検索条件に合う資料が見つかりませんでした。 検索条件をリセット
金属関連製品メーカー、50%のコストで、Oracleアプリケーションの質の高い保守サポートを実現
ビデオ
金属関連製品メーカー、50%のコストで、Oracleアプリケーションの質の高い保守サポートを実現

Global steel manufacturer, Tempel Steel, moves to Rimini Street for support of Oracle E-Business Suite and Oracle Databases, receiving improved service levels and gaining access to funds and resources for targeted investments into strategic initiatives that drive value for the organization, including purchasing additional Oracle modules to fuel business growth.

BrightSource Energyは、削減したオラクルのサポート資金で革新的なハイブリッドIT環境を実現
ビデオ
BrightSource Energyは、削減したオラクルのサポート資金で革新的なハイブリッドIT環境を実現

The CIO of BrightSource Energy tells about his experience with Rimini Street support.

Color Spot Nurseries社、ITイノベーションでビジネスを成長
ビデオ
Color Spot Nurseries社、ITイノベーションでビジネスを成長

Watch Eric Robinson, CIO for Color Spot Nurseries, shares the many benefits his company has gained by switching to Rimini Street for SAP support in 2010.

エンタープライズソフトウェアの 統合型サポートサービス
パンフレット
エンタープライズソフトウェアの 統合型サポートサービス

リミニストリート(Nasdaq: RMNI)は、エンタープライズソフトウェ アの独立系第三者保守サポートサービスのグローバルリーダーであ り、これまでに4,000社を超えるクライアントにサービスを提供し、 クライアントのサポート費用を総額で50億米国ドル(約5,500億円) 以上削減してきました。

リミニストリート データベースマネジメントサービス
データシート
リミニストリート データベースマネジメントサービス

エンタープライズデータベースは、その数、ユーザー数、規模、需要の増加に伴い、データベース管理やITリソースの必要性も高まっています。複数の商用データベースが並存している環境にオープンソースデータベースを導入すると、ITチームのメンバーの負担が大きくなり、導入やサポートのための知識や経験が不足することが多いため、新たな管理上の課題が生じます。また、長年DBAを担当してきた人が退職すると、レガシーデータベースの投資対効果を高めることが難しくなり、データベース管理のスキルを代替する人を探す必要が出てきます。

リミニストリートのSAPエンタープライズソフトウェア向けアプリケーションマネジメントサービス(AMS)
データシート
リミニストリートのSAPエンタープライズソフトウェア向けアプリケーションマネジメントサービス(AMS)

SAPアプリケーションの管理運用とソフトウェアベンダーの年間保守を統合、シンプルにします。 リミニストリートのSAP向けアプリケーションマネジメントサービス(AMS)とリミニストリートのSAPサポートを組み合わせることで、効率的で合理化されたサポートモデルを通じて、エキスパートエンジニアがお客様へ直接対応します。その結果、サービスレベルの向上と迅速な解決により、よりよい事業の成果をあげることができ、生産性が向上します。

調査結果はイノベーションと IT オー バーヘッドの矛盾を示しています
インフォグラフィック
調査結果はイノベーションと IT オー バーヘッドの矛盾を示しています

企業はデジタルイノベーションの重要性を認識してい ますが、最近の調査によると、 IT と財務部門のリーダー たちは、 IT予算の重点をシステム保守からイノベーショ ンに転換することに苦労していることがわかりました。

リミニストリートで SAPアーキテクチャを進化させる
Eブック
リミニストリートで SAPアーキテクチャを進化させる

SAPを使用しているお客様は、SAPアプリケーション戦略に関して難しい決断を迫られています。コストのかかる「完全な置き換え」型のS/4HANA実装開始の圧力が高まっています。 SAP顧客の大半はコストの高さ、成熟度の低さ、ROI確保の難しさといった観点の評価が完了するまで、S/4HANAに関する決定を先送りしたいと考えています。または、中規模企業やSAPを新規導入する企業等の中には、現在S/4HANAの早期実装に価値を見いだすSAP顧客もいるかもしれません。そして、S/4HANAを選択肢から外し、別のソフトウェアプロバイダー製の近代的なクラウドアプリケーションへの移行の方が価値が高いと考える顧客もいるでしょう。 お客様にとってどのシナリオが最適かにかかわらず、リミニストリートは、検討されているS/4HANAの実装前、実装中そして実装後も、お客様のSAP戦略の最適化をサポートします。 このEブックでは、いくつかのお客様事例をもとに、御社の現在そして将来のERPロードマップの最適化をリミニストリートがどのようにサポートできるかご紹介しています。

SAP S/4HANAに対する意思決定をする際に自社のビジネスのために考慮すべき4つの重要なポイント
Eブック
SAP S/4HANAに対する意思決定をする際に自社のビジネスのために考慮すべき4つの重要なポイント

SAPのお客様は、SAPアプリケーションの戦略に関して難しい決定を迫られています。 SAPのお客様は、ECC 6のサポート終了日*が近づいており、ライセンス監査が実施される可能性があるため、S/4HANAを採用するか、少なくともそのライセンスを取得するよう迫られています。 しかし、多くのSAPのお客様は、S/4HANAが成熟してROIが明らかになるまでは、安定した実績のあるSAP ERPリリースを運用するつもりでいます。 お客様はロードマップに基づいて、SAP ECCの現在のリリースを最低15年以上運用することができます。同時に、将来的にS/4HANAに実装し直すことも含め、他の戦略的な取り組みに資金を振り向けることができます。 代替のSaaSソリューションに移行することもできます。 このEブックでは、企業にとっての最良の選択が何であるかを知るのに役立つ4つの重要なポイントを取り上げます。 *2020年2月4日、SAPは2027年までのSAP Business Suite 7のメインストリームサポートを発表しました。