Search Icon

関連資料ライブラリ

検索条件に合う資料が見つかりませんでした。 検索条件をリセット
【リミニストリートオンラインセミナー】SAP製品向けの第三者保守サービスを徹底解説 – その仕組みの全貌
オンラインセミナー
【リミニストリートオンラインセミナー】SAP製品向けの第三者保守サービスを徹底解説 – その仕組みの全貌

米ガートナー社は、「…オンプレミスの顧客の多くは、長期的な計画を整える間、安全な避難所として第三者保守に移行するだろう」と述べています。 すでに500社以上のSAPの顧客がリミニストリートにサポートを移行し、満足度の高いサポートを受け、SAPプラットフォームの総サポートコストを最大90%削減し、重要な予算とリソースを重要なプロジェクトに振り分けています。 多くのSAPのお客様は、SAPソフトウェアの第三者保守の仕組み、SAPサポートとの主な違い、第三者保守サービスがどのように技術的そして機能的にサービスレベルの目標を達成し、ビジネス上最重要なSAPシステムをスムーズに稼働させ、コンプライアンスを維持するのに役立つのか、などについて知りたいと考えています。 このオンラインセミナーでは、以下のような重要な質問にお答えします。 SAPサポートとリミニストリートのサポートの主な違いは何ですか? リミニストリートのサポートサービスの範囲は? オンボーディングのプロセスはどのようなものですか? リミニストリートはどのようにグローバルに対応したサポートを提供しているのか? どのようにして税務、法律、規制の更新に関して、継続的なコンプライアンスを保証することができるのか? ビジネスの方向性に基づいた意思決定を行うための選択肢「第三者保守サービス」に関する必要な情報を確認しましょう。 こちらのオンラインセミナーは、会社からも、ご自宅からもご参加いただけますので、ぜひこの機会にご参加ください。 セミナー中に質問も受け付けます。 皆様のご参加を、お待ちしております。 対象 SAP製品をお使いのユーザー企業様で、以下に該当する方 1. 導入企業の管理、運用責任者、担当者 2. IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者 3. 経営企画/事業企画部門責任者、担当者 4. 導入企業の購買部門責任者、担当者 ※弊社と競合する企業の方のお申込みはお断りしております。 ※ご参加される場合は、本ページのお申込みフォームにてご登録をお願いいたします。 お問い合わせ: オンラインセミナーに関するご質問、および別途、弊社サービスの詳しい説明をご希望のお客様は、ぜひ以下お問い合わせ先までご連絡ください。 個別相談もご調整いたしますので、お気軽にお問合せください。 日本リミニストリート株式会社 オンラインセミナー事務局 電子メール:[email protected] 電話:03-5326-3461 ウェブフォームでのお問い合わせ:https://www.riministreet.com/jp/company/contact-us/

2021年CFOピアインサイト:デジタルトランスフォーメーションとIT投資の優先順位
リサーチレポート
2021年CFOピアインサイト:デジタルトランスフォーメーションとIT投資の優先順位

混乱の時代にあっても、イノベーションを推進し自社の未来に積極的に投資する企業は、一線を画す存在として頭角を現します。 世界的なパンデミックや経済と政治の不安などが生じた2020年のビジネス情勢を乗り切るために、CFOはどのようにして変化を主導してきたのでしょう。 混乱に対処する上で、テクノロジーはどのような役割を果たし、どのような優先度で扱われていますか。 誰がITのROIを追跡していますか。 CFOはCIOとどのようなデジタルトランスフォーメーションのパートナーシップを築いていますか。 それらすべては、2021年度のIT支出の優先度にどのような影響を与えていますか。 Dimensional Researchによる最近のレポートで、グローバルCFO調査の結果が明らかになり、次のような質問に関するインサイトが提供されています。 CFOの何割(%)が、取締役会を説得する必要があったとしても、大きなROIを見込めるデジタルトランスフォーメーションのプロジェクトの資金を確保する方法を見出そうとしていますか。 CFOの何割(%)が、結果を生み出さないプロジェクトに限りあるIT資金を使いたくないと考えていますか。 CFOは、CIOにどのようなITの取り組みの強化を期待していますか。 2020年に一部のCFOとCIOの関係が強まった(または悪化した)のはなぜですか。 CFOは資金削減に対してどのような本音を抱いていますか。 (驚くべき結果が示されています。) この調査では、ビジネス価値の高いIT投資を最優先し、CFOとCIOのパートナーシップを強化し、2021年度の資金配分を行いながら、デジタルトランスフォーメーションを促進し続けるための、CFOとCIOの両方を対象とした知見や推奨事項について知ることができます。 レポートをダウンロードして、貴社の状況や、CFOのデジタルトランスフォーメーションにおける貴社の進捗について評価してください。

IDG調査:ITリーダーがERP投資の最大化を加速するための方法
アナリストリサーチ
IDG調査:ITリーダーがERP投資の最大化を加速するための方法

ITリーダーはどのようにイノベーションを加速させ、今後のSAPロードマップ戦略を構築しているでしょうか? IDGが実施したSAPライセンシーのグローバル調査では、ライセンシーが現在の課題にどのように対応し、長期的なSAPロードマップを計画しているかについて、驚くべき調査結果が明らかになっています。 調査の対象となったのは、多くの業界を代表する世界中のSAP管理者、アーキテクト、リーダー、シニアITマネージャなどです。 このレポートでは、調査データと分析を5つの主要な点にまとめ、以下の質問に答えています。 現在のSAP ECCシステムはライセンシーのビジネスニーズを満たしているか? ライセンシーがSAPロードマップを最大化するために焦点を当てている主な要素は何か? パンデミックはIT予算とイノベーションの需要にどのような影響を与えたか? 現在のSAPへの投資を最適化するための戦略として第三者保守サポートを検討しているライセンシーが主に重視しているのは何か?

【日本リミニストリート株式会社 無料オンラインセミナー】 第三者保守サポートの価値を考える ―2027年SAP ERP保守期限の延長への対応―
オンラインセミナー
【日本リミニストリート株式会社 無料オンラインセミナー】 第三者保守サポートの価値を考える ―2027年SAP ERP保守期限の延長への対応―

SAPは、SAP Business Suite 7のメインストリームの保守期限を2027年まで延長することを発表いたしました。これは、S/4HANA移行の難しさとそのコストが影響していると業界関係者は考えています。 今、多くのSAPユーザーにとっての懸念は、保守期限が延長されるかどうかではなく、自分たちのSAPロードマップにとって、この延長が何を意味するかということです。 今回のオンラインセミナーでは、その懸念点にお答えいたします。 S/4HANAの未成熟さについて多くのことが語られているが、これは具体的に何を意味するのか? 今後10~20年の間にどのような選択肢が出てくるのか? S/4HANAへ移行後の場合は、組織によりよい選択肢はあるのか? コスト削減、イノベーション、ビジネス成長を実現するために最適なSAP戦略に役立つ意思決定のポイントを分析します。 また、SAPによる保守期限延長の詳細を改めてレビューし、貴社のSAP戦略への潜在的な影響、そしてコストを削減しながら最適なSAPロードマップを構築するための具体的なステップをご紹介いたします。セミナー最後にご質問も受け付けますので、ぜひご参加ください。 こちらのオンラインセミナーは、会社からも、ご自宅からもご参加いただけます。 皆様のご参加を、お待ちしております。 対象 SAPをお使いのユーザー企業様で、以下に該当する方 1. 導入企業の管理、運用責任者、担当者 2. IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者 3. 経営企画/事業企画部門責任者、担当者 4. 導入企業の購買部門責任者、担当者 ※弊社と競合する企業の方のお申込みはお断りしております。 ※ご参加される場合は、本ページのお申込みフォームにてご登録をお願いいたします。 ※フリーメールアドレスでは、ご登録いただけません。あらかじめご了承ください。 お問い合わせ: オンラインセミナーに関するご質問、および別途、弊社サービスの詳しい説明をご希望のお客様は、ぜひ以下お問い合わせ先までご連絡ください。 個別相談もご調整いたしますので、お気軽にお問合せください。 日本リミニストリート株式会社 オンラインセミナー事務局 電子メール:[email protected] 電話:03-5326-3461

Oracleユーザー調査結果から見る第3者保守サービスの可能性
オンラインセミナー
Oracleユーザー調査結果から見る第3者保守サービスの可能性

今後の経済の不確実性とビジネス上の要求により、ITチームは今日、組織のために重大な決断を迫られています。 Oracle EBS 12.3のリリース予定はない一方で12.1は2021年12月にSustaining Supportに移行するため、ユーザーはロードマップについて深刻な問題に直面しています。 また、Oracle Databaseは伝統的なマーケットリーダーですが、変化が起きています。 Gartner社は、「2022年までに、新しい社内アプリケーションの70%以上が、オープンソースのデータベース管理システム(OSDBMS)またはOSDBMSベースのデータベースPaaS(dbPaaS)で開発されるだろう」と予測しています※ 。現在、データベースおよびその保守サポートには、様々な選択肢が利用可能です。これらの選択肢は、貴社の状況に合わせて考慮していく必要があることをご存じでしょうか。 本オンラインセミナーでは、Oracle EBSとOracle Databaseの両ユーザーを対象としたアンケート調査の結果と考察をご紹介します。今後直面するであろう課題をご理解いただき、DXへの取り組みを進めたい企業様の意志決定にお役立てください。 ※Gartner Research: State of the Open-Source DBMS Market, 2019, 17 October 2019 こちらのオンラインセミナーは、2部構成になっております。 14:30-15:00 (Oracle EBSのユーザー調査結果および質疑応答) 15:00-15:30 (Oracle Databaseユーザー調査結果および質疑応答) Oracle EBS/Oracle Databaseをお使いのユーザー企業様で、以下に該当する方 1. 導入企業の管理、運用責任者、担当者 2. IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者 3. 経営企画/事業企画部門責任者、担当者 4. 導入企業の購買部門責任者、担当者 5. IT コストの削減を検討している責任者、担当者 ※弊社と競合する企業の方のお申込みはお断りしております。 ※フリーアドレスでの登録はご遠慮いただいております。 お問い合わせ: オンラインセミナーに関するご質問、および別途、弊社サービスの詳しい説明をご希望のお客様は、ぜひ以下お問い合わせ先までご連絡ください。 個別相談もご調整いたしますので、お気軽にお問合せください。 日本リミニストリート株式会社 オンラインセミナー事務局 電子メール:[email protected] 電話:03-5326-3461  

ERPソフトウェアのサポートに、第三者保守サポートを選択する7つの理由
Eブック
ERPソフトウェアのサポートに、第三者保守サポートを選択する7つの理由

成長に向けてビジネスを強化している企業でも、厳しい利益率や激しい競争に取り組む企業でも、CIOは デジタルトランスフォーメーションを優先しなければなりません。つまり、単なるビジネス継続だけでなく先 を見据えた投資姿勢を示す必要があります。

エンタープライズ ソフトウェアサポートの コスト削減において 調達部門が担う大きな役割
ホワイトペーパー
エンタープライズ ソフトウェアサポートの コスト削減において 調達部門が担う大きな役割

エンタープライズソフトウェアのお客様および業界アナリストは、サポートおよび保守費 用が管理できていないということで意見が一致しています。実際、ProcureConの調査に よると、調達担当者の87%はソフトウェアの保守費用は高すぎると述べています。1 ITの担 当者も同意見です。

アフターコロナのIT投資、今までの方針でいいですか?
オンラインセミナー
アフターコロナのIT投資、今までの方針でいいですか?

新型コロナウィルス感染症は、個人の生活様式を変えただけではなく、企業の勢力図を塗り替えてしまうインパクトを持っています。

COVID-19に負けるな、製造業の積極的IT投資のために
オンラインセミナー
COVID-19に負けるな、製造業の積極的IT投資のために

COVID-19 の影響は、リーマンショック以上となり、その影響により国内外を問わず内需外需ともに総崩れの厳しい状況となっています。

このウェブサイトは、お使いのブラウザでは完全にサポートされていない最新のウェブ標準を使用して構築されています。 ブラウザのアップデートをご検討ください。

今すぐアップグレード