Search Icon

リミニストリート、2021年度第1四半期の決算を発表

第1四半期の収益:8,790万ドル(前年同期比12.6%増)

売上総利益率:61.5%(前年度61.3%から増)

第1四半期の請求額:8,100万ドル(前年同期比24.2%増)

2021年3月31日現在の顧客数2,550社(前年同期比22.8%増)

 
2021510日、ラスベガス – エンタープライズソフトウェア製品を対象としたサポートサービスを世界的に提供する、OracleおよびSAPソフトウェアの第三者保守サポートの業界リーダーで、SalesforceパートナーであるRimini Street, Inc.(Nasdaq:RMNI)は、本日、2021年3月期第1四半期の決算を発表しました。

「第1四半期は、2026年までに年間収益10億ドルを達成するという当社の戦略的成長計画の達成に向けて、引き続き予定通りに推移しています。収益は過去最高となる8,790万ドルで前年の12.6%増収、顧客数も過去最高の2,550社で前年の22.8%増、当四半期の請求額は24.2%増と好調に推移し、61%以上の売上総利益率を達成することができました」と、リミニストリートの共同設立者、CEO 兼 会長であるSeth A. Ravinは述べています。「サポートからアプリケーション管理、セキュリティ、相互運用性、モニタリング、プロフェッショナルサービスへと範囲がさらに広がったリミニストリートのサポートソリューションに対する世界的な需要の高まりに対応するため、投資を継続して行ってきました。」

「当社は、2021年3月31日時点で過去最高の1億5,300万ドルの現金を有し、貸借対照表をさらに強化しました。また、当四半期の営業キャッシュフローは2,450万ドルとなりました」と、リミニストリートの最高財務責任者のMichael L. Pericaは述べています。「当社は本日、2021年6月30日までの第2四半期の収益に関するガイダンスを発表します。また、2021年通年の収益に関するガイダンスを維持し、営業キャッシュフローの向上とGAAPベースの収益性の向上という長期目標達成への継続的な取り組みをあらためてお約束します。」

2021年第1四半期の財務ハイライト

  • 2021年第1四半期の収益は、前年同期の7,800万ドルから6%増収の8,790万ドル。
  • 2021年第1四半期の年間経常収益は、前年同期の3億1,000万ドルから8%増収の3億4,900万ドル。
  • 2021年3月31日現在の顧客数は、2020年3月31日の2,077社から8%増の2,550社。
  • 2021年3月31日までの12ヶ月の収益維持率は、2020年3月31日までの同期間の92%に対し91%。
  • 2021年第1四半期の売上総利益率は、前年同期の3%に対し61.5%。
  • 2021年第1四半期の営業利益は、前年同期の370万ドルに対し190万ドル。
  • 2021年第1四半期の非GAAPベースの営業利益は、前年同期の890万ドルに対し930万ドル。
  • 2021年第1四半期の純損失は、前年同期の純利益250万ドルに対し360万ドル。
  • 2021年第1四半期の非GAAPベースの純利益は、前年同期の770万ドルに対し850万ドル。
  • 2021年第1四半期の調整後EBITDAは、前年同期の920万ドルに対し1,070万ドル。
  • 2021年第1四半期の普通株主に帰属する一株あたりの当期純損失および潜在株式調整後損失は、前年同期06ドルの純損失に対し0.13ドルの純損失。
  • 2021年3月31日時点での従業員数は、前年比3%増の1,501名。
  • 775万株の当社普通株式の追加公募を完了、当社の手取金は約5,700万ドル。
  • 2021年1月5日、シリーズA優先株の額面1,000万ドルを額面金額の約10%の割引の金額で買い戻しを完了しました。早期償還の買い戻しの支払いは必要ありませんでした。購入した優先株式は消却しました。
  • 2021年4月16日、シリーズA優先株の額面6,000万ドルと、約230万ドルの早期償還の買い戻しを完了し、2021年4月16日時点での発行済みシリーズA優先株の清算価値は約8,700万ドルまで削減されました。購入した優先株式は消却しました。

本プレスリリース記載の非GAAPベースの財務指標を、最も直接的に対応するGAAPベースの財務指標に合わせて調整した数値を本プレスリリース末尾の財務諸表に掲載しています。これらの指標の意義に関する当社の見解と計算方法については、英文リリースの「About Non-GAAP Financial Measures and Certain Key Metrics(非GAAPベースの財務指標と特定の重要指標について)」の項目をご覧ください。

2021年第1四半期の企業活動のハイライト

  • 成長の加速と、当社の目標である2026年までの年間売上高10億ドルの達成のため、新たに3北米地域ゼネラルマネージャーを任命しました。新設されたグローバルオペレーション担当シニア・バイスプレジデントにPhil Cullenが就任したことも発表しました。
  • ベンダーサポートからリミニストリートによるサポートに切り替えたことにより、既存のエンタープライズソフトウェアの寿命とROIを延ばすことに成功した以下を例とする世界中の新しいクライアントを発表しました。
  • ブラジルの大手ショッピングセンター管理会社であるIguatemiが、リミニストリートとのSAPサポート契約を拡大し、SAP向けアプリケーションマネジメントサービス(AMS)も追加されることを発表しました。これにより、同社は、SAP環境に対する統合されたワンプロバイダーアプローチ(一社による提供体制)のメリットを受けることができます。
  • 約10,000件のサポートケースを解決し、36か国、32,000件以上の税務、法律、規制のアップデートを配信しました。サポート提供に対する顧客満足度の平均評価も0ポイント中4.9ポイント(最高点5.0ポイント)を達成しました。
  • Oracle Database調査結果を発表しました。その中で、Oracle Databaseの課題として、ベンダーサポートのコスト、品質、価値が挙げられていますが、リミニストリートのサポートによってそれらの課題が解決されます。
  • 当社が、ニュージーランド政府のマーケットプレイスの公認サプライヤーとなり、各機関がより簡単にリミニストリートのサービスを調達できるようになったことを発表しました。
  • 全米の従業員に優れた人事上の取り組みとコミットメントを提供したことが評価され、「Best and Brightest Companies to Work For®(働く人のための最優秀企業)」のグランド・トロフィーを受賞しました。
  • リミニストリートの革新的なAIサポートアプリケーションが、販売・カスタマーサービスのスティービー®セールス&カスタマーサービスアワードの「Best Use of Technology in Customer Service(カスタマーサービスにおけるテクノロジーの最適利用)」カテゴリーで受賞しました。
  • 世界各地で開催されたCIO、IT、財務担当者向けのカンファレンス(10会場)で講演を行いました。
  • Rimini Street Foundationを通じて、世界中の25以上の慈善団体を支援し、困難な状況にある地域に寄付金、個人用保護具、及び衛生用品を提供しました。

2021年度収益ガイダンス

当社は、2021年度第2四半期の収益予想を8,850万ドルから9,050万ドル、2021年通年の収益予想を3億7,000万ドルから3億8,000万ドルの範囲としています。

ウェブキャストおよびカンファレンスコールによる情報の提供

リミニストリートは、2021年5月10日、東部標準時午後5時、太平洋標準時午後2時より、カンファレンスコールとウェブキャストを実施し、2021年度第1四半期業績および2021年度第2四半期の最新の業績について説明します。本イベントのライブウェブキャストは、リミニストリートのIR(投資家情報)サイト( https://investors.riministreet.com )でご視聴いただけます。カンファレンスコールに参加される場合は、米国またはカナダの800773-2954ダイヤルし、「コード50137607」を入力してください。当該イベント終了後、ウェブキャストの動画を90日間以上公開します。

非GAAPベースの財務指標の使用について

本プレスリリースには、「非GAAPベースの財務指標」が含まれています。非GAAPベースの財務指標は、包括的な会計規則や会計原則に基づくものではありません。この非GAAPベースの情報は補足情報として掲載するものであり、GAAP(一般に認められた米国会計原則)で義務付けられる開示要件に則る業績指標の明示を意図するものではありません。非GAAPベースの財務指標はGAAPに従って算定された財務指標の追加情報とみなすべきものであり、その代替情報またはそれに優先する情報とみなすべきものではありません。本プレスリリースの財務諸表では、GAAPベースの数値を非GAAPベースで調整した数値で掲載しています。また、「About Non-GAAP Financial Measures and Certain Key Metrics(非GAAPベースの財務指標と特定の重要指標について)」の項目で、当社の非GAAPベース財務指標についてご説明しています。 

RIMINI STREET, INC.

Unaudited Condensed Consolidated Balance Sheets

(In thousands, except per share amounts)

ASSETS March 31,
2021
December 31, 2020
Current assets:
Cash and cash equivalents $ 153,163 $ 87,575
Restricted cash 334 334
Accounts receivable, net of allowance of $1,088 and $723, respectively 83,928 117,937
Deferred contract costs, current 13,989 13,918
Prepaid expenses and other 15,746 13,456
Total current assets 267,160 233,220
Long-term assets:
Property and equipment, net of accumulated depreciation and amortization of $11,508 and $10,985, respectively 4,743 4,820
Operating lease right-of-use assets 16,068 17,521
Deferred contract costs, noncurrent 20,511 21,027
Deposits and other 1,453 1,476
Deferred income taxes, net 1,633 1,871
Total assets $ 311,568 $ 279,935
LIABILITIES, REDEEMABLE PREFERRED STOCK AND STOCKHOLDERS’ DEFICIT
Current liabilities:
Accounts payable $ 2,372 $ 3,241
Accrued compensation, benefits and commissions 33,840 38,026
Other accrued liabilities 19,063 21,154
Operating lease liabilities, current 3,806 3,940
Deferred revenue, current 219,453 228,967
Total current liabilities 278,534 295,328
Long-term liabilities:
Deferred revenue, noncurrent 30,544 27,966
Operating lease liabilities, noncurrent 15,023 15,993
Accrued PIK dividends payable 1,051 1,193
Liability for redeemable warrants 6,790 2,122
Other long-term liabilities 2,514 2,539
Total liabilities 334,456 345,141
Redeemable Series A Preferred Stock:
Authorized 180 shares; issued and outstanding 146 shares and 155 as of March 31, 2021 and December 31, 2020, respectively. Liquidation preference of $146,104, net of discount of $14,497 and $154,911, net of discount of $17,057, as of March 31, 2021 and December 31, 2020, respectively 131,607 137,854
Stockholders’ Deficit:
Preferred Stock, $0.0001 par value per share. Authorized 99,820 shares (excluding

180 shares of Series A Preferred Stock); no other series has been designated

Common Stock, $0.0001 par value. Authorized 1,000,000 shares; issued and outstanding 85,140 and 76,406 shares as of March 31, 2021 and December 31, 2020, respectively 9 8
Additional paid-in capital 152,762 98,258
Accumulated other comprehensive loss (2,682) (318)
Accumulated deficit (304,584) (301,008)
Total stockholders’ deficit (154,495) (203,060)
Total liabilities, redeemable preferred stock and stockholders’ deficit $ 311,568 $ 279,935

 

RIMINI STREET, INC.

Unaudited Condensed Consolidated Statements of Operations

(In thousands, except per share amounts)

Three Months Ended
March 31,
2021 2020
Revenue $ 87,895 $ 78,032
Cost of revenue 33,836 30,199
Gross profit 54,059 47,833
Operating expenses:
Sales and marketing 30,383 28,412
General and administrative 16,603 12,001
Impairment charge related operating right of use assets 393
  Litigation costs and related recoveries:
        Professional fees and other costs of litigation 4,763 2,752
        Insurance costs and recoveries, net 921
  Litigation costs and related recoveries, net 4,763 3,673
Total operating expenses 52,142 44,086
Operating income 1,917 3,747
Non-operating income and (expenses):
Interest expense (47) (13)
Loss on change in fair value of redeemable warrants (4,668)
Other income (expenses), net 772 (218)
Income (loss) before income taxes (2,026) 3,516
Income tax expense (1,550) (971)
Net income (loss) $ (3,576) $ 2,545
Net loss attributable to common stockholders $ (9,845) $ (4,085)
Net loss per share attributable to common stockholders:
  Basic and diluted $ (0.13) $ (0.06)
Weighted average number of shares of Common Stock outstanding:
  Basic and diluted 78,733 67,863

 

RIMINI STREET, INC.

GAAP to Non-GAAP Reconciliations

(In thousands)

Three Months Ended
March 31,
2021 2020
Non-GAAP operating income reconciliation:
Operating income $ 1,917 $ 3,747
Non-GAAP adjustments:
Litigation costs and related recoveries, net 4,763 3,673
Stock-based compensation expense 2,233 1,510
Impairment charge related to operating right-of-use assets 393
Non-GAAP operating income $ 9,306 $ 8,930
Non-GAAP net income reconciliation:
Net income (loss) $ (3,576) $ 2,545
Non-GAAP adjustments:
Litigation costs and related recoveries, net 4,763 3,673
Loss on change in fair value of redeemable warrants 4,668
Stock-based compensation expense 2,233 1,510
Impairment charge related to operating right-of-use assets 393
Non-GAAP net income $ 8,481 $ 7,728
Non-GAAP Adjusted EBITDA reconciliation:

 

Net income (loss) $ (3,576) $ 2,545
Non-GAAP adjustments:
Interest expense 47 13
Income tax expense 1,550 971
Depreciation and amortization expense 584 449
EBITDA (1,395) 3,978
Non-GAAP adjustments:
Litigation costs and related recoveries, net 4,763 3,673
Loss on change in fair value of redeemable warrants 4,668
Stock-based compensation expense 2,233 1,510
Impairment charge related to operating right-of-use assets 393
Adjusted EBITDA $ 10,662 $ 9,161
Billings:
Revenue $ 87,895 $ 78,032
Deferred revenue, current and noncurrent, as of the end of the period 249,997 222,654
Deferred revenue, current and noncurrent, as of the beginning of the period 256,933 235,498
Change in deferred revenue (6,936) (12,844)
Billings $ 80,959 $ 65,188

About Non-GAAP Financial Measures and Certain Key Metrics

To provide investors and others with additional information regarding Rimini Street’s results, we have disclosed the following non-GAAP financial measures and certain key metrics. We have described below Active Clients, Annual Recurring Revenue and Revenue Retention Rate, each of which is a key operational metric for our business. In addition, we have disclosed the following non-GAAP financial measures: non-GAAP operating income, non-GAAP net income, EBITDA, adjusted EBITDA and Billings. Rimini Street has provided in the tables above a reconciliation of each non-GAAP financial measure used in this earnings release to the most directly comparable GAAP financial measure. Due to a valuation allowance for our deferred tax assets, there were no tax effects associated with any of our non-GAAP adjustments. These non-GAAP financial measures are also described below.

The primary purpose of using non-GAAP measures is to provide supplemental information that management believes may prove useful to investors and to enable investors to evaluate our results in the same way management does. We also present the non-GAAP financial measures because we believe they assist investors in comparing our performance across reporting periods on a consistent basis, as well as comparing our results against the results of other companies, by excluding items that we do not believe are indicative of our core operating performance. Specifically, management uses these non-GAAP measures as measures of operating performance; to prepare our annual operating budget; to allocate resources to enhance the financial performance of our business; to evaluate the effectiveness of our business strategies; to provide consistency and comparability with past financial performance; to facilitate a comparison of our results with those of other companies, many of which use similar non-GAAP financial measures to supplement their GAAP results; and in communications with our board of directors concerning our financial performance. Investors should be aware however, that not all companies define these non-GAAP measures consistently.

Billings represents the change in deferred revenue for the current period plus revenue for the current period.

Active Client is a distinct entity that purchases our services to support a specific product, including a company, an educational or government institution, or a business unit of a company. For example, we count as two separate active clients when support for two different products is being provided to the same entity. We believe that our ability to expand our active clients is an indicator of the growth of our business, the success of our sales and marketing activities, and the value that our services bring to our clients.

Annual Recurring Revenue is the amount of subscription revenue recognized during a fiscal quarter and multiplied by four. This gives us an indication of the revenue that can be earned in the following 12-month period from our existing client base assuming no cancellations or price changes occur during that period. Subscription revenue excludes any non-recurring revenue, which has been insignificant to date.

Revenue Retention Rate is the actual subscription revenue (dollar-based) recognized over a 12-month period from customers that were clients on the day prior to the start of such 12-month period, divided by our Annual Recurring Revenue as of the day prior to the start of the 12-month period.

Non-GAAP Operating Income is operating income adjusted to exclude: litigation costs and related recoveries, net, stock-based compensation expense and impairment charge related to operating right-of-use assets. The exclusions are discussed in further detail below.

Non-GAAP Net Income is net income adjusted to exclude: litigation costs and related recoveries, net, loss on change in fair value of redeemable warrants, stock-based compensation expense and impairment charge related to operating right-of-use assets. These exclusions are discussed in further detail below.

Specifically, management is excluding the following items from its non-GAAP financial measures, as applicable, for the periods presented:

Litigation Costs and Related Recoveries, Net: Litigation costs and the associated insurance and appeal recoveries relate to outside costs of litigation activities. These costs and recoveries reflect the ongoing litigation we are involved with, and do not relate to the day-to-day operations or our core business of serving our clients.

Loss on Change in Fair Value of Redeemable Warrants: We have determined to exclude the gains and losses on redeemable warrants related to the change in fair value of these instruments given the financial nature of this fair value requirement. We are not able to manage these amounts as part of our business operations nor are the costs core to servicing our clients and have excluded them.

Stock-Based Compensation Expense: Our compensation strategy includes the use of stock-based compensation to attract and retain employees. This strategy is principally aimed at aligning the employee interests with those of our stockholders and to achieve long-term employee retention, rather than to motivate or reward operational performance for any particular period. As a result, stock-based compensation expense varies for reasons that are generally unrelated to operational decisions and performance in any particular period.

Impairment charge related to operating lease right-of-use assets: This relates to an impairment charge related to our leased assets for a portion of one of our locations as we no longer use the space.

EBITDA is net income adjusted to exclude: interest expense, income tax expense, and depreciation and amortization expense.

Adjusted EBITDA is EBITDA adjusted to exclude: litigation costs and related recoveries, net, loss on change in fair value on redeemable warrants, stock-based compensation expense and impairment charge related to operating right-of-use assets, as discussed above.

リミニストリートについて

リミニストリート(Nasdaq: RMNI)は、エンタープライズソフトウェア製品とサービスのグローバルプロバイダーであり、OracleおよびSAPのソフトウェア製品に対する第三者保守サポートにおいて業界をリードしており、またSalesforceのパートナー企業でもあります。リミニストリートは、エンタープライズソフトウェアライセンシーにおいて、大幅にコストを削減し、イノベーションのためにリソースを解放し、より良好な業績結果を達成することが可能となる、プレミアムで、非常に応答性が高い、統合型のアプリケーション管理およびサポートサービスを提供しています。今日までに業界を問わず、フォーチュン500およびフォーチュングローバル100企業、中堅企業、公共セクター組織等を含む4,000社以上の顧客が、信頼できるアプリケーションエンタープライズソフトウェア製品とサービスのプロバイダーとして、リミニストリートにサポートを委託しています。詳細は、 http://www.riministreet.com をご覧ください。またTwitter(@riministreet)、Facebook、LinkedIn でリミニストリートをフォローしてください。(IR-RMNI)

将来見通しに関する記述

本プレスリリースには、過去に関する事実ではなく、1995年米国民事証券訴訟改革法のセーフハーバー規定に定義する将来見通しに関する記述が含まれています。通常、将来見通しに関する記述には、「かもしれない」、「はずだ」、「だろう」、「計画する」、「意図する」、「予知する」、「考える」、「推定する」、「予測する」、「可能性」、「思われる」、「求める」、「継続する」、「将来」、「~する」、「期待する」、「見通し」などの単語や、その他類似の語句や表現が使用されます。これらの将来見通しに関する記述には、将来の出来事、将来の機会、グローバルな展開やその他の成長のための取り組みに対する当社の期待や、そうした取り組みに対する当社の投資に関する記述が含まれますが、これらに限定されるものではありません。これらの記述は、様々な仮定および経営者の現在の期待に基づくものであり、実際の業績の予測ではなく、また歴史的事実の記述でもありません。これらの記述は、リミニストリートのビジネスに関連する多くのリスクおよび不確実性に左右されるものであり、実際の結果は大きく異なる可能性があります。これらのリスクおよび不確実性としては次のもの(ただしこれらには限定されない)が挙げられます。COVID-19のパンデミックとそれに関連する経済的影響が当社の事業に与える業務的、財務的影響、COVID-19のパンデミックに対する政府当局、顧客または他者の対策。当社の事業、または当社の現在および将来の顧客の事業を混乱させる破局的な出来事、リミニストリートが活動するビジネス環境における変化(リミニストリートが活動する業界に影響を与えるインフレや金利、一般的な財務、経済、規制、および政治的な状況などを含む)。既存訴訟、政府当局による調査、又は新規訴訟における不利な展開。好条件で追加のエクイティ又はデットファイナンスによる資金調達の必要性および可能性と当社が成長するための取り組みとして、投資の増加に資金を提供するために、事業からキャッシュフローを生み出す能力。当社の流動性の基準を満たす現金および現金同等物の充足性。発行済みのシリーズA優先株(13%)の条件と影響、財務報告に係る内部統制の有効なシステムを維持する能力、およびワラントの会計処理に関連するものを含む内部統制の重大な弱点を修正する能力。税金、法律、および規制の改正。競合製品と価格設定。増益管理の困難性。近い将来に展開することが期待されている製品およびサービスに追加して、直近に発表した製品およびサービス(Application Management Services(AMS)、Rimini Street Advanced Database SecurityおよびSalesforce Sales Cloud並びにService Cloud製品に関するサービス等を含む)の顧客の採用。リミニストリートの経営陣の終任。リミニストリートの株式の長期的な価値の不確実性。リミニストリートが2021年5月10日に証券取引委員会に提出したリミニストリートのForm 10-Qによる四半期報告書の「Risk Factors」に記載しているリスク事項、リミニストリートの将来におけるForm 10-Kによる年次報告書、10-Qによる四半期報告書、Form 8-Kによる現在の報告書および適宜それら事項についてリミニストリートがSECに提出するその他書面に更新される事項。さらに、将来見通しに関する記述には、本プレスリリースの発表時点でのリミニストリートの将来の事象に関する期待、計画、または予測、および考えが示されています。リミニストリートは、後発事象や今後の進展がリミニストリートの評価を変える原因になると予想しています。ただし、リミニストリートは、これらの将来見通しに関する記述を将来のある時点で更新することを選択する可能性がある一方で、法律で要求されていない限り、そのような義務を明示的に否認いたします。これらの将来見通しに関する記述は、本プレスリリース発行日後の時点におけるリミニストリートの評価を表すものとして依拠されるべきではありません。

# # #

© 2021 Rimini Street, Inc. All rights reserved. Rimini Streetは、米国およびその他の国におけるRimini Street, Inc.の登録商標です。Rimini Street、Rimini Streetロゴ、およびその組み合わせ、その他TMの付いたマークは、Rimini Street, Inc. の商標です。その他のすべての商標は、それぞれの所有者の財産権を構成するものであり、別段の記載がない限り、Rimini Streetは、これらの商標保有者またはここに記載されているその他の企業と提携や協力関係にあるものでも、またそれらを支持するものでもありません。

投資家関係のお問い合わせ先:

Dean Pohl

Rimini Street, Inc.

+1 925 523-7636 dpohl@riministreet.com

このウェブサイトは、お使いのブラウザでは完全にサポートされていない最新のウェブ標準を使用して構築されています。 ブラウザのアップデートをご検討ください。

今すぐアップグレード