検索条件に合う資料が見つかりませんでした。 検索条件をリセット
Oracleライセンスの最適化とOracle ロードマップの展望
オンラインセミナー
Oracleライセンスの最適化とOracle ロードマップの展望

「Oracle Databaseの運用保守コストを削減したい」「保守料金が毎年上乗せされていくため、コスト面でも不満を抱えている」「でも、他に検討できる選択肢がないし、現状を受け入れざるを得ない」等々、リミニストリートはこれまで多くのお客様からご相談をいただいてきました。 そこで、Oracle ロードマップを踏まえながら、どのようにOracleライセンスの最適化を行うべきなのか、Oracle EBSとOracle Databaseサポートに関する調査結果を踏まえながら、アップグレードプランとその価値やCloud移行への対応などを解説いたします。 ぜひご参加いただき、削減したコストをデジタルトランスフォーメーション(DX)促進など様々な課題にお役立てください 講演者 : 日本リミニストリート株式会社 サービスソリューションアーキテクト 野嵜 功 対象: Oracle EBSやOracle Databaseをお使いのユーザー企業様で、以下に該当する方 導入企業の管理、運用責任者、担当者 IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者 経営企画/事業企画部門責任者、担当者 導入企業の購買部門責任者、担当者 ※弊社と競合する企業の方のお申込みはお断りしております。 ※フリーメールアドレスでは、ご登録いただけません。あらかじめご了承ください。

スマートな方法を選択する: リミニストリートの エンタープライズソフトウェア サービスのROI分析
リサーチレポート
スマートな方法を選択する: リミニストリートの エンタープライズソフトウェア サービスのROI分析

エンタープライズソフトウェアの統合型サポートモデルに移行することをお考えのライセンシーの 皆様のために、Valoir社がリミニストリートのサポートの価値をレビューし、検証しました。その結 果、以下の分野で大きな価値をもたらすことが実証されました。 • リソースの最適化: 調査や根本原因の分析、ノートやパッチの適用、回帰テスト、問題や優先 度の明確化、エスカレーション、ソフトウェアベンダーのサポートモデルの非効率に対処する ためのリソースと人員を削減。 • ロードマップの柔軟性: サポート期間終了後もベンダーのフルサポートを維持するためだけ に強制的なアップグレードをし、更新などを行うコストの削減ができます。また、事業の成長 を促進するテクノロジーに投資するために利用できる資金を、明確なビジネスケースやROIの ない中、独自のクラウドプラットフォームに移行するために資金を投資するよう迫られるプ レッシャーも回避できます。 • 包括的なサービス: 標準のベンダーサポートモデルではカバーされないカスタムコードでの 問題が発生した際に、経験豊富なエンジニアが対応をします。また、障害/修正サポート、税・ 法改正対応、アドバイザリーサービスおよびプロフェッショナルサービスも併せて利用するこ とができます。

IT技術者の 人材不足を解消する
Eブック
IT技術者の 人材不足を解消する

ITスキルギャップと世界的な技術者不足 の深刻化は現実です。 どちらも以前から生じている問題であり、ITプロジェクトの推進とビ ジネス目標の達成を阻む障害になっています。 世界中のあらゆる業種、あらゆる規模の企業がその影響を受けて います。単純にIT人材が足りないのです。そのため、組織の持つITス キルと必要なITスキルの間に深刻な不均衡が生じています。

2022年は決断の年 SAP そのECCのアップグレード、御社のイノベーションに貢献しますか?
オンラインセミナー
2022年は決断の年 SAP そのECCのアップグレード、御社のイノベーションに貢献しますか?

2022年を迎え、2025年まで3年となりました。未だ、2025年のSAP保守切れ問題に頭を悩ませている企業が多いのが実情です。 S4/HANAへのアップグレードは、人・金・時間の面で莫大な投資が必要です。そのため、最終的な意思決定をするには、もう少し時間が必要なのかもしれません。 しかし、様々な要素を考慮すると2025年まで、まだ3年あるのではなく、もう3年しかないと考えるべきです。S4/HANAへのアップグレードするかどうか2022年はSAPユーザにとって決断の年なのです。 日本リミニストリートが提供する第三者保守では、次の15年間現行ECCのサポートが受けることができ、その間に御社に最適なオプションを立案・選択することができます。 不要なアップグレードを回避することによってDXやイノベーションに活用できる人・金・時間を生み出しませんか? なぜ2022年が決断の年なのか、S4/HANAへのアップグレード、そして第三者保守の詳細について、是非オンラインセミナー(オンデマンド)でご確認ください。 講演者: 日本リミニストリート株式会社 代表取締役社長 脇阪 順雄

ERP統合プロジェクトを 促進する4つのクイックウィン
Eブック
ERP統合プロジェクトを 促進する4つのクイックウィン

Gartner® 社のレポートは、「複数のERPを統合すればコスト削減 と標準化を実現できるが、実行するのは難しい」と指摘してい ます。テクノロジーフットプリントを削減することで、企業はコス トとプロセスの効率化を図ることができます。

2022年はSAPユーザにとって決断の年!   様々なオプションで、自分たちのDXを実現する
オンラインセミナー
2022年はSAPユーザにとって決断の年! 様々なオプションで、自分たちのDXを実現する

2022年は、SAPユーザにとって決断の年です。 早期に決断することで十分なDX資金を調達し、イノベーションに必要なリソースを確保する秘訣、お話しします! 概要: 貴社がDX推進をしていく上で、本当にDXにフォーカスできていますか? リソースを必要なプロジェクトに割り当てられていますか? 十分なIT予算を保守サービスではなく、DXなどのイノベーションに確保できていますか? 本オンラインセミナーでは、SAPユーザとして知っておくべき「大規模アップグレードの必要性」や「効果的な費用削減アプローチ」、「リミニストリートを利用した場合の戦略上のメリット」を中心に、ITロードマップに沿って2022年の今やるべき事にフォーカスして解説いたします。 本オンラインセミナーが、少しでも貴社の2025年問題に取り掛かる第一歩になれば幸いです。ぜひご参加ください。 講演者 : 日本リミニストリート株式会社 サービスソリューションアーキテクト 韓 問一 (ハン ウオンイ)

2022年 SAPユーザ企業の取るべき戦略と選択 ITロードマップを的確に選択し、DX推進を加速!
オンラインセミナー
2022年 SAPユーザ企業の取るべき戦略と選択 ITロードマップを的確に選択し、DX推進を加速!

SAP ERPの保守サポート終了までの自社のITロードマップはできていますか? サポート終了が2025年から2027年に延期されても、企業のDXを推進する必要性には変更はありません。 「多くの技術的課題の解決、保守・運用、セキュリティ対策などでリソースを割かねばならず、DX推進のためのコストとリソースを十分に確保することができない」といった問題を抱えている企業もめずらしくありません。 2022年は決断の年です!サポートが保守切れになってしまう前に、今企業がやるべきことは何でしょうか。ITロードマップを見ながら詳しく解説します。 本オンラインセミナーが、少しでも皆様の2022年以降のIT投資やDX推進の手がかりになれば幸いです。 実際に導入いただきましたお客様の活用事例もご紹介させていただきますので、ぜひご参加ください。 講演者 : 日本リミニストリート株式会社 サービスソリューションアーキテクト 韓 問一 (ハン ウオンイ)

多くのSAPユーザ事例分析からそのインサイトを明らかにする! 大規模アップグレードよりも戦略投資を
オンラインセミナー
多くのSAPユーザ事例分析からそのインサイトを明らかにする! 大規模アップグレードよりも戦略投資を

今日、慎重なSAP戦略が求められています。 大規模アップグレードをしなくても、現状維持の選択肢があることをご存じですか? 効果的な費用削減方法を中心に、お客様のリミニストリート活用事例をご紹介しながら、常識を覆す新たな選択肢である「第三者保守サービス」をご提案いたします。 概要: 今、企業が本当にIT投資をしなければいけない領域はどこでしょうか。 “攻め”のビジネスに直結するDX領域に素早く投資すれことができれば、さまざまなプロジェクトを遂行でき、相当の効果が期待できます。そのためには、基幹業務システムはしばらく現状のままで、できるだけコストをかけずに運用したいというのが本音ではないでしょうか。 本オンラインセミナーでは、SAPユーザとしての効果的な費用削減のアプローチとして、常識を覆す新たな選択肢である「第三者保守サービス」のご提案をいたします。 また、お客様のリミニストリート活用事例をご紹介しながら、それらのお客様から得られる学びについてもお話しいたします。 本オンラインセミナーが、少しでも皆様の「IT投資の最適化」と「DX推進」の手がかりになれば幸いです。ぜひご参加ください。 講演者 : 日本リミニストリート株式会社 サービスソリューションアーキテクト 韓 問一 (ハン ウオンイ)

先駆者から学ぶ、今検討すべきSAP戦略  –SAPユーザーだから採れた戦略的な運用コスト最適化-
オンラインセミナー
先駆者から学ぶ、今検討すべきSAP戦略 –SAPユーザーだから採れた戦略的な運用コスト最適化-

多くの日本企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に取り組む中で、様々な課題に直面しています。環境変化に即応するため、企業は経営コストを最適化し経費、特にITコストを削減することが求められています。IT部門における「投資分野」や「危機管理」の優先順位の変化や再投資(DX)、SAP S4/HANA移行が抱える「低い投資対効果」や「年々増加していく運用コストへの不安」など現状直面している課題を踏まえ、新たな選択肢として常識を覆す「第三者保守サービス」の可能性をご提案いたします。 今回、プリント基板市場のリーディングカンパニーである日本シイエムケイ株式会社より、情報システム部古塩様をお迎えして、以下の内容を盛り込んだお客様目線での「生の声」をお届けいたします。 経緯:リミニストリートとの出会い 課題解決:どのように不安を払拭したのか 採用後の感想:実際に使用してみてどうだったか 今後の展望:どのように運用していくかの方向性 本オンラインセミナーが少しでも、皆様の「IT投資の最適化」と「DX推進」の手がかりになれば幸いです。ぜひご参加ください。 講演者 : 日本リミニストリート株式会社 サービスソリューションアーキテクト  韓 問一 (ハン ウオンイ) ※弊社と競合する企業の方のお申込みはお断りしております。 ※フリーメールアドレスでは、ご登録いただけません。あらかじめご了承ください。 お問い合わせ: オンラインセミナーに関するお問い合わせ、および別途、弊社サービスの詳しい説明をご希望のお客様は、ぜひ以下お問い合わせ先までご連絡ください。 個別相談もご調整いたしますので、お気軽にお問合せください。