検索条件に合う資料が見つかりませんでした。 検索条件をリセット
不確実な時代を 乗り切るための CIO向けガイド
Eブック
不確実な時代を 乗り切るための CIO向けガイド
Oracle DB 11gと12cがWindows Server 2019で動かない!Windows Server 2012のサポート終了を乗り越えるために検討すべきこと
オンラインセミナー
Oracle DB 11gと12cがWindows Server 2019で動かない!Windows Server 2012のサポート終了を乗り越えるために検討すべきこと

多くの企業で利用されているWindows Server 2012ですが、すべてのサポートが2023年10月10日に終了します。多くの企業はバージョンアップに伴うテストなどを避けたいと考えているかと思いますが、実際に避ける方法を検討されていますでしょうか。 本WebinarではOracle DB 11gや12cを安定した環境で使い続けるために、他のソフトウェアをとの互換性を確保する方法を紹介いたします。また、Edge ネイティブモードからOracle EBS 11.5を使用する方法についても解説いたします。 Oracle製品と既存のシステムとの互換性に課題を持っている方、安定した環境でOracle製品を使用し続けたい方は、ぜひ本Webinarにご参加いただき、今後の参考にしてください。 【本Webinarでお伝えする内容】 Windows Server 2012のサポート終了で起こること Oracle製品を安定した環境で長く使い続けるためには Oracle製品と既存のシステムとの互換性を確保する方法 講演者: 日本リミニストリート株式会社 サービスソリューションアーキテクト 野嵜 功 費用:無料 対象: Oracleをお使いのユーザー企業様で、以下に該当する方 IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者 経営企画/事業企画部門責任者、担当者 導入企業の管理、運用責任者、担当者 導入企業の購買部門責任者、担当者 ※弊社と競合する企業の方のお申込みはお断りしております。 ※フリーメールアドレスでは、ご登録いただけません。あらかじめご了承ください。 お問い合わせ: Webinarに関するお問い合わせ、および別途、弊社サービスの詳しい説明をご希望のお客様は、ぜひ以下お問い合わせ先までご連絡ください。 個別相談もご調整いたしますので、お気軽にお問合せください。

”S/4 HANAを活用したDXに関する実態調査”で明らかになったSAPユーザーに共通する課題を解説!
オンラインセミナー
”S/4 HANAを活用したDXに関する実態調査”で明らかになったSAPユーザーに共通する課題を解説!

弊社で実施したS/4 HANAを活用したDXに関する実態調査によると、DXを期待してS/4 HANAを導入した企業のIT担当者の80%以上が、保守・運用費、人材不足に課題を抱えていることが判明しました。 2025年/2027年問題の解決のためにS/4 HANAを導入したものの、ECC 6.0を使用していた時と同じ課題を持ち続けているのではないでしょうか。 本Webinarでは弊社実施の調査結果の分析と、そこから見えてきたバージョンに関係なくSAPユーザー全体に共通する課題を紹介します。 SAP社のサポートを受け続けるためだけに、機能として問題のないシステムのバージョンアップを続けるのが本当に正しい選択肢なのか疑問を持っている方は、ぜひご参加ください。 【本Webinarでお伝えする内容】 S/4 HANAを活用したDXに関する実態調査の分析結果について S/4 HANAの保守をSAP社に任せることのデメリットについて 今後のSAP製品を運用する上で知っておくべきこと 講演者: 日本リミニストリート株式会社 サービスソリューションアーキテクト 韓 問一 (ハン ウオンイ) 費用:無料 対象: SAP製品をお使いのユーザー企業様で、以下に該当する方 IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者 経営企画/事業企画部門責任者、担当者 導入企業の管理、運用責任者、担当者 導入企業の購買部門責任者、担当者 ※弊社と競合する企業の方のお申込みはお断りしております。 ※フリーメールアドレスでは、ご登録いただけません。あらかじめご了承ください。 お問い合わせ: Webinarに関するお問い合わせ、および別途、弊社サービスの詳しい説明をご希望のお客様は、ぜひ以下お問い合わせ先までご連絡ください。 個別相談もご調整いたしますので、お気軽にお問合せください。

2025年/2027年問題の解決策はS/4 HANAへの移行だけではない!?今のままECC 6.0を使い続けることが可能な理由とは?
オンラインセミナー
2025年/2027年問題の解決策はS/4 HANAへの移行だけではない!?今のままECC 6.0を使い続けることが可能な理由とは?

本Webinarでは多くのSAPユーザーの喫緊の課題である2025年/2027年問題についてお悩みのお客様向けに、なぜS/4 HANAに移行する必要がないのかを解説します。 2025年/2027年問題を解決するうえで知っておくべきこと、S/4 HANAに移行しない場合の最善の選択肢、自社を成功に導くためのITロードマップを描くための情報提供をしますので、ぜひ参考にしてください。 【本Webinarでお伝えする内容】 2025年/2027年問題の本質について S/4 HANAに移行しなくてもよい理由 理想のITロードマップを描くために検討すべきこと 講演者: 日本リミニストリート株式会社 サービスソリューションアーキテクト 韓 問一 (ハン ウオンイ) 費用:無料 対象: SAP製品をお使いのユーザー企業様で、以下に該当する方 IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者 経営企画/事業企画部門責任者、担当者 導入企業の管理、運用責任者、担当者 導入企業の購買部門責任者、担当者 ※弊社と競合する企業の方のお申込みはお断りしております。 ※フリーメールアドレスでは、ご登録いただけません。あらかじめご了承ください。 お問い合わせ: Webinarに関するお問い合わせ、および別途、弊社サービスの詳しい説明をご希望のお客様は、ぜひ以下お問い合わせ先までご連絡ください。 個別相談もご調整いたしますので、お気軽にお問合せください。

Oracle保守切替を円滑に行うために、ベンダー調整について知っておくべき事例の紹介
オンラインセミナー
Oracle保守切替を円滑に行うために、ベンダー調整について知っておくべき事例の紹介

皆様のお使いのOracle DBについては、Oracleパートナー各社からの提供を受けていると思います。Oracle保守は、一般的に、アプリケーション保守をセット、もしくはパッケージのDBとして提供されていることもあり、保守切替については、Oracleパートナーとの交渉が発生します。 ベンダーとの交渉について、アプリケーション保守という観点では取組みをされているものの、Oracle DBという基盤に近い領域で、交渉をされてきたお客様は、あまり多くないかと思います。実際に、弊社がお伺いしている多くのお客様でも、Oracle DBの調達先が複数社で構成されること、保守が前述のアプリケーション保守/パッケージの保守に埋没していることから、交渉そのものを行われたケースは少ないようです。 本Webinarは、Oracle保守切替にあたり、すでに成功をおさめられている各社のアプローチに学び、皆様が実践する上でのご参考となる一助となるように企画しております。 多くのOracleユーザーがお悩みのOracle保守にロックインされている状況から、脱却するためのご参考情報をご提供することで、脱Oracleを進めるための一助となれればと考えております。 中長期な視点も含めて、脱Oracleを進めたいお客様は、是非、本Webinarにご参加ください。 【本Webinarでお伝えする内容】 Oracle保守切替についての各社の事例 Oracle保守切替のアプローチ手順とは 各パートナーとのOracle保守切替交渉において、必要とされる情報とは 講演者: 日本リミニストリート株式会社 営業部長 山本 秀和 費用:無料 対象: Oracleをお使いのユーザー企業様で、以下に該当する方 IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者 経営企画/事業企画部門責任者、担当者 導入企業の管理、運用責任者、担当者 導入企業の購買部門責任者、担当者 ※弊社と競合する企業の方のお申込みはお断りしております。 ※フリーメールアドレスでは、ご登録いただけません。あらかじめご了承ください。 お問い合わせ: Webinarに関するお問い合わせ、および別途、弊社サービスの詳しい説明をご希望のお客様は、ぜひ以下お問い合わせ先までご連絡ください。 個別相談もご調整いたしますので、お気軽にお問合せください。

SAPの2025/2027年問題解決に向けて知っておくべきこと、やるべきこと
オンラインセミナー
SAPの2025/2027年問題解決に向けて知っておくべきこと、やるべきこと

お客様が使用しているバージョン次第では、2025年にSAP製品のサポート期間が切れてしまいますが、お客様はこの問題の解決に向けて対応を進めておりますでしょうか? 2027年にサポートが切れるバージョンについても、今から準備を進めないと期限までに間に合わず、基幹システムが動かなくなる可能性が高いです。 SAP社はこの問題を解決するためのソリューションを提示していますが、果たしてそのソリューションは2025/2027年問題解決のための本当に正しい選択肢なのでしょうか。 本Webinarでは、目前に迫っている2025年を迎える前に、SAPユーザーとして解決しなければならない2025/2027年問題について、知っておくべきことと今後SAP製品を使用し続ける上でやらなくてはならないことを事例を交えて解説いたします。 多くのSAPユーザーが直面している2025/2027年問題を解決し、目前の問題解決だけではなく、その先のIT戦略について検討をしている方はぜひ本Webinarにご参加ください。 【本Webinarでお伝えする内容】 SAPユーザーが直面している2025/2027年問題とは? SAP社が提示してくる2025/2027年問題解決のソリューションについて SAP社が提示したソリューションを採用した場合のシナリオについて 2025/2027年問題解決のための正しい選択とは? 講演者: 日本リミニストリート株式会社 サービスソリューションアーキテクト 韓 問一 (ハン ウオンイ) 費用:無料 対象: SAP製品をお使いのユーザー企業様で、以下に該当する方 IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者 経営企画/事業企画部門責任者、担当者 導入企業の管理、運用責任者、担当者 導入企業の購買部門責任者、担当者 ※弊社と競合する企業の方のお申込みはお断りしております。 ※フリーメールアドレスでは、ご登録いただけません。あらかじめご了承ください。 お問い合わせ: Webinarに関するお問い合わせ、および別途、弊社サービスの詳しい説明をご希望のお客様は、ぜひ以下お問い合わせ先までご連絡ください。 個別相談もご調整いたしますので、お気軽にお問合せください。

SAP社が提供する保守ではなく、リミニストリートの統合保守を選択すべき理由
オンラインセミナー
SAP社が提供する保守ではなく、リミニストリートの統合保守を選択すべき理由

弊社はSAPだけではなく、OracleやIBM, マイクロソフト製品やオープンソースデータベースなどの統合保守サポートを提供しており、日本国内では約350社のお客様のシステムをお任せいただいております。 弊社の統合保守サポートをご利用いただくことで、年間保守費用の削減だけではなく、IT要員の配分を最適化することで、お客様のDXの取り組みを加速させることが可能になります。 本Webinarでは、早急な対応が求められているDX推進のための予算捻出だけではなく、お客様の大事なSAPシステムの安定運用の実現を可能にする弊社の統合保守サポートについて、どのようなメリットがあるのかを事例を交えて解説いたします。 多くのSAPユーザーがお悩みのコスト面や運用面の課題について解決し、他社よりも早くDXを推し進めたい方は、ぜひ本Webinarにご参加いただき、今後のコストとITリソースの最適化の参考にしてください。 【本Webinarでお伝えする内容】 SAP社の保守サポートを利用し続けるうえでの課題について リミニストリートが提供するSAP製品のソフトウェアサポートについて リミニストリートのソフトウェアサポートを採用いただくメリットについて 講演者: 日本リミニストリート株式会社 サービスソリューションアーキテクト 韓 問一 (ハン ウオンイ) 費用:無料 対象: SAP製品をお使いのユーザー企業様で、以下に該当する方 IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者 経営企画/事業企画部門責任者、担当者 導入企業の管理、運用責任者、担当者 導入企業の購買部門責任者、担当者 ※弊社と競合する企業の方のお申込みはお断りしております。 ※フリーメールアドレスでは、ご登録いただけません。あらかじめご了承ください。 お問い合わせ: Webinarに関するお問い合わせ、および別途、弊社サービスの詳しい説明をご希望のお客様は、ぜひ以下お問い合わせ先までご連絡ください。 個別相談もご調整いたしますので、お気軽にお問合せください。

既存システムを安定化させ、コンポーザブルERPへの移行をバックアップする方法
オンラインセミナー
既存システムを安定化させ、コンポーザブルERPへの移行をバックアップする方法

Gartnerが提唱しているコンポーザブルERPモデル実現には、絶え間なく変化するビジネスに対応できる環境が整っているかがとても重要です。コンポーザブルERPへの移行には新環境への適合だけでなく既存システムの安定化抜きには安心して着手ができません。移行期間中も既存環境がビジネスを支える基盤であることに変わりはないからです。こういった対応を行うための準備ですが、みなさまは出来ていますでしょうか。 本Webinarでは、コンポーザブルERP構築の前提である既存システムの安定化に必要な二つの要素、互換性とセキュリティをサポートするリミニストリートのソリューションであるRimini Connect™とRimini Protectを紹介いたします。この2つを組み合わせることで、既存ERPへのシステム環境の変化を最小化し、互換性とセキュリティをどのように担保するかを紹介し、お客様のビジネスを加速させるコンポーザブルERPの実現案について解説いたします。 【本Webinarでお伝えする内容】 コンポーザブルERPとは コンポーザブルERPの重要性について Rimini Protect™のご紹介 Rimini Connect™のご紹介 2つのソリューションで実現できること 日程:2023年3月1日(水) 時間:14:30から15:00 講演者: 日本リミニストリート株式会社 サービスソリューションアーキテクト 野嵜 功 費用:無料 対象: Oracleをお使いのユーザー企業様で、以下に該当する方 IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者 経営企画/事業企画部門責任者、担当者 導入企業の管理、運用責任者、担当者 導入企業の購買部門責任者、担当者 ※弊社と競合する企業の方のお申込みはお断りしております。 ※フリーメールアドレスでは、ご登録いただけません。あらかじめご了承ください。 お問い合わせ: オンディマンドセミナーに関するお問い合わせ、および別途、弊社サービスの詳しい説明をご希望のお客様は、ぜひ以下お問い合わせ先までご連絡ください。 個別相談もご調整いたしますので、お気軽にお問合せください。

リミニストリートのプロフェッショナルサービス
パンフレット
リミニストリートのプロフェッショナルサービス