SAPライセンシーを対象としたIDGのグローバル調査によると、10人中9人が現在のリリースに満足していると回答しています。1しかし、イノベーションへのプレッシャー、世界的なパンデミックからの回復、予算の縮小と相まって、SAP S/4HANAの移行圧力に直面しているのです。このような課題を踏まえて、ITリーダーは競争力と事業価値を高める戦略的な選択をする必要があります。

S/4HANAへの移行や現行リリースの維持を検討している場合、ホワイトペーパー「組織がSAP S/4HANA移行戦略を見直すことでリスクを最小限に抑える方法」は、その意思決定を整理するのに役立つことでしょう。このホワイトペーパーでは、リスクの評価から移行後の計画まで、4つのステップで移行または現状維持を検討する際の検討事項を取り上げています。

現在の環境を評価し、移行することが財務的、戦略的に適切かどうかを判断する。

SAPを中心とした理想的な環境の設計、または既存のリリースを補強するためのSaaSベースのオプションの選択

SAP S/4HANA移行の準備と、新機能を活用するための環境の確保

移行後の予算が厳しい中、新環境をビジネスニーズに合わせてカスタマイズすることが可能です。

SAP S/4HANA移行戦略の指針となるホワイトペーパーの全文を無料でダウンロードすることができます。

1 IDG Communications, Inc.,2021年 「Navigating the Future of SAP」。ITリーダーはどのようにERP投資を最大化しながらイノベーションを加速しているか」

今すぐホワイトペーパーをダウンロード ホワイトペーパー !
今すぐダウンロード