Search Icon

オンラインラーニングハブ

検索条件に合う資料が見つかりませんでした。 検索条件をリセット
【OracleDBユーザー限定】サポート最適化&ストレージ永久保証で実現するスゴいコスト削減法
Upcoming オンラインセミナー
【OracleDBユーザー限定】サポート最適化&ストレージ永久保証で実現するスゴいコスト削減法

Oracle Databaseのライセンス見直し、毎年上乗せされていく保守料金見直しなど、Oracle関連のコストの継続的増加は、多くのOracleユーザーにとって悩みの種です。リミニストリートはこれまで多くのお客様からご相談を受け、そのサポート内容やコスト削減効果でご評価をいただいてきましたが、実はOracleユーザーにおかれましては、リミニストリートのサービスにもう一つ組み合わせることで、さらに運用コストを削減する方法があるのです。 今回、プライマリストレージのリーディングカンパニーであるPure Storage様をお迎えして、下記の組み合わせについてオンラインセミナーを開催いたします。 リミニストリートによるOracle Databaseサポートのライセンス最適化と様々なメリット 保守切れ & 保守料アップなし、データ移行なしを実現できるオールフラッシュストレージ「Pure Storage」 上記組み合わせによって、DBシステムのパフォーマンスを向上はもちろん、コストを大幅に削減するワザを、具体的なユーザー事例や費用削減モデル等を交えながらご紹介いたします。 ぜひご参加いただき、削減したコストをデジタルトランスフォーメーション促進など御社の戦略的投資にご活用ください。 講演者 : 日本リミニストリート株式会社 サービスソリューションアーキテクト 野嵜 功 ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社 プリンシパル・システムズ・エンジニア 岩本知博 対象 : Oracle Databaseをお使いのユーザー企業様で、以下に該当する方: 導入企業の管理、運用責任者、担当者 IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者 経営企画/事業企画部門責任者、担当者 導入企業の購買部門責任者、担当者 ※弊社と競合する企業の方のお申込みはお断りしております。 ※フリーメールアドレスでは、ご登録いただけません。予めご了承ください。

SAPユーザー企業が語る 第三者保守サポートという選択<br>-リミニストリート移行で、堀場製作所が実現できたこと-
Upcoming オンラインセミナー
SAPユーザー企業が語る 第三者保守サポートという選択
-リミニストリート移行で、堀場製作所が実現できたこと-

SAPシステムのS4/HANA移行は、本当に御社に必要ですか? 本セミナーでは、堀場製作所 栗田様にご登壇いただき、S4/HANAへの大規模なアップグレード投資を回避し、リミニストリートに移行するまでの経緯や、移行後の大幅なコスト削減により実現できたことについて、お話しいただきます。 概要: 「2025年にECC6.0のサポートが終了した後、システムをどうすべきか迷っている」「投資額に見合ったリターンが得られますか?」「S/4 HANAへのアップグレード以外に、検討できる選択肢はありますか?」等々、2025年問題に関するお問い合わせを多くのお客様からいただいています。 今回、堀場製作所の栗田様をお迎えし、S4/HANAへの不要なアップグレード回避ご決断までの経緯や、リミニストリート移行での体験談、実際にデジタル化を実現されたその秘訣を包み隠さずお話しいただきます。 第三者保守なら、現行ECCの寿命延長が可能。次の15年間今の環境でサポートが受けられます。 まだSAPシステムをどうするかお悩みの企業の皆さま、2025年問題の解決策、ここにあります!ぜひお気軽にご参加ください。本セミナーが、御社にとって最適な決断を下すための参考になれば幸いです。 日程:2022年2月16日(水) 時間:14:30から15:00 講演者 : 日本リミニストリート株式会社 サービスソリューションアーキテクト 韓 問一 (ハン ウオンイ) 対象 : SAPをお使いのユーザー企業様で、以下に該当する方 導入企業の管理、運用責任者、担当者 IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者 経営企画/事業企画部門責任者、担当者 導入企業の購買部門責任者、担当者 ※弊社と競合する企業の方のお申込みはお断りしております。 ※フリーメールアドレスでは、ご登録いただけません。あらかじめご了承ください。

Oracleライセンスの最適化とOracle ロードマップの展望
Upcoming オンラインセミナー
Oracleライセンスの最適化とOracle ロードマップの展望

「Oracle Databaseの運用保守コストを削減したい」「保守料金が毎年上乗せされていくため、コスト面でも不満を抱えている」「でも、他に検討できる選択肢がないし、現状を受け入れざるを得ない」等々、リミニストリートはこれまで多くのお客様からご相談をいただいてきました。 そこで、Oracle ロードマップを踏まえながら、どのようにOracleライセンスの最適化を行うべきなのか、Oracle EBSとOracle Databaseサポートに関する調査結果を踏まえながら、アップグレードプランとその価値やCloud移行への対応などを解説するオンラインセミナーを開催いたします。 ぜひご参加いただき、削減したコストをデジタルトランスフォーメーション(DX)促進など様々な課題にお役立てください 日程:2022年2月9日(水) 時間:14:30から15:00 講演者 : 日本リミニストリート株式会社 サービスソリューションアーキテクト 野嵜 功 対象: Oracle EBSやOracle Databaseをお使いのユーザー企業様で、以下に該当する方 導入企業の管理、運用責任者、担当者 IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者 経営企画/事業企画部門責任者、担当者 導入企業の購買部門責任者、担当者 ※弊社と競合する企業の方のお申込みはお断りしております。 ※フリーメールアドレスでは、ご登録いただけません。あらかじめご了承ください。

2022年はSAPユーザにとって決断の年!   様々なオプションで、自分たちのDXを実現する
Upcoming オンラインセミナー
2022年はSAPユーザにとって決断の年! 様々なオプションで、自分たちのDXを実現する

2022年は、SAPユーザにとって決断の年です。 早期に決断することで十分なDX資金を調達し、イノベーションに必要なリソースを確保する秘訣、お話しします! 概要: 貴社がDX推進をしていく上で、本当にDXにフォーカスできていますか? リソースを必要なプロジェクトに割り当てられていますか? 十分なIT予算を保守サービスではなく、DXなどのイノベーションに確保できていますか? 本オンラインセミナーでは、SAPユーザとして知っておくべき「大規模アップグレードの必要性」や「効果的な費用削減アプローチ」、「リミニストリートを利用した場合の戦略上のメリット」を中心に、ITロードマップに沿って2022年の今やるべき事にフォーカスして解説いたします。 本セミナーが、少しでも貴社の2025年問題に取り掛かる第一歩になれば幸いです。ぜひご参加ください。 日程:2022年1月19日(水) 時間:14:30 – 15:00 講演者 : 日本リミニストリート株式会社 サービスソリューションアーキテクト 韓 問一 (ハン ウオンイ)

リミニストリート オンライン事例セミナー
Upcoming オンラインセミナー
リミニストリート オンライン事例セミナー

この度、同日に開催されるクライアントフォーラムに併設する形で、下記要領にてオンライン事例セミナーを開催する運びとなりました。 弊社サポートをご利用中のお客様2社にご登壇頂き、パネルディスカッション形式にて、リミニストリート採用に至る経緯や、現在のサポート利用状況、実際のサポート品質等についてお話し頂きます。 何卒宜しくお願い申し上げます。 開催日:2021年9月3日(金) 開催時間:16:10 – 17:00 (50分) 参加費:無料 ::::::ご登壇者様(敬称略)::::::: ●フジテック株式会社 事業内容:エレベータ、エスカレータ、動く歩道、新交通システムなどの研究開発・製造・販売・据付・保守 (利用製品:Oracle) ●日本シイエムケイ株式会社 事業内容:民生用・産業用各種プリント配線板及び電子デバイスの開発・製造・販売 (利用製品:SAP) ::::::アジェンダ::::::: 上記SAP/Oracle製品ご利用2社によるパネルディスカッション 質疑項目: なぜ第三者保守を検討したのか 採用にあたり重要視した点は何か 検討プロセスと社内合意形成 今後のOracle/SAP製品の利用方針は リミニストリートの実際のサポート品質 等 皆様のご参加を、お待ちしております。 ※ご参加される場合は、本ページのお申込みフォームにてご登録をお願いいたします。 ※フリーメールアドレスでは、ご登録いただけません。あらかじめご了承ください。 お問い合わせ: オンラインセミナーに関するご質問、および別途、弊社サービスの詳しい説明をご希望のお客様は、ぜひ以下お問い合わせ先までご連絡ください。 個別相談もご調整いたしますので、お気軽にお問合せください。 日本リミニストリート株式会社 オンラインセミナー事務局 電子メール:[email protected] 電話:03-5326-3461 ウェブフォームでのお問い合わせ:https://www.riministreet.com/jp/contact-us

Oracle EBS 12.1サポートのカウントダウンが始まりました – サポート終了に向けた今後の具体策とは
Upcoming オンラインセミナー
Oracle EBS 12.1サポートのカウントダウンが始まりました – サポート終了に向けた今後の具体策とは

開催日: 2021年2月16日(火) 開催時間: 2:30pmー3:00pm(日本時間) 参加費:無料 12.1リリースを実行しているすべてのOracle EBS顧客は、2021年12月までにOracleからのフルサポートを失うことになり、ビジネスが危機にさらされる可能性があります。このため、Oracle EBS 12.1の顧客は、アップグレードするか、クラウドに移行するか、一時的に包括的ではないサポートエクステンションを購入するかの選択を迫られています。しかし、今は、ITチームの多くがより緊急の優先事項を抱えています。 同時に、EBS 12.2がリリースされてから数年が経過していますが、まだ広く採用されていないため、多くの企業では、既存のEBSソフトウェアに対してOracleが提供している新しい価値はどの程度なのだろうかと疑問を感じています。 本セミナーでは、EBS 12.1の顧客が現在直面している疑問や選択肢について説明します。 EBS 12.2へのアップグレードでは、実際にどの程度の新しい価値が提供されているのか? 一時的に包括的ではないサポートのためにOracleに多くの費用を支払うことは、リスクを負う価値があるのか? EBSアップグレードの決定とタイミングのそのコントロールを自社に取り戻すにはどうすればよいか? より範囲の狭いサポートでより多くの費用を支払うか、もしくはOracle Cloudに移行するのか、EBS 12.2へのアップグレードに踏み切る前に、顧客が考慮すべき主な要因についてご紹介いたします。 こちらのオンラインセミナーは、会社からも、ご自宅からもご参加いただけますので、ぜひこの機会にご参加ください。皆様のご参加を、お待ちしております。 対象 Oracleをお使いのユーザー企業様で、以下に該当する方 1. 導入企業の管理、運用責任者、担当者 2. IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者 3. 経営企画/事業企画部門責任者、担当者 4. 導入企業の購買部門責任者、担当者 ※弊社と競合する企業の方のお申込みはお断りしております。 お問い合わせ: オンラインセミナーに関するお問い合わせ、および別途、弊社サービスの詳しい説明をご希望のお客様は、ぜひ以下お問い合わせ先までご連絡ください。 個別相談もご調整いたしますので、お気軽にお問合せください。 日本リミニストリート株式会社 オンラインセミナー事務局 電子メール:[email protected] 電話:03-5326-3461 ウェブフォームでのお問い合わせ:https://www.riministreet.com/jp/contact-us

2022年は決断の年 SAP そのECCのアップグレード、御社のイノベーションに貢献しますか?
オンラインセミナー
2022年は決断の年 SAP そのECCのアップグレード、御社のイノベーションに貢献しますか?

2022年を迎え、2025年まで3年となりました。未だ、2025年のSAP保守切れ問題に頭を悩ませている企業が多いのが実情です。 S4/HANAへのアップグレードは、人・金・時間の面で莫大な投資が必要です。そのため、最終的な意思決定をするには、もう少し時間が必要なのかもしれません。 しかし、様々な要素を考慮すると2025年まで、まだ3年あるのではなく、もう3年しかないと考えるべきです。S4/HANAへのアップグレードするかどうか2022年はSAPユーザにとって決断の年なのです。 日本リミニストリートが提供する第三者保守では、次の15年間現行ECCのサポートが受けることができ、その間に御社に最適なオプションを立案・選択することができます。 不要なアップグレードを回避することによってDXやイノベーションに活用できる人・金・時間を生み出しませんか? なぜ2022年が決断の年なのか、S4/HANAへのアップグレード、そして第三者保守の詳細について、是非オンラインセミナー(オンデマンド)でご確認ください。 講演者: 日本リミニストリート株式会社 代表取締役社長 脇阪 順雄

2022年 SAPユーザ企業の取るべき戦略と選択 ITロードマップを的確に選択し、DX推進を加速!
オンラインセミナー
2022年 SAPユーザ企業の取るべき戦略と選択 ITロードマップを的確に選択し、DX推進を加速!

SAP ERPの保守サポート終了までの自社のITロードマップはできていますか? サポート終了が2025年から2027年に延期されても、企業のDXを推進する必要性には変更はありません。 「多くの技術的課題の解決、保守・運用、セキュリティ対策などでリソースを割かねばならず、DX推進のためのコストとリソースを十分に確保することができない」といった問題を抱えている企業もめずらしくありません。 2022年は決断の年です!サポートが保守切れになってしまう前に、今企業がやるべきことは何でしょうか。ITロードマップを見ながら詳しく解説します。 本セミナーが、少しでも皆様の2022年以降のIT投資やDX推進の手がかりになれば幸いです。 実際に導入いただきましたお客様の活用事例もご紹介させていただきますので、ぜひご参加ください。 日程:2021年12月21日(火) 時間:14:30から15:00 講演者 : 日本リミニストリート株式会社 サービスソリューションアーキテクト 韓 問一 (ハン ウオンイ)

多くのSAPユーザ事例分析からそのインサイトを明らかにする! 大規模アップグレードよりも戦略投資を
オンラインセミナー
多くのSAPユーザ事例分析からそのインサイトを明らかにする! 大規模アップグレードよりも戦略投資を

今日、慎重なSAP戦略が求められています。 大規模アップグレードをしなくても、現状維持の選択肢があることをご存じですか? 効果的な費用削減方法を中心に、お客様のリミニストリート活用事例をご紹介しながら、常識を覆す新たな選択肢である「第三者保守サービス」をご提案いたします。 概要: 今、企業が本当にIT投資をしなければいけない領域はどこでしょうか。 “攻め”のビジネスに直結するDX領域に素早く投資すれことができれば、さまざまなプロジェクトを遂行でき、相当の効果が期待できます。そのためには、基幹業務システムはしばらく現状のままで、できるだけコストをかけずに運用したいというのが本音ではないでしょうか。 本オンラインセミナーでは、SAPユーザとしての効果的な費用削減のアプローチとして、常識を覆す新たな選択肢である「第三者保守サービス」のご提案をいたします。 また、お客様のリミニストリート活用事例をご紹介しながら、それらのお客様から得られる学びについてもお話しいたします。 本セミナーが、少しでも皆様の「IT投資の最適化」と「DX推進」の手がかりになれば幸いです。ぜひご参加ください。 日程:2021年12月9日(木)   時間:14:30から15:00 講演者 : 日本リミニストリート株式会社 サービスソリューションアーキテクト 韓 問一 (ハン ウオンイ)

このウェブサイトは、お使いのブラウザでは完全にサポートされていない最新のウェブ標準を使用して構築されています。 ブラウザのアップデートをご検討ください。

今すぐアップグレード