Search Icon

Welch’s社が、Oracle E-Business SuiteとOracle Databaseにリミニストリートのサポートを活用

米国マサチューセッツ州のグレープジュースとゼリー菓子のメーカーが、年間保守費用を
約100万ドル削減し、新たなアプリケーション開発や戦略に投資

ラスベガス、2018年12月5日 – エンタープライズ ソフトウェア製品およびサービスの世界的プロバイダーであり、OracleやSAPソフトウェア製品のサードパーティ サポートにおいて業界をリードするリミニストリート(Nasdaq:RMNI)は本日、National Grape Cooperative Association Inc.の加工・マーケティング子会社であるWelch’sが、Oracle E-Business Suite(EBS)アプリケーションとOracle Databaseソフトウェアのサポートにリミニストリートを活用することを発表しました。リミニストリートへの切り替えによってWelch’sは、ベンダーとの保守サポート関係を継続するためだけに、不要なアップグレードに時間や経費をかけずに済むようになります。同社は、リミニストリートと契約したその日から最低15年間にわたり、堅牢なOracleシステムを安定的に運用できます。また、同社のビジネスにとってアップグレードが必要になった場合には、対応できる柔軟性も維持します。Welch’sは保守サポート費用を年間約100万ドル削減し、その予算を新たな戦略的マーケティング活動や新製品開発に投資できるようになりました。また、社内のITリソースを解放し、ビジネス向けに新しいアプリケーションの機能を拡張する時間を確保できるようになりました。

IT支出を削減し、成長に向けた投資戦略を強化

Welch’sがIT予算全体の見直しに着手した際、Oracleの年間サポート保守費用が組織のIT総予算の12~15%を占め、給与を除く、最大項目として突出していることがわかりました。特に現行ERPで使用していないモジュールに関する費用の削減を行うために、ベンダーと交渉を試みましたが、提示された代替案は、次のソフトウェアリリースへのアップグレードのみでした。

アプリケーションの一部をクラウドへ移行する等、ベンダーから示されたさまざまなアップグレードオプションを検討した結果、同社はアップグレードの選択では費用の削減も、重要なビジネス価値の実現も見込めないと判断しました。アップグレードには多額の費用がかかり、またビジネスの加速と費用削減の両方に対応できる戦略を必要としていたこともあり、Welch’sは、エンタープライズソフトウェアの保守面でのニーズを満たす代替ソリューションを検討し、リミニストリートのサポートを選択しました。

リミニストリートへの切り替えによって削減できたエンタープライズソフトウェアサポートの予算を、IT、マーケティング、製品開発等のビジネス全体のさまざまな成長分野に再配備できるようになりました。例えば、コストを大幅に削減した結果、Welch’sのIT部門は新しいセキュリティアナリストを雇用し、新たなセキュリティ ソフトウェアを実装することができました。さらに、コスト削減により、新たなマーケティング活動への投資や、ポートフォリオ拡大に向けた新製品の開発(Welch’sの新製品 スパークリング ロゼ等)が可能になりました。

新たに改善されたサポートと戦略的パートナーシップ

コスト削減だけでなく、Welch’sはエンタープライズソフトウェアのサポートに、以前のベンダーと比べて大幅な改善を見ました。Welch’sには、リミニストリートのすべてのお客様と同様に、平均15年の経験を備えた専任のプライマリーサポートエンジニア(PSE)が割り当てられます。リミニストリートは世界中にPSEを配置し、年中無休24時間対応でサポートを提供し、すべての重要なケースで15分以内の対応を保証するサービスレベル契約を提供しています。

「リミニストリートはサポート全般に責任を持って取り組み、問い合わせると必ず誰かが対応し、すぐに問題に対処してくれます。これが最大の変化です」とWelch’s社CIOのDave Jackson氏は語ります。「最近では、当社チームは重要な問題に速やかに対処し、1時間以内に解決できるようになりました。さらに、サポートチケットや問題解決の追跡に当社チームが費やす作業が大幅に減りました。ベンダーサポートの時にはあえて先送りにしていたブラウザアップグレード等のプロジェクトに自信を持って取り組めるようになりました。当社は以前からテクノロジーベンダーとの関係をパートナーシップととらえており、ただ単に取引関係を結ぶということではありません。リミニストリートは長期的に信頼できるパートナーになることでしょう。」

「当社の多くのOracleユーザーと同様に、Welch’sは、現行のミッションクリティカル システムですべてのビジネスニーズを満たしていると判断し、その時点ではアップグレードに価値があるとは考えていませんでした。また、それまでのベンダー主導型のロードマップにはない、コスト削減、ビジネス価値の向上、質の高いサポートを求めていました」とリミニストリートのシニアバイスプレジデント 兼 最高顧客責任者であるAnthony DeShazorは述べています。「企業がリミニストリートを採用すると、比類ないレベルのサポートを受けられるだけではなく、多額の資金を自由に使えるようになります。こうした資金をビジネス主導型ロードマップの一環として、より戦略的なイニシアティブに投資できます。Welch’sの場合は、コスト削減分をITだけでなく組織全体の投資に回すことができました。」

 

リミニストリートについて

リミニストリート(Nasdaq: RMNI)は、エンタープライズソフトウェア製品とサービスのグローバルプロバイダーであり、OracleおよびSAPのソフトウェア製品に対する第三者保守サポートにおいて業界をリードしており、またSalesforceのパートナー企業でもあります。リミニストリートは、エンタープライズソフトウェアライセンシーにおいて、大幅にコストを削減し、イノベーションのためにリソースを解放し、より良好な業績結果を達成することが可能となる、プレミアムで、非常に応答性が高い、統合型のアプリケーション管理およびサポートサービスを提供しています。今日までに業界を問わず、フォーチュン500およびフォーチュングローバル100企業、中堅企業、公共セクター組織等を含む3,500社以上の顧客が、信頼できるアプリケーションエンタープライズソフトウェア製品とサービスのプロバイダーとして、リミニストリートにサポートを委託しています。詳細は、 https://www.riministreet.com/jp/ をご覧ください。またTwitter(@riministreet)、FacebookLinkedIn でリミニストリートをフォローしてください。

将来見通しに関する記述

本プレスリリースには、過去に関する事実ではなく、1995年米国民事証券訴訟改革法のセーフハーバー規定に定義する将来見通しに関する記述が含まれています。通常、将来見通しに関する記述には、「かもしれない」、「はずだ」、「だろう」、「計画する」、「意図する」、「予知する」、「考える」、「推定する」、「予測する」、「可能性」、「思われる」、「求める」、「継続する」、「将来」、「~する」、「期待する」、「見通し」などの単語や、その他類似の語句や表現が使用されます。本プレスリリースで後述する株式の公募引受により調達した資金の使途予定についてのリミニストリートの予想に関する記述は、全て将来見通しに関する記述です。これらの記述は、リミニストリートのビジネスに関連する多くのリスクおよび不確実性に左右されるものであり、実際の結果は大きく異なる可能性があります。これらのリスクおよび不確実性としては次のもの(ただしこれらには限定されない)が挙げられます。COVID-19のパンデミックの期間と当社の事業に与える経済的、業務的、財務的影響およびCOVID-19のパンデミックに対する政府当局、顧客または他者の対策。当社の事業、または当社の現在および将来の顧客の事業を混乱させる破局的な出来事、リミニストリートが活動するビジネス環境における変化(リミニストリートが活動する業界に影響を与えるインフレや金利、一般的な財務、経済、規制、および政治的な状況などを含む)。既存訴訟、政府当局による調査、又は新規訴訟における不利な展開。好条件で追加のエクイティ又はデットファイナンスによる資金調達の必要性および可能性と当社が成長するための取り組みとして、投資の増加に資金を提供するために、事業からキャッシュフローを生み出す能力。当社の流動性の基準を満たす現金および現金同等物の充足性。シリーズA優先株(13.00%)の条件および影響。税金、法律、および規制の改正。競合製品と価格設定。増益管理の困難性。近い将来に展開することが期待されている製品およびサービスに追加して、直近に発表した製品およびサービス(Application Management Service(AMS)、Rimini Street Advanced Database SecurityおよびSalesforce Sales Cloud並びにService Cloud製品に関するサービス等を含む)の顧客の採用。リミニストリートの経営陣の終任。リミニストリートの株式の長期的な価値の不確実性。リミニストリートが2020年8月5日に証券取引委員会に提出したリミニストリートのForm 10-Qによる四半期報告書の「Risk Factors」および2020年8月18日に終了したリミニストリートの普通株式の公募引受に関する2020年8月14日付の目論見書補完書類に記載している事項、および適宜それら事項についてリミニストリートがSECに提出するその他書面に更新される事項。さらに、将来見通しに関する記述には、本プレスリリースの発表時点でのリミニストリートの将来の事象に関する期待、計画、または予測、および考えが示されています。リミニストリートは、後発事象や今後の進展がリミニストリートの評価を変える原因になると予想しています。ただし、リミニストリートは、これらの将来見通しに関する記述を将来のある時点で更新することを選択する可能性がある一方で、法律で要求されていない限り、そのような義務を明示的に否認いたします。これらの将来見通しに関する記述は、本プレスリリース発行日後の時点におけるリミニストリートの評価を表すものとして依拠されるべきではありません。

© 2020 Rimini Street, Inc. All rights reserved. Rimini Streetは、米国およびその他の国におけるRimini Street, Inc.の登録商標です。Rimini Street、Rimini Streetロゴ、およびその組み合わせ、その他TMの付いたマークは、リミニストリート・インクの商標です。その他のすべての商標は、それぞれの所有者の財産権を構成するものであり、別段の記載がない限り、リミニストリートは、これらの商標保有者またはここに記載されているその他の企業と提携や協力関係にあるものでも、またそれらを支持するものでもありません。

投資家関係のお問い合わせ先:

Dean Pohl

Rimini Street, Inc.

+1 925 523-7636 dpohl@riministreet.com

このウェブサイトは、お使いのブラウザでは完全にサポートされていない最新のウェブ標準を使用して構築されています。 ブラウザのアップデートをご検討ください。

今すぐアップグレード