Search Icon

JD Edwardsロードマップの主導権を握る

JD Edwardsのサポートコストを最大90%節減し、過剰な支出をなくす

現在Oracle JD Edwards(JDE)サポートを利用する企業は、JDEソフトウェアをEnterpriseOne 9.2またはWorld A9.4にアップグレードしない限り、フルサポートが終了します。 また、OracleのロードマップにEnterpriseOne 9.3やWorld A9.5はないため、多くの利用企業にとって、JDEサポートから得られる新しい価値が減る一方でコストは増え続けます。 リミニストリートは、年間サポート費用を50%、Oracle JDE Enterprise OneおよびWorldの総保守コストを最大90%節減します。フルサポートを維持するためだけの高額なアップグレードや更新にコストをかける必要はなくなります。

リソースを解放し、ソフトウェアベンダー主導型モデルを回避

OracleのJD Edwardsサポートポリシーでは、IT組織に継続的なアップグレードや更新の適用を迫るものの、有意義なイノベーションを十分に提供していません。 リミニストリートの独立系第三者保守サポートは、ソフトウェアのアップグレードや更新を必要とせずに、カスタマイズを含め、既存のJD Edwardsリリースを少なくとも15年間サポートします。 多くの場合、IT組織ではOracleのJD Edwardsサポートポリシーによって継続的なアップグレードや更新の適用が迫られるものの、毎年有意義なイノベーションを十分に得られるわけではありません。 リミニストリートは、カスタマイズを含め、現在のJDEリリースを少なくとも15年間サポートし、フルサポートを維持するためだけにアップグレードや継続的な更新を行う必要がありません。 さらに、ITチームは、重要な問題に対する迅速な応答SLAや、業界最速のLegrature-to-Live™による世界各国の税・法規制の更新など、包括的で応答性の高いサポートエクスペリエンスを活用し、新しい取り組みに時間をかけることができます。

戦略的なビジネス優先事項の推進

現在の運用を最適化する場合でも、新たな成長を推進する場合でも、リミニストリートのサポートを利用することで、JDEサポートサービスのプランにただ従う代わりに、独自のビジネスの優先事項に予算とリソースを自由に向けることができます。 最適なクラウドモデルなど、ベンダーのロードマップを超えた、業界をリードする最新のテクノロジーも活用できます。

サポート対象の製品ライン

JD Edwardsライセンシーは、リミニストリートの独立系サポートに切り替えることにより、既存のアプリケーションモジュールやリリースの更新が現在展開されていなくても、それを維持することができます。 ライセンシーは、これらのモジュールと更新を独自のスケジュールで実装し、特定のビジネスニーズを満たすことができます。

Enterprise One
World
CNCマネージドサービス

リミニストリートを選ぶ理由

リミニストリートは、クライアントの成功を最優先する革新的な製品とサービスを開発することで、エンタープライズソフトウェアサポートモデルを一新し、再定義するために設立されました。 プレミアムレベルのサポートと、高度に熟練したエンジニアリングの専門知識を低額で提供することにより、最高レベルの価値とカスタマーサービスをお客様に継続的に提供します。

より良いモデル

アップグレードや更新を迫ることなく、すべてのJD Edwardsソフトウェアを最低15年にわたって24時間年中無休でサポートし、10分以内のP1 SLA応答時間を保証します。

より良い人材

JD Edwardsサポートサービスの分野で平均15年の現場経験を持つプライマリサポートエンジニア(PSE)と、熟練したJD Edwardsサポート提供チームが、IT組織を支援します。

より良い結果

継続的な顧客満足度について高い評価を得ている専門家と協力することで、JD Edwards資産の耐用年数を延長し、保守とサポートの総コストを最大90%削減します。

メリットを比較する

リミニストリートは、コスト削減を保証するだけでなく、業界をリードする税・法規制の更新、追加料金なしのカスタマイズされたコードのサポート、アップグレードや更新を必要としない現行のOracleリリースの15年以上のフルサポートなど、ITチームに包括的なサポートを提供します。 また、リミニストリートは、ベンダーによるJDEサポートの予定やタイムテーブルに左右されない、最適なOracle IT戦略の計画と実行を支援する戦略的サービスを提供します。これには、ソフトウェアとテクノロジーのロードマップ、ライセンス、セキュリティ、クラウド戦略に関するガイダンスが含まれます。

サポートの特徴
リミニストリート
Oracle Premierおよび Extended
Oracle Sustaining
サポートサービス
アプリケーションとドキュメントの修正
新しい修正なし
運用と構成のサポート
インストールとアップグレードのサポート
新たなアップグレードスクリプトなし
世界各国の税・法規制に対応した更新
新規更新モジュールなし
平均15年の経験を持つ、専任のサポートエンジニア
アカウントマネジメントサービス
重要なケースに対しては10分以内の応答を保証するSLAで、その後2時間ごとに最新情報を提供
アップグレードが不要な満足度の高いサポート
カスタマイズされたコードのサポート
パフォーマンスサポート
相互運用性とインテグレーションのサポート
アップグレードが不要な満足度の高いサポート
戦略的サービス相互運用性のサポート
技術的、機能的なアプリケーションロードマップアドバイザリサービス
クラウドアドバイザリサービス
クラウドアドバイザリサービス
セキュリティアドバイザリサービス
相互運用性とインテグレーションに関するアドバイザリサービス
監視と確認に関するアドバイザリーサービス
リソースへの効果
運用コスト(予算、人員、時間)の大幅な削減
ベンダー主導型ロードマップからの脱却

「すべてのCIOが、価値を維持し、価値を高める方法を探しているため、私たちは革新的でなければなりません。つまり、JD Edwardsや他の環境を費用対効果の高い方法でサポートし、同時に多くのサービスを活用できる方法を考える必要があります。これが、リミニストリートを検討し始めた理由です」

Brian Murphy氏

Dean Foods、前CIO

Brandsafway

「保守サポートをリミニストリートに切り替えたのは、リスクが低かったためと、コスト削減の大きなメリットがあるとわかったからです。利用できるサポートサービスは実績があります。従来より、はるかに質の高いサポートが受けられるようになり、我々の決断が正しかったことが証明されました」

Simon Lytton氏 グローバルアプリケーションディレクター

JD Edwards向けの独立系サポートの
メリットを活用


詳しくは、弊社までお問い合わせください。

このウェブサイトは、お使いのブラウザでは完全にサポートされていない最新のウェブ標準を使用して構築されています。 ブラウザのアップデートをご検討ください。

今すぐアップグレード