Search Icon
Eブック

SAP S/4HANAに対する意思決定をする際に自社のビジネスのために考慮すべき4つの重要なポイント

SAPのお客様は、SAPアプリケーションの戦略に関して難しい決定を迫られています。 SAPのお客様は、ECC 6のサポート終了日*が近づいており、ライセンス監査が実施される可能性があるため、S/4HANAを採用するか、少なくともそのライセンスを取得するよう迫られています。 しかし、多くのSAPのお客様は、S/4HANAが成熟してROIが明らかになるまでは、安定した実績のあるSAP ERPリリースを運用するつもりでいます。

お客様はロードマップに基づいて、SAP ECCの現在のリリースを最低15年以上運用することができます。同時に、将来的にS/4HANAに実装し直すことも含め、他の戦略的な取り組みに資金を振り向けることができます。 代替のSaaSソリューションに移行することもできます。 このEブックでは、企業にとっての最良の選択が何であるかを知るのに役立つ4つの重要なポイントを取り上げます。

*2020年2月4日、SAPは2027年までのSAP Business Suite 7のメインストリームサポートを発表しました。

Eブックを 今すぐダウンロード!
*印はすべて必須項目です。

このウェブサイトは、お使いのブラウザでは完全にサポートされていない最新のウェブ標準を使用して構築されています。 ブラウザのアップデートをご検討ください。

今すぐアップグレード