予想されるコスト削減額:

これは、貴社の実際の保守サポートコストにおいて/span>削減です

保守サポートコスト
削減額を試算する

年間保守サポート料金は、
氷山の一角に過ぎません。

 

保守サポートのコストには、ベンダーの年間保守料金だけでなく、通常、アップグレードコスト、カスタマイズされたコードのサポートコスト、ベンダー保守が非効率なために発生するリソースコストが含まれます。

この計算ツールを使用して、リミニストリートで保守を行う場合に削減できるコストについて詳細に分析し、節約した費用をイノベーションと成長のためにどのように振り向けることができるかをご検討ください。

上記の金額の計算方法、および計算結果をカスタマイズするには、このページのフォームに追加情報をご入力ください。詳しいレポートへ遷移します。計算結果をさらにパーソナライズし、貴社の他の方々と共有していただけます。

保守料金の削減額を試算するために、以下に情報を入力してください。
*印はすべて必須項目です。
削減可能なコストについて、さらに詳細なレポートをご要望の場合、こちらから情報を入力の上お進みください。
*印はすべて必須項目です。

リミニストリートがサポートするクライアントは、ベンダーの年間保守サポート料金の50%をすぐに削減できますが、それは氷山の一角にすぎません。 リミニストリートでは、アップグレード、カスタマイズされたコードのサポート、追加の保守リソースなど、「水面下」に隠れているコストも削減できます。

以下の氷山の各セクションをクリックして、コスト削減に関する情報をさらにカスタマイズしてください。

現在の年間コスト

年間保守サポート料金

10年間にアップグレード

~のFTEがカスタマイズされたコードをサポート ~のFTEがパフォーマンスをサポート

~のFTEがテストとセルフサポートに対応

リミニストリートの年間保守サポートコスト

ベンダーの増加コストを含め、年間保守サポート料金を各年50%削減

10年で%回のアップグレードを回避

~のFTEをカスタマイズされたコードのサポートから解放 ~のFTEをパフォーマンスのサポートから解放

~のFTEを不要なテストとセルフサポートから解放

総削減額: 年間

閉じる
年間保守サポート料金

リミニストリートが請求するのは、年間保守サポート料金として現在ベンダーに支払っている金額の50%です。

アップグレード回避による削減額

ベンダーのフルサポートを維持するためだけにアップグレードを行う必要がなく、健全なROIを欠いたアップグレードを実施する必要もないというコスト回避が可能です。 アップグレードには数百万ドルの費用がかかり、ROIもなく頻繁にビジネスが中断します。 10年間で1つまたは2つのアップグレードを回避できたら、大幅なコスト削減を実現できます。 以下の数字は、代表的な例です。貴社の状況に合わせるには情報を更新する必要があります。

カスタマイズされたコードのサポートの削減額

ベンダーサポートが不十分なために対応に迫られて発生する追加リソースが、不要になることで得られるコスト削減額についてご覧ください。不要になるリソースには、修正バンドルの展開とテスト、税・法規制に関する不要な更新、問題の追跡と修正に対して時間のかかるセルフサポートなどが含まれます。

パフォーマンスサポートの削減額

リミニストリートでは、データベースのパフォーマンスサポートも提供しています。これにより、レスポンスが合理化され、データベースがハイレベルで稼働し続けることができます。 以下の情報を更新して、より状況に合わせた削減額を試算できます。

セルフサポート削減額

ベンダーサポートが不十分なために対応に迫られて発生する追加リソースが、不要になることで得られるコスト削減額についてご覧ください。不要になるリソースには、修正バンドルの展開とテスト、税・法規制に関する不要な更新、問題の追跡と修正に対して時間のかかるセルフサポートなどが含まれます。

お問い合わせ

このウェブサイトは、お使いのブラウザでは完全にサポートされていない最新のウェブ標準を使用して構築されています。 ブラウザのアップデートをご検討ください。

今すぐアップグレード