Search Icon

関連資料ライブラリ

検索条件に合う資料が見つかりませんでした。 検索条件をリセット
熊谷組、第三者保守のメリットを生かし、企業成長に貢献へ
ビデオ
熊谷組、第三者保守のメリットを生かし、企業成長に貢献へ

熊谷組のIT責任者である鴫原氏が、リミニストリートのSAP向け保守サポートへの切り替えによって、年間エンタープライズソフトウェアサポート料金の50%削減にどのように役立ったかについて説明しています。

Rimini Street: 私たちは サポートを提供します
ビデオ
Rimini Street: 私たちは サポートを提供します

他社が提供するのは ソフトウェア. 私たちは サポートを提供します.

競争優位性と成長を支えるための第3者保守サービスの活用方法~エンタープライズソフトの保守費用を最大90%削減~
オンラインセミナー
競争優位性と成長を支えるための第3者保守サービスの活用方法~エンタープライズソフトの保守費用を最大90%削減~

このオンラインセミナーでは、アップグレードや移行を求められるベンダーのスケジュールに合わせたIT計画から離れ、コストを削減する選択肢をご紹介し、また、自社のビジネス目標に基づいた選択肢を追求する重要性を、事例をもとに説明します。

IDG調査レポート:ERPの未来をナビゲート
リサーチレポート
IDG調査レポート:ERPの未来をナビゲート

SAP のクライアントは岐路に立たされている: 今、イノベーションをとるか、あるいはS/4HANAにすべてを賭けるか。 SAP ECC6 ERPスイートのメインストリーム保守の終了は2027年に予定されています。 そして、SAPは明らかに新しいS / 4HANAプラットフォームに顧客基盤全体を移行しようとしていますが、SAPが今がその時だと言っているからといって、多くの顧客が移行を余儀なくされることはないでしょう。 新しいIDGグローバル調査では、調査したSAP顧客の85%が、ECC6のメインストリーム保守サポートの差し迫った締め切りにもかかわらず、2025年以降まで既存のSAPアプリケーションの実行を継続する計画を立てていると報告しています。 この調査では、これらのSAPのお客様は現在のERP環境に満足しているものの、SAPがこれらのシステムに提供しているイノベーションや機能強化はほとんどないため、停滞も懸念していると報告しています。 では、SAPのお客様は、S / 4HANAに今すぐ移行せずに、イノベーションを起こし、競争し、停滞を回避するにはどうすればよいでしょうか。IDGの新しいMarket Pulseレポート「ERPの未来をナビゲート」では、この問いを分析し、グローバルな調査結果を詳しく説明しています。 * 2020年2月4日、SAPは2027年までのSAP Business Suite 7のメインストリームサポートを発表しました。

Oracle ERP とOracle Cloud 実際のコストとリスク
Eブック
Oracle ERP とOracle Cloud 実際のコストとリスク

今日、さまざまな企業の CIO が、厳しい経済状況においてもビジネスを継続して成長させ るための新たな方法を模索しています。そして、多くの場合、予算とリソースは固定(場合 によっては削減)されています。

リサーチレポート:ビジネス主導型ロードマップが必要な理由
リサーチレポート
リサーチレポート:ビジネス主導型ロードマップが必要な理由

CIO の多くは、CEO から抜本的な構想の改革に取り組むよう求められているにもかかわらず、そのために必要な予算とリソースを新しく確保できているCIOはごくわずかです。 確保できないCIOは、コストがかかるERPベンダーのロードマップに忠実であるべきというプレッシャーや、保守やクラウド移行、もしくは一見したところベンダーサポートを失うリスクを回避するだめだけに、うまくリソースを配分していかなければいけないと感じています。 しかし、ベンダー主導型ロードマップからビジネス主導型ロードマップへ意識的に移行し、IT支出をビジネス目標、優先順位、タイミングと連携させれば、 以下のことが可能になります; キャパシティを拡大するための予算と人員の最適化:設定したビジネス目標を正しくサポートし、組織のリソースを効率的に配置する イノベーションを加速:ビジネス戦略を可能にするための最新のITツールや機能を採用し、拡大したキャパシティを活用する 将来性のある組織:ビジネス目的を果たすために現在のアセットの価値と寿命をマキシマイズする 本リサーチレポートでは、ビジネス主導型ロードマップの11の属性と、御社のITの選択肢をコントロールしていくためのポイントをご紹介しています。

IT に革新をもたらすビジネス主導型のロードマップ
インフォグラフィック
IT に革新をもたらすビジネス主導型のロードマップ

IT の道には分岐点があります。一方の先には ERP ベンダーの収益に焦点を当てた高コスト化/価値の低下につながる道があり、もう一方の先には自社のビジネスの成功に焦点を当てた低コスト化/価値の向上につながる道があります。どちらの道を進みますか? このインフォグラフィックには、2 つの選択肢の明確な違いが描かれています。ベンダー主導型ロードマップには、強く求められる移行、価値の低いアップグレード、未成熟なクラウド製品、高いサポート費用などが付き物であることが少なくありません。一方、ビジネス主導型ロードマップは、戦略的投資、ビジネス目標、リスクの削減、デジタル変革などビジネスの目標に向かって進むことができます。どちらを選ぶべきかは明白です。 すでにベンダー主導型ロードマップに従っているなら、方向転換をしましょう。企業内のすべての役割にとって、ビジネス主導型IT ロードマップに従うことが成功への道です。

ホワイトペーパー:ビジネス主導型ロードマップで 成果を上げていますか
ホワイトペーパー
ホワイトペーパー:ビジネス主導型ロードマップで 成果を上げていますか

過去20年ほど、ITビジネスはトランザクションの効率化とコストの最適化に重点を置いてきました。しかし、現在は、ビジネスの優先事項はイノベーションと成長へと変化しました。 ベンダー主導型のアプリケーションロードマップから離れ、エンタープライズアプリケーションのイニシアチブがビジネスの目標と目的をサポートするようにすることで、これらの優先事項を達成し、企業の成長を加速させましょう。 そのような優先事項を達成できる企業の能力を促進して、エンタープライズアプリケーションのイニシアチブで、ビジネスの目的と目標を確実に進められるようにしてください。 このホワイトペーパーでは、テクノロジー主導のロードマップから解放される必要性を示す明らかな証拠をご紹介いたします。 また、ベンダー主導型ロードマップのタイミングや優先順位に縛られることのないビジネス主導型ロードマップが、御社にどのような具体的な変化をもたらすかご説明いたします。

Oracle EBS ユーザー事例: 新たな成長やイノベーションへの投資を実現
Eブック
Oracle EBS ユーザー事例: 新たな成長やイノベーションへの投資を実現

現在、多くのCEOは、組織内のプログラムや人材を縮小することなくビ ジネスの成長に投資するための新たな方法を模索しています。

このウェブサイトは、お使いのブラウザでは完全にサポートされていない最新のウェブ標準を使用して構築されています。 ブラウザのアップデートをご検討ください。

今すぐアップグレード