SAPの保守サポートにおいて、年間のコストを大幅に削減しながら、パーソナライズされたサポートサービスを利用可能

リミニストリートの提供するSAP製品を対象とした独立系の保守サポートサービスを利用すれば、既存のSAP Business SuiteやBusiness Warehouseのアプリケーションを15年は使い続けることができます。アップグレードやEnhancement Packの適用は必要ありません。

SAPはいま、コアのERPソフトウェアモデルからクラウドサービスモデルへとその軸足を移しつつあります。このような状況のなかで、未知の領域に踏み出すには、時間やコストの面での機会損失も懸念されるのではないでしょうか。

過去20年から25年にわたり’SAPにかけてきた投資を最大限に活用してみませんか?–安定し成熟した現行のSAPバージョンをビジネスに活用できるよう維持し、そのうえで、革新的なデジタルクラウドソリューションを導入する方法を見つけてはいかがでしょうか。このような手法により、SAPのスケジュールに左右されることなく、お客様のタイミングにあわせて、競争力を強化するのです。重要性の高いカスタムコードの完全なサポートや、自社の環境に即した税制および法改正対応のアップデート、戦略的アプリケーションプランニングと相互運用性のサポートに関するアドバイスサービスなどを含め、お客様がこれまでに求めてきたSAP Business Suiteのサポートを手に入れてください。’—

SAP Business Suite向けに当社が提供する保守サポートサービスを是非ご検討ください。お気軽にお問い合わせください。

サポート対象のSAP Business SuiteおよびSAP Business Warehouseの製品とリリース

リミニストリートは以下を含め、SAPのエンタープライズアプリケーションおよびリリースを、広範囲にサポートしています。

  • R/3
  • ERP 5および6(ECC 5および6)
  • Customer Relationship Management(CRM)、Supplier Relationship Management(SRM)、Supply Chain Management(SCM)、Product Lifecycle Management(PLM)を含む、全SAP Business Suite 7製品
  • SAP HANAデータベースをベースとした以降のバージョン、SAPアプリケーションの機能を拡張する多くのサードパーティソリューションを含む、SAP Business Warehouseのすべてのバージョン

SAPアプリケーション戦略に関する調査(2017年度版)

SAP ERPのユーザーを対象に行われた最近の調査結果によれば、85%の回答者が、今後も現行のSAPリリースを使い続ける予定であると回答しています。回答者の多くは、’S/4HANAに投資効果を認めておらず、その再実装作業に数億円規模のコストがかかることを懸念しており、既存の安定した記録のためのシステムを中心に、ハイブリッドIT戦略を展開したいと考えています。調査結果の具体的な内容を詳細にご確認ください。コストを最適化して、イノベーションを実現するうえで知っておくべき3つのベストプラクティスをご理解いただけます。

「私の役割は、いわばITのコンシェルジュといったところです。お客様の希望を実現し、お客様のシステムの健全性とビジネスの成長をプロアクティブに維持しています」

お客様のニーズに合わせたサポートプログラムをご提供いたします。リミニストリートは、保守サポートに特化したサービスを提供しています。高品質なエンタープライズソフトウェアサポートの実現を徹底して追求すべく一貫して取り組むサポートエンジニアの姿勢に、’その意味するところが表れています。

  • 専任のサポートエンジニア(PSE)が個々に—割り当てられます。
  • 重要度の高い問題の対応では、 15分以内の応答を保証しています(実際 の平均応答時間は5分以内です)。
  • お客様に割り当てられるPSEは、レベル3のエンジニアで、現場最前線におけるSAPの業務経験が平均で15年に及びます。
  • 技術部門全体のバックアップのもとにPSEはサポートを行い、既存のERPプラットフォームから、今後15年間に渡りあらゆる価値を引き出します。

全世界で1,600を超える企業が、保守サポートをリミニストリートに切り替えています

「SAPプラットフォームをバージョンアップすることに貴重な時間と資金を投じることに懸念を感じていました。私たちの事業にはさほどメリットを感じませんでしたし、投資が目に見えて還元されるようには思えなかったからです。SQL Server 2000など、私たちが所有しているシステムは安定しており、既に期待通りの動作をしていましたので変更する理由がありませんでした。」

Jones Packaging社、最高財務責任者(CFO)Rick Jankura氏

SAPの保守サポートプログラムについて、ソフトウェアベンダーのサービスに満足していますか。リミニストリートのサポートなら、障害の対応や定期メンテナンス以外にもさまざまなサービスをご利用いただけます

標準サポートプログラムの内容リミニストリートSAP
お客様が業務を行っている地域ごとに専任のサポートエンジニア(PSE)を割り当て
お客様ごとにグローバルアカウントマネージャーを割り当て
緊急対応を要する優先度1(P1)の問題について15分以内の応答を保証。24時間365日体制でのサポートの提供
アドオンについてのサポート
アップグレードをユーザーに義務付けることなく完全なサポートを提供
現行のリリースを最低でも15年は完全にサポート
パフォーマンスチューニングに対応
相互運用性についてのサポート
戦略ロードマップサービスを提供
戦略ベンダーとして中立的なセキュリティガイダンスを提供
オンボーディングサービスおよびアーカイブサービス
年間の保守サポートコストを50%削減
インストールおよびアップグレードについてのサポート
構成についてのサポート
運用についてのサポート
アプリケーション、リポジトリ、ドキュメントの修正
税制および法規制対応のアップデート

サポート対象となるSAP Business Suiteのテクニカルコンポーネント

リミニストリートの専任のサポートエンジニアをバックアップするのは、技術面ならびに機能面のエキスパートから構成されたチームです。このチームは、以下に示すようなあらゆる側面、コンポーネントについて、SAPシステムのトラブルシューティングに対応できる詳細な専門知識を有しています。

ABAP
アプリケーションサーバー(ABAP、J2EE、およびWeb)
Basis
Extensions(Hybris、Industry)
Java
NetWeaver
プロセス統合/オーケストレーション
ユーザーインターフェース(SAP GUI、Fiori、Web Clients)

参考資料