Search Icon
*グローバルセキュリティ*<br>サービス

グローバルセキュリティ
サービス

リミニストリートのソフトウェアセキュリティサービスで
セキュリティ体制を強化

クライアントに合わせた、プロアクティブかつインテリジェントなソフトウェアセキュリティサービスとソリューション

サイバーセキュリティはあらゆるセクターの企業の優先事項ですが、予算の制約と人材の不足により、一貫したプロアクティブなセキュリティ体制を維持することは困難です。 ベンダーのセキュリティパッチ適用には回帰テストとシステムのダウンタイムが求められ、時間と労力がかかるため、パッチ適用の遅延を余儀なくされることがあります。 その結果、企業はリスクにさらされ、自社のベストプラクティスやソフトウェアセキュリティガイドラインの実装も遅れてしまうことになります。

リミニストリートのグローバルセキュリティサービスチームは、クライアントが企業全体にわたって包括的な階層型セキュリティモデルを導入するためのセキュリティサービスを提供し、実用的なセキュリティインテリジェンスによって漏洩のリスクを低減できるよう支援します。

サービス

セキュリティケースの解決

オンラインで、または割り当てられたプライマリサポートエンジニア(PSE)が直接にセキュリティケースを記録します。

セキュリティに関するアドバイスサービス

アプリケーション、データベース、サポート対象のIT環境のセキュリティを向上させます。

セキュリティアラート

新たな脅威について迅速に通知し、詳細情報や推奨の対応策も提供します。

セキュリティ構成分析

最先端のセキュリティ監査ツールを活用して、構成の微調整や最適化を行い、システムを保護します。

戦略的なセキュリティロードマップ

セキュリティロードマップを確立して、セキュリティギャップを最小化し、最新のベストプラクティスとソフトウェアセキュリティガイドラインに沿った継続的なプロセス改善を進めます。

セキュリティ評価

ソフトウェアのセキュリティ体制を把握し、ガイダンスを活用してプロセスとインフラストラクチャを改善できます。

その他のセキュリティソリューション

高度なデータベース
セキュリティ

仮想パッチを適用し、攻撃の試みがデータベースに到達する前に阻止することで、既知および未知の脆弱性からデータベースを保護します。
詳細を見る

アプリケーションと
ミドルウェアの
高度なセキュリティ

Javaランタイム検出と修復により、OracleおよびSAPのアプリケーションとミドルウェアを保護する、リアルタイムのゼロデイ脆弱性保護を実現します。
詳しくはこちら

リミニストリートを選ぶ理由

リミニストリートは、常に進化する脅威と、包括的なソフトウェアセキュリティサービスの必要性を理解しており、クライアントがセキュリティ目標を達成できるよう経験豊富なエンジニアが支援します。

より良いモデル

リミニストリートは、ISO情報セキュリティ管理システムと認証に多額の投資を行い、ISO 27001情報セキュリティ認証で6年連続満点を達成しています。 世界中のクライアントとパートナーが、リミニストリートの広範なセキュリティとコンプライアンスのフレームワーク、ソフトウェアセキュリティサービスのスタッフ、データの機密性、完全性、可用性への取り組みに信頼を寄せています。

より良い人材

リミニストリートのグローバルセキュリティサービスチームには、熟練したセキュリティ専門家が在籍しています。エンタープライズソフトウェアのセキュリティサービスや、ソフトウェアセキュリティのガイドラインとベストプラクティスの分野で、平均20年以上の経験を持っています。

より良い結果

CISO、製品戦略担当、セキュリティエンジニアで構成される当社の専門チームは、約3,400社ものクライアントのニーズに対応した経験を持ち、その中には原子力発電所や防衛関連企業など、規制やセキュリティクリアランスの厳しい企業やフォーチュン500企業も含まれます。

メリットを比較する

ベンダーによる従来型のセキュリティパッチや更新モデルには、重大なリスクと問題が存在する可能性があります。 リミニストリートは、ベンダーのパッチ中心のセキュリティモデルでは、包括的なセキュリティ保護に関する間違った考え方によってライセンス保有企業を危険にさらす可能性があると考えています。

リミニストリートの高度な
セキュリティソリューション
従来のベンダーによるパッチ適用
システムをオフラインにすることなく、既知および未知の脆弱性から保護
はい – システムをオフラインにすることなく、「ゼロデイ」悪用を含む既知および未知の脆弱性から保護します
いいえ – 既知の脆弱性のみから保護し、パッチ適用にはダウンタイムが必要です
脆弱性が公開されてから24~72時間以内にアップデートが公開される
はい – 必要であれば、悪用が公開されてから24~72時間以内にアップデートを入手できます
いいえ – 脆弱性が発見されてからベンダーのパッチがリリースされるまで、数か月または数年かかることがあります1
普及している古いリリースを保護
はい – 仮想パッチの適用により、ベンダーの完全サポートが終了している古いリリースも保護します
いいえ – ベンダーのパッチは通常、普及している古いリリースでは利用できません
ソフトウェアコードの変更に伴う、コストのかかる回帰テストが不要
はい – 仮想パッチの適用はソフトウェアの外部でなされ、広範な回帰テストやシステムのダウンタイムを回避できます。コード関連の問題も発生しません
いいえ – パッチを適用するとソフトウェアコードが変更され、大規模なテストとダウンタイムが必要になります。システムに関係する問題が発生する場合もあります
更新モジュールがシームレスに適用され、すばやく保護し、作業負荷が少ない
はい – 更新は自動的に適用され、すぐに保護できます
いいえ – ライセンス保有企業のパッチ適用は14~18か月遅れることがあります2
試行される攻撃の監視、レポート、アラートが可能
はい – 監視、レポート、アラートが提供され、セキュリティ体制が強化されます
いいえ – 試行された悪意のある動作やアクションに関する監視、レポート、アラートは通常は行われません
マルチベンダーソリューション
はい – リミニストリートのセキュリティソリューションは、Oracle、SAP、IBM、Microsoftのデータベース、アプリケーション、およびミドルウェアを保護します
いいえ – ベンダーのパッチはそのソフトウェアのみを保護し、通常は特定のリリースのみが対象となります
1https://www.oracle.com/security-alerts/cpuapr2020.html Oracleの2020年4月のCPUリリースには、2016 Oracle DB CVE向けの2つのパッチと、2016年と2015年それぞれのミドルウェアCVE向けの2つのパッチが含まれています。
FANCL

「自社がいま置かれた状況を分析し、潜んでいる課題にしっかり目を向けることが重要だと思います。すぐに動くことを躊躇すれば、それは必ず大きなリスクとなって将来にのしかかってきます。」

植松 宣行氏 執行役員 グループITセンター長
Proton

「リミニストリートの対応は素晴らしいものです。私のチームメンバーがコーヒーで一服する間もないほど、迅速に対応してくれます。」

Marhalisa Matari 氏 ITアプリケーション管理担当、シニアマネージャ、

組織のセキュリティ体制を
強化します。


詳しくは、弊社までお問い合わせください。

このウェブサイトは、お使いのブラウザでは完全にサポートされていない最新のウェブ標準を使用して構築されています。 ブラウザのアップデートをご検討ください。

今すぐアップグレード