エンタープライズソフトウェアの サポートに、第三者保守を選択する 7つの理由

ebook cover

今、CIOの最優先事項はデジタルトランスフォーメーションです。

しかしデジタルトランスフォーメーションには費用がかかります。IT リーダーは、投資とビジネス優先事項の調整を求められます。新規顧客獲得や既存顧客との関係強化など、会社の収益につながるIT ロードマップを策定する必要があります。巷にあふれるテクノロジー誇大広告をより分けて、ブロックチェーンや拡張現実アプリへの投資が長期的にみて合理的なのかどうか判断しなければなりません。同時に、目の前の現実的なチャンスを考慮し、合理化されたワークローとデータ活用を強化することによってビジネスプロセスを最適化することが必要となります。

CIO は、「このコストはどこから捻出するのか?」という上層部からの鋭い質問に答えることが求められます。 従来のIT 予算の80 ~ 90% はすでに既存システムの運用に固定されているため、CIOと財務チームは資金調達方法を考えなければなりません。
第三者によるエンタープライズソフトウェアの保守を採用する企業は、ERP 等のアプリケーションで十分なROI 維持するためには、高額な保守契約と不要なアップグレードへの支出をやめることが最善の方法だと認識しています。

このeBook では、ビジネス主導型ロードマップを加速する上で第三者保守が最善の方法となる理由についてご説明します。