Search Icon
Eブック

エンタープライズソフトウェア向け独立系第三者保守サポートサービスの総合ガイド

Eブック を今すぐダウンロード!
*印はすべて必須項目です。

ERPベンダーはもう以前のようではありません。 昔はソフトウェアベンダーは、アップグレードのたびに機能、インテグレーション、ユーザビリティの向上を提供していました。 今は、クラウドベースのサービスの開発に注力しているように思われ、レガシーERPシステムに顕著な価値をもたらしていません。 一方、技術の進歩が止まることはありません。また、不確実なことも数多く見られます。 おそらくITチームは、予算の縮小に直面しながらも、日常業務からイノベーションにリソースをシフトさせるように迫られていることでしょう。

サポートを維持し、最高のパフォーマンスでオペレーティングシステムを機能させ続ける目的で、ソフトウェアベンダーが主導する移行を回避するため、企業はOracleやSAPなどのERPシステムの保守サポートを独立系第三者サービスに切り替えています。 このガイドでは、独立系第三者ソフトウェア保守サポートがお客様に適しているかどうかを確認するために、よくある質問に答えながら考慮すべきポイントについて概説しています。

この総合ガイドでは、以下の点についてご紹介しています。

  • ビジネス主導型ITロードマップを進めるために必要なサービス、コスト削減、戦略的柔軟性を獲得する。
  • ベンダーサポートに毎年費やされるソフトウェアライセンスコストの20~22%を節約し、最大90%の総コストを削減する。
  • 重大な問題に対する応答性の高い24時間サポートを利用し、トラブルシューティングにかかる時間を短縮し、イノベーションに使える時間を増やす。
  • イノベーションの妨げとなるソフトウェアベンダーのロードマップを回避し、投資したエンタープライズソフトウェアの耐用年数を伸ばす。

このウェブサイトは、お使いのブラウザでは完全にサポートされていない最新のウェブ標準を使用して構築されています。 ブラウザのアップデートをご検討ください。

今すぐアップグレード