2018年インパクトスタディ 第三者保守の実例

research report

ソフトウェアベンダーのサポートからリミニストリートによるサポートへ切り替えたことにより、Oracle やSAP のユーザーが大幅なコスト削減を実現したことが独立系リサーチ機関によって確認されています。

通常企業が予算配分済の高額経費として問答無用で支払う年間保守料金のその妥当性について徹底的に検討し始めない限り、ソフトウェアベンダーによる時代遅れのサポートモデルに対して数百万ドル(数億円)もの費用が毎年浪費されている現状を改善することはできないでしょう。

こちらのEブックでは、Nucleus Research社による調査から顧客70社のケーススタディの要旨をご紹介しています。