Databaseの経費削減において調達部門が担う大きな役割

Oracle® Databaseのサポート費用がすでに厳しいIT予算をますますひっ迫させており、イノベーションのためにほとんど予算が残らないという状況で、年間保守料金の上昇は、厳しく精査されるようになっています。 調達部門および資産管理部門では、Oracleの保守コストを削減する方策として、今では、独立系保守サポートという選択肢を調査するように求められています。

このホワイトペーパーでは、独立系保守サポートによって総保守サポートコストを削減する方法、独立系保守サポートとOracleサポートとの違い、およびどのように調達部門がITおよび自社イノベーションをリードできるかについて説明します。

ホワイトペーパーを
今すぐダウンロード!
*印はすべて必須項目です。

このウェブサイトは、お使いのブラウザでは完全にサポートされていない最新のウェブ標準を使用して構築されています。 ブラウザのアップデートをご検討ください。

今すぐアップグレード