Search Icon

SAP ECC 6.0のROIを最大化することを目的に、基幹システム刷新の意思決定を戦略的に先送り

「攻めのIT実現に向け 守りのIT も強化しています。その成果としてERPの移行を自社の判断とタイミングで 行えるようになり、ROIの最大化が可能になりました。 」
須山正隆 氏経営統括本部 IT戦略部門 部門長
ウシオ電機株式会社

課題

ウシオ電機は、1964年の創業以来、ハロゲンランプや放電ランプ、さらにはそれらを組み込んだ光ユ ニットや光応用装置に至るまで、「光」のイノベーションカンパニーとして様々な産業分野に向けた高 品質な光関連製品を提供し続けています。最近では、有人環境下でも使用できるウイルス抑制・除菌 用紫外線照射技術「Care222®」を開発し、各方面からの大きな注目を集めています。

同社において、事業戦略に則ったITの企画・運用を担っているのが「IT戦略部門」です。営業やカスタ マーサポートを支援するツールや、RPAツールの導入、また基幹システムの運用・保守まで、経営計画 の実現に向けた多くのプロジェクトに取り組んでいる他、工場の自動化をはじめ、PDM、CAD、EDIと いった技術部門や生産部門が利用するツールの導入・運用にも関わっています。

そして、このように全社にわたるインフラを統括的に管理するIT戦略部門が最重要視しているのが、 経営計画の達成をシステムで支える「攻めのIT」の推進です。ウシオ電機では、デジタルトランスフォー メーション(DX)という言葉が現在のように頻繁に使われる以前より、経営にITで貢献する取り組みに 注力し、経営戦略と同期したIT戦略を推し進めてきました。

しかし一方で、ビジネスに優位性を生み出すための攻めのITには多くのコストと人的リソースがかかる ため、既存システムの運用を自動化したり、工数や予算を削減したりといった「守りのIT」への取り組み も必要不可欠となっています。

リミニストリートのソリューション

ウシオ電機では、およそ4ヶ月間の移行期間を経て、2019年1月からリミニストリートの第三者保守サー ビスに完全に切り替えました。またAWSへの移行も併せ同社では、基幹システムにかかる運用費、償 却費、保守費などを合わせたコストを全体で半分まで削減することができました。

さらに、リミニストリートと契約すると、専任サポートエンジニア(PSE:Primary Support Engineer) がアサインされ、すべての問い合わせの窓口として対応を行いますが、このPSEに対しても「レスポンス が非常に良く、スピードも早い上、当社からの過去の問い合わせ内容を理解した上で的確に対応して くれる。まさに保守のプロフェッショナルによる安心できるサポートだ」と高い評価をいただいています。

効果

  • 保守費用を半減:基幹システムの保守費等の コストを総額で半分まで削減することが可能 になりました。さらにAWSクラウドへ移行した ことで、5年単位の基盤更改からも解放されました。
  • プロフェッショナルなサポート:問い合わせ に対するレスポンスの良さに加え、過去の問い 合わせ内容を理解したプロフェッショナルに よる、的確で迅速な回答が得られるようになりました。
  • 自社主導によるシステム刷新:基幹システム の刷新を、将来のビジネスを見据えた自社の 判断とタイミングで行えるようになりました。 その結果、ROIを最大化することも可能になりました。
クライアントプロフィール
1964年設立。紫外から可視、赤外域にわたるランプやレーザー、LEDなどの各種光源、および、それらを組み込んだ光学・映像装置を製造販売しています。半導体、フラットパネルディスプレイ、電子部品製造などのエレクトロニクス分野や、デジタルプロジェクターや照明などのビジュアルイメージング分野で高シェア製品を数多く有しており、近年は医療や環境などのライフサイエンス分野にも事業展開しています
業種
光応用製品事業ならびに産業機械およびその他事業
地域
東京都千代田区
社員数
1,559名(2020年3月末)

今すぐ始めましょう

詳細については、弊社までお問い合わせください。

このウェブサイトは、お使いのブラウザでは完全にサポートされていない最新のウェブ標準を使用して構築されています。 ブラウザのアップデートをご検討ください。

今すぐアップグレード