Search Icon
*SAP*向けの<br>サポート

SAP向けの
サポート

リミニストリートのSAP投資向けサポートにより、
リスクを軽減し、価値を最適化できます

リミニストリートのサポートサービスで
SAP製品への投資を最大化

数百社にのぼるSAP導入企業の信頼を集めるSAP向けの包括的サポートサービス

SAPソフトウェアは、多くの企業の基盤になっています。 長年にわたり、SAPはフルサポートを維持するために定期的かつ高価なアップグレードを推し進めてきました。ソフトウェアが成熟し、保守コストが高くなるにつれ、その価値は低下しているように見えます。 これらのアップグレードを回避し、S/4HANAへの移行を遅らせ、増加するSAPアプリケーションの保守サポート費用を制御するために、独立系第三者サポートを選択するSAPライセンシーが増えています。 これにより、IT支出と帯域幅を解放して、ベンダー主導型ロードマップではなく、ビジネス主導型ロードマップを実行できます。

サポート対象のSAPソフトウェア

リミニストリートは、以下のSAP製品を対象としたサポートサービスを提供しています。

リミニストリートを選ぶ理由

リミニストリートは、クライアントの成功を最優先する革新的な新しい製品およびサービスを開発することで、エンタープライズソフトウェアサポートモデルを一新し、再定義するために設立されました。 プレミアムレベルのサポートと、高度に熟練したエンジニアリングの専門知識を低額で提供することにより、最高レベルの価値とカスタマーサービスをクライアントに継続的に提供します。

より良いモデル

リミニストリートのサポートモデルは、現在のSAPリリースに対して最低15年間のサポートを保証し、ビジネス上、合理的なタイミングでSAP S/4HANAに柔軟に移行できるようになります。

より良い人材

リミニストリートは、経験豊富なエンジニアを割り当て、SAP環境全体に対して高度にパーソナライズされたサポートを提供します。追加コストなしでカスタマイズされたコードと相互運用性もサポートいたします。

より良い結果

SAP向けのリミニストリートのサポートにより、新しいエンハンスメントパックにアップグレードしたり、ROIにほとんどまたはまったく効果のない不要なパッチを適用したりする必要がなくなります。 これにより、IT部門はデジタルイノベーションに向けた優先度の高い取り組みにリソースを投資することができます。

比較表

リミニストリートの独立系第三者サポートは、ベンダーのサポートよりも大きな価値を提供します。これには、クライアント中心のサポートサービス、より包括的なSAPアプリケーションサポートサービス、および平均15年以上年の経験を有する専任のエキスパートエンジニアが含まれます。

サポートの特徴
リミニストリート
SAP
サポートサービス
アプリケーションとドキュメントの修正
運用と構成のサポート
インストールとアップグレードのサポート
世界各国の税・法規制に対応した更新
平均15年のエンジニア経験を持つ、専任サポートエンジニア
アカウントマネジメントサービス
重要なケースに対しては10分以内の応答を保証するSLAで、その後2時間ごとに最新情報を提供
アップグレードが不要な満足度の高いサポート
カスタマイズされたコードのサポート
パフォーマンスのサポート
相互運用性とインテグレーションのサポート
契約日から最低15年間にわたる現行リリースの満足度の高いサポート
戦略的サービス
技術的、機能的なアプリケーションロードマップアドバイザリサービス
クラウドアドバイザリサービス
ライセンスアドバイザリサービス
セキュリティアドバイザリサービス
相互運用性とインテグレーションに関するアドバイザリサービス
監視と確認に関するアドバイザリサービス
リソースへの効果
運用コスト(予算、人員、時間)の大幅な削減
ベンダー主導型ロードマップからの脱却

「組織で3~4年間勤務してきたリミニストリートの顧客と話したところ、私たちが直面したのと同じ課題をすでに乗り越えていました。どの顧客も、独立系サポートへの移行が組織にとって非常に良い決定だったと述べていたので、私も契約することにしました。」

Rick Jankura 氏

最高財務責任者、Jones Packaging

株式会社熊谷組

「リミニストリートのサポートサービスのおかげで、現行バージョンのSAPを今後15年間使い続けることができ、不要なバージョンアップを先延ばしにすることができます。」

鴫原 功 氏 経営企画部 IT企画グループ
GREE

「ホスピタリティに溢れたリミニストリートのエンジニアは、 ソリューション検討の知恵袋のようです 」

福田篤史 氏 開発本部 情報システム部
FANCL

「自社がいま置かれた状況を分析し、潜んでいる課題にしっかり目を向けることが重要だと思います。すぐに動くことを躊躇すれば、それは必ず大きなリスクとなって将来にのしかかってきます。」

植松 宣行氏 執行役員 グループITセンター長

SAP製品の保守を
移行しましょう。

詳しくは、弊社までお問い合わせください。

*印はすべて必須項目です。

このウェブサイトは、お使いのブラウザでは完全にサポートされていない最新のウェブ標準を使用して構築されています。 ブラウザのアップデートをご検討ください。

今すぐアップグレード