Search Icon
政府機関

政府機関

多くの政府機関がリミニストリートのエンタープライズソフトウェアサポートを選択しています

政府機関を強力にサポートし、市民のニーズに的確に対応

公共セクターや政府機関は、限られた予算や、市民のニーズへの対応の最適化という課題を抱えています。 サーバーセキュリティのリスクや目まぐるしく変化する納税者の要望といった新たな課題に取り組むには、現状維は選択肢になりません。 リミニストリートのサポートサービスは、州政府や地方自治体が現在のERPシステムの価値を最大限に引き出し、デジタルトランスフォーメーションに資金と人材を振り向けられるよう支援します。

政府機関のソフトウェア予算の最適化により、市民への対応を向上

政府機関はすべての納税者の支出を精査し、コストの最適化が特に重要であることを認識しています。 エンタープライズソフトウェアのメンテナンスなど、大規模なIT支出を大幅に削減することによって、数百万ドルもの費用を新しいデジタル構想や、コンプライアンス、セキュリティに関する取り組みに活用し、変化する市民のニーズに対応できるようになります。 リミニストリートのお客様は、年間ソフトウェアサポート費用を50%、総メンテナンスコストを最大90%削減しています。 これまでに$5B以上 の削減を実現しました。

政府機関の中核システムを最新化し、市民や経済へのインパクトを最大化

市民は、政府機関とのやり取りを、都合のよい時間や場所でデジタルに行えるようになることを望んでいます。 テクノロジーの急速な変化により、政府機関は、公共サービスをどのように最新化できるか調査することを求められています。 基幹エンタープライズソフトウェアシステムの「最先端イノベーション」により、新たなクラウドとデジタル技術を備えたハイブリッドITを実装することは、イノベーションを実際に促進し、既存の投資から価値を最大に引き出すための一般的な戦略の1つです。 リミニストリートの政府機関のお客様は、費用対効果の高い安定したコアプラットフォームを使用することで、安心感を得ています。さらに、リミニストリートの独立系第三者サポートによって節約した資金を、モバイル、ビッグデータ、分析、ソーシャル、クラウドのコンポーネントといった新しいテクノロジーをハイブリッド環境に導入するために活用しています。

政府機関でクラウド移行の資金を確保

AI、ブロックチェーン、クラウドなどの新しいテクノロジーは、政務や市民とのやり取りにますます不可欠なものとなっています。 クラウド/SaaSモデルへの移行を考えている政府機関は、資金調達という障害に直面しています。 リミニストリートのエンタープライスソフトウェアソリューションでは、資金とリソースを節減することで、重要な公共サービスを迅速に提供するためのクラウド化に活用することができます。

リミニストリートを選ぶ理由

リミニストリートは州政府や地方自治体に信頼されるパートナーとして、固有のニーズを満たすための深い知識を提供します。 単一プロバイダーモデルによって提供される、エンジニア主導の統合型ソフトウェアサポートサービスによって、州政府および地方自治体は数百万ドルもの費用を節約し、IT予算をイノベーションや成長を推進する取り組みに活用できるようになります。

より良いモデル

リミニストリートのエンタープライズソフトウェアソリューションは包括的かつ統合型であり、ベンダーサポートでありがちなエスカレーションや遅延はありません。 カスタマイズされたコードのサポートや税・法規制の更新など、付加価値の高いサービスを追加コストなしで提供しています。

より良い人材

リミニストリートサポートサービスでは、プライマリーサポートエンジニア(PSE)を筆頭に、平均15年以上年のIT専門サポート経験を持つ専門家のグローバルネットワークが常時対応に当たります。 ソフトウェアベンダーサポートとは異なり、リミニストリートのサポートはニーズに合わせてパーソナライズされ、重大な問題については10分以内の応答が保証されています。

より良い結果

政府機関にとって、予算は少しも無駄にできません。 リミニストリートでは、公共セクターがERPサポートコストを節約し、IT投資から価値を最大限に引き出し、高額のソフトウェアアップグレードを回避できるよう支援します。 節約できた費用とITリソースを、市民のニーズを満たすためのイノベーションや運用改善に活用できます。

主なクライアント

GREE

「ホスピタリティに溢れたリミニストリートのエンジニアは、 ソリューション検討の知恵袋のようです 」

福田篤史 氏 開発本部 情報システム部
FANCL

「自社がいま置かれた状況を分析し、潜んでいる課題にしっかり目を向けることが重要だと思います。すぐに動くことを躊躇すれば、それは必ず大きなリスクとなって将来にのしかかってきます。」

植松 宣行氏 執行役員 グループITセンター長
Ushio

「攻めのIT実現に向け 守りのIT も強化しています。その成果としてERPの移行を自社の判断とタイミングで 行えるようになり、ROIの最大化が可能になりました。 」

須山正隆 氏 経営統括本部 IT戦略部門 部門長

今すぐ始めましょう

詳しくは、弊社までお問い合わせください。

*印はすべて必須項目です。

このウェブサイトは、お使いのブラウザでは完全にサポートされていない最新のウェブ標準を使用して構築されています。 ブラウザのアップデートをご検討ください。

今すぐアップグレード