Search Icon
エネルギー&公益事業

エネルギー&公益事業

エネルギー&公益事業向けの優れたソフトウェアサービスモデルのメリットを実感

IT資産を主要な戦略的優先事項に振り向ける

リミニストリートの独立系第三者サポートにより、エネルギー&公益事業の組織が、年間ソフトウェアサポート費用を50%、総メンテナンスコストを最大90%削減しています。 これにより、マージンを保護し、現在のシステムを最大限に活用し、資本投資や顧客価値向上のためのイノベーション投資に資金を振り向けることができます。

専門家によるエネルギー&公益事業向けのソフトウェアサポートで安定性を確保

エネルギー&公益事業のプロバイダーにとって変動や市場変化の管理は不可欠ですが、基幹ERPソフトウェアのアプリケーションサポートとなると、その不安定な変動は見過ごされがちです。 リミニストリートのサポートサービスでは、お客様の成功を支援する、優れたエンタープライズソフトウェアソリューションモデルを提供します。 ソフトウェアベンダーのサポートと異なり、フルサポートを維持するためにアップグレードを迫られることはなく、インシデントのエスカレーションや遅延も生じません。 リミニストリートは、エネルギー&公益事業の多くの企業に信頼される単一リソースのパートナーとして、統合型のアプリケーション管理サービスとERPサポートを提供します。

エネルギー&公益事業への投資戦略の促進

エネルギー&公益事業の組織は、大きな課題に直面しています。 変化し続ける競争上の脅威や、政府、環境、セキュリティ、安全性に関する規制強化への対応、利益率が低下する中での大きな設備投資の必要性に加え、新しいデジタルテクノロジーへの適応と推進が求められています。 現状維持は、選択肢ではありません エネルギー&公益事業の組織は、生き残り、かつ成功するため、リミニストリートの第三者ソフトウェアサポートを活用しています。数百万ドルものERP保守費用を削減でき、より戦略的な取り組みへの投資が可能になっています。 エンタープライズソフトウェアとサポートを最適化することによって、業界の絶え間ない変動と市場変化の中で成功するための主要な優先事項である、デジタルイノベーションに注力できます。

IT予算とERPロードマップのコントロールを取り戻す

リミニストリートは、エネルギー&公益事業のエンタープライズアプリケーションおよびデータベース向けのソフトウェアベンダーサポートに代わるもので、大幅に年間コストを削減し、明確なビジネス価値とROIが見込める場合の柔軟なアップグレードや新しいプラットフォームへの移行を実現します。 熟練の専門家チームにより、応答性に優れた世界最高クラスのエンタープライズソフトウェアソリューションとアプリケーションサポートを提供します。追加料金なしでカスタマイズされたコードをサポートし、ソフトウェアベンダー主導のロードマップに従うのではなく、お客様のビジネス主導型ロードマップを作製できるよう支援します。

リミニストリートを選ぶ理由

リミニストリートの包括的なサポートソリューションは、グローバルなサポートモデルを活用した、お客様にあわせた統合的なサービスにより、ビジネスの成果を推進します。 既存のエンタープライズソフトウェアから最大限の価値を引き出せるよう支援するというリミニストリートのミッションにより、お客様は$5B以上 削減することができています。

より良いモデル

リミニストリートのプレミアムサポートはベンダーに依存せず、進化し続けるハイブリッドIT環境に最適です。 戦略的なアドバイザリーサービスや、迅速なLegislature-to-Live™による世界各国の税・法規制更新など、付加価値の高いサービスが追加料金なしで提供されます。 専門的な相互運用およびセキュリティのソリューションを利用することで、お客様は既存のソフトウェアリリースを最低15年間使い続けることができます。

より良い人材

リミニストリートサポートサービスでは、プライマリーサポートエンジニア(PSE)を筆頭に、平均15年以上年のIT専門サポート経験を持つ専門家のグローバルネットワークが常時対応に当たります。 お客様の成功に焦点を当てることで、全体で4.9/5.0というお客様満足度評価を得ています。

より良い結果

リミニストリートのエンタープライズソフトウェアソリューションは、ERPシステムの安定性を維持し、システムの稼働時間を最大化し、システム停止を最小限に抑えるのに役立ちます。 ソフトウェアサポートのコストをすぐに削減できるため、ポートフォリオの最新化にIT資金を振り分けることができます。

主なクライアント

GREE

「ホスピタリティに溢れたリミニストリートのエンジニアは、 ソリューション検討の知恵袋のようです 」

福田篤史 氏 開発本部 情報システム部
FANCL

「自社がいま置かれた状況を分析し、潜んでいる課題にしっかり目を向けることが重要だと思います。すぐに動くことを躊躇すれば、それは必ず大きなリスクとなって将来にのしかかってきます。」

植松 宣行氏 執行役員 グループITセンター長
Ushio

「攻めのIT実現に向け 守りのIT も強化しています。その成果としてERPの移行を自社の判断とタイミングで 行えるようになり、ROIの最大化が可能になりました。 」

須山正隆 氏 経営統括本部 IT戦略部門 部門長

今すぐ始めましょう

詳しくは、弊社までお問い合わせください。

*印はすべて必須項目です。

このウェブサイトは、お使いのブラウザでは完全にサポートされていない最新のウェブ標準を使用して構築されています。 ブラウザのアップデートをご検討ください。

今すぐアップグレード