Search Icon

関連資料ライブラリ

検索条件に合う資料が見つかりませんでした。 検索条件をリセット
2021年CFOピアインサイト: デジタルトランスフォーメーションとIT支出の優先事項
リサーチレポート
2021年CFOピアインサイト: デジタルトランスフォーメーションとIT支出の優先事項

混乱の時代にあっても、イノベーションを推進し自社の未来に積極的に投資する企業は、一線を画す存在として頭角を現します。 世界的なパンデミックや経済と政治の不安などが生じた2020年のビジネス情勢を乗り切るために、CFOはどのようにして変化を主導してきたのでしょう。 混乱に対処する上で、テクノロジーはどのような役割を果たし、どのような優先度で扱われていますか。 誰がITのROIを追跡していますか。 CFOはCIOとどのようなデジタルトランスフォーメーションのパートナーシップを築いていますか。 それらすべては、2021年度のIT支出の優先度にどのような影響を与えていますか。 Dimensional Researchによる最近のレポートで、グローバルCFO調査の結果が明らかになり、次のような質問に関するインサイトが提供されています。 CFOの何割(%)が、取締役会を説得する必要があったとしても、大きなROIを見込めるデジタルトランスフォーメーションのプロジェクトの資金を確保する方法を見出そうとしていますか。 CFOの何割(%)が、結果を生み出さないプロジェクトに限りあるIT資金を使いたくないと考えていますか。 CFOは、CIOにどのようなITの取り組みの強化を期待していますか。 2020年に一部のCFOとCIOの関係が強まった(または悪化した)のはなぜですか。 CFOは資金削減に対してどのような本音を抱いていますか。 (驚くべき結果が示されています。) この調査では、ビジネス価値の高いIT投資を最優先し、CFOとCIOのパートナーシップを強化し、2021年度の資金配分を行いながら、デジタルトランスフォーメーションを促進し続けるための、CFOとCIOの両方を対象とした知見や推奨事項について知ることができます。 今すぐレポートをダウンロードして、貴社の状況や、CFOのデジタルトランスフォーメーションにおける貴社の進捗について評価しましょう。

SAPの未来をナビゲート
アナリストリサーチ
SAPの未来をナビゲート

ITリーダーはどのようにイノベーションを加速させ、今後のSAPロードマップ戦略を構築しているでしょうか? IDGが実施したSAPライセンシーのグローバル調査では、ライセンシーが現在の課題にどのように対応し、長期的なSAPロードマップを計画しているかについて、驚くべき調査結果が明らかになっています。 調査の対象となったのは、多くの業界を代表する世界中のSAP管理者、アーキテクト、リーダー、シニアITマネージャなどです。 このレポートでは、調査データと分析を5つの主要な点にまとめ、以下の質問に答えています。 現在のSAP ECCシステムはライセンシーのビジネスニーズを満たしているか? ライセンシーがSAPロードマップを最大化するために焦点を当てている主な要素は何か? パンデミックはIT予算とイノベーションの需要にどのような影響を与えたか? 現在のSAPへの投資を最適化するための戦略として第三者保守サポートを検討しているライセンシーが主に重視しているのは何か?

Oracleユーザー調査結果から見る第3者保守サービスの可能性
オンラインセミナー
Oracleユーザー調査結果から見る第3者保守サービスの可能性

今後の経済の不確実性とビジネス上の要求により、ITチームは今日、組織のために重大な決断を迫られています。 Oracle EBS 12.3のリリース予定はない一方で12.1は2021年12月にSustaining Supportに移行するため、ユーザーはロードマップについて深刻な問題に直面しています。 また、Oracle Databaseは伝統的なマーケットリーダーですが、変化が起きています。 Gartner社は、「2022年までに、新しい社内アプリケーションの70%以上が、オープンソースのデータベース管理システム(OSDBMS)またはOSDBMSベースのデータベースPaaS(dbPaaS)で開発されるだろう」と予測しています※ 。現在、データベースおよびその保守サポートには、様々な選択肢が利用可能です。これらの選択肢は、貴社の状況に合わせて考慮していく必要があることをご存じでしょうか。 本オンラインセミナーでは、Oracle EBSとOracle Databaseの両ユーザーを対象としたアンケート調査の結果と考察をご紹介します。今後直面するであろう課題をご理解いただき、DXへの取り組みを進めたい企業様の意志決定にお役立てください。 ※Gartner Research: State of the Open-Source DBMS Market, 2019, 17 October 2019 こちらのオンラインセミナーは、2部構成になっております。 14:30-15:00 (Oracle EBSのユーザー調査結果および質疑応答) 15:00-15:30 (Oracle Databaseユーザー調査結果および質疑応答) Oracle EBS/Oracle Databaseをお使いのユーザー企業様で、以下に該当する方 1. 導入企業の管理、運用責任者、担当者 2. IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者 3. 経営企画/事業企画部門責任者、担当者 4. 導入企業の購買部門責任者、担当者 5. IT コストの削減を検討している責任者、担当者 ※弊社と競合する企業の方のお申込みはお断りしております。 ※フリーアドレスでの登録はご遠慮いただいております。 お問い合わせ: オンラインセミナーに関するご質問、および別途、弊社サービスの詳しい説明をご希望のお客様は、ぜひ以下お問い合わせ先までご連絡ください。 個別相談もご調整いたしますので、お気軽にお問合せください。 日本リミニストリート株式会社 オンラインセミナー事務局 電子メール:[email protected] 電話:03-5326-3461  

エンタープライズ ソフトウェアサポートの コスト削減において 調達部門が担う大きな役割
ホワイトペーパー
エンタープライズ ソフトウェアサポートの コスト削減において 調達部門が担う大きな役割

エンタープライズソフトウェアのお客様および業界アナリストは、サポートおよび保守費 用が管理できていないということで意見が一致しています。実際、ProcureConの調査に よると、調達担当者の87%はソフトウェアの保守費用は高すぎると述べています。1 ITの担 当者も同意見です。

アフターコロナのIT投資、今までの方針でいいですか?
オンラインセミナー
アフターコロナのIT投資、今までの方針でいいですか?

新型コロナウィルス感染症は、個人の生活様式を変えただけではなく、企業の勢力図を塗り替えてしまうインパクトを持っています。

COVID-19に負けるな、製造業の積極的IT投資のために
オンラインセミナー
COVID-19に負けるな、製造業の積極的IT投資のために

COVID-19 の影響は、リーマンショック以上となり、その影響により国内外を問わず内需外需ともに総崩れの厳しい状況となっています。

Oracle Database セキュリティパッチに隠れたコスト – 今からできるコスト削減の対策とは
オンラインセミナー
Oracle Database セキュリティパッチに隠れたコスト – 今からできるコスト削減の対策とは

企業のデータベースを運用管理するうえで、セキュリティの維持は欠かせません。しかし、そのための膨らむコストに悩むユーザーも多いことでしょう。

Oracle EBSソフトウェアのサポートを 最大限活用するために
ホワイトペーパー
Oracle EBSソフトウェアのサポートを 最大限活用するために

堅牢性が高く実績のあるOracle® E-Business Suite(EBS)ソフトウェアアプリ ケーションは、日々数十万件ものトランザクションを正常に処理しています。

Oracle Databaseの経費削減において調達部門が担う大きな役割
ホワイトペーパー
Oracle Databaseの経費削減において調達部門が担う大きな役割

エンタープライズソフトウェアのお客様および業界アナリストは、サポートおよび保守費 用が管理できていないということで意見が一致しています。実際、ProcureConの調査に よると、調達担当者の87%はソフトウェアの保守費用は高すぎると述べています。1 ITの担 当者も同意見です。

このウェブサイトは、お使いのブラウザでは完全にサポートされていない最新のウェブ標準を使用して構築されています。 ブラウザのアップデートをご検討ください。

今すぐアップグレード