ホワイト ペーパー

ホワイトペーパー:S/4HANAの評価 - SAPユーザーのための考察

S/4HANA Enterprise Managementスイートは、今後10年間のうちに、やがて堅牢なERPソリューションとなり、既存のSAP ERPとBusiness Suiteユーザーのアップグレードの選択肢となる可能性があります。しかし、開発段階の現時点では、足りない機能や再実装のコストとリスクに関してマイナス面が多すぎるように見えます。このホワイトペーパーでは、SAPユーザーがS/4HANAへの移行を評価するために必要なポイントを紹介しています。

ホワイトペーパー: ビジネス主導型ロードマップで 成果を上げていますか

現在のビジネスの優先事項はイノベーションと成長へと変化しました。エンタープライズアプリケーションのイニシアチブがビジネスの目標と目的をサポートするようにすることで、これらの優先事項を達成し、企業の成長を加速させましょう。ビジネス主導型ロードマップが、御社にどのような具体的な変化をもたらすかご説明いたします。

ホワイトペーパー: Oracle データベースサポートを 最大限に活用

このホワイトペーパーでは、Oracle テクノロジー製品(仮想化されたOracle データベー スのサポートに関するポリシーを含む)のOracle ライフタイムサポートポリシーについ てまとめています。Oracle の年間サポートの下でOracle データベースの特定のリリー スを使用しているお客様のために戦略的ロードマップを分析し、Oracle データベース ライセンシーに関する実践的な提案をご紹介しています。

ERP 投資のコントロールを取り戻す (Take Back Control of Your ERP Investment)

ERP 利用企業の多くは、ソフトウェア ベンダーがすべてを掌握する体制が作られているため、自社の IT 政策を自社でコントロールできていないと感じています。アップグレードの時期や拡張機能の優先度を決めることができず、年間保守料金は強制的に引き上げられています。このホワイト ペーパーでは、本来の機能的メリットや明確なROIをほとんど提供できないアップグレードへの追随を避ける選択肢を説明します。

Oracle Database のお客様が独立系サポートを選択する理由 (英語)

この詳細なホワイト ペーパーは、仮想化などの Oracle 社のライフタイム サポート ポリシー、Oracle Database アプリケーションのリリース別戦略的ロードマップ、データベースの予算や戦略の計画時に考慮すべき具体的なアドバイスについて説明しており、Oracle Database 年間サポート オプションをより詳しく理解できます。

エンタープライズ ソフトウェア サポート購入ガイド (英語)

保守サービス プロバイダを選択する際は、提供されるサービスの違いを理解することが重要になります。リミニストリートの「エンタープライズ ソフトウェア サポート購入ガイド」では、ベンダー サポートと第三者によるプレミアム サポートを比較し、それぞれのリスクとメリットについて説明しています。サポート購入を検討中のお客様のご参考になれば幸いです。