Search Icon
リサーチレポート

IDG調査レポート:ERPの未来をナビゲート

SAP のクライアントは岐路に立たされている:
今、イノベーションをとるか、あるいはS/4HANAにすべてを賭けるか。

SAP ECC6 ERPスイートのメインストリーム保守の終了は2027年に予定されています。 そして、SAPは明らかに新しいS / 4HANAプラットフォームに顧客基盤全体を移行しようとしていますが、SAPが今がその時だと言っているからといって、多くの顧客が移行を余儀なくされることはないでしょう。

新しいIDGグローバル調査では、調査したSAP顧客の85%が、ECC6のメインストリーム保守サポートの差し迫った締め切りにもかかわらず、2025年以降まで既存のSAPアプリケーションの実行を継続する計画を立てていると報告しています。 この調査では、これらのSAPのお客様は現在のERP環境に満足しているものの、SAPがこれらのシステムに提供しているイノベーションや機能強化はほとんどないため、停滞も懸念していると報告しています。

では、SAPのお客様は、S / 4HANAに今すぐ移行せずに、イノベーションを起こし、競争し、停滞を回避するにはどうすればよいでしょうか。IDGの新しいMarket Pulseレポート「ERPの未来をナビゲート」では、この問いを分析し、グローバルな調査結果を詳しく説明しています。

* 2020年2月4日、SAPは2027年までのSAP Business Suite 7のメインストリームサポートを発表しました。

今すぐ、「リサーチレポート」をダウンロードしましょう!
*印はすべて必須項目です。

このウェブサイトは、お使いのブラウザでは完全にサポートされていない最新のウェブ標準を使用して構築されています。 ブラウザのアップデートをご検討ください。

今すぐアップグレード