Savant傘下のGE Lightingが、チェンジマネジメントのためSAP ChaRMからRimini Watch™に変更、業務効率化を達成し、節約分をイノベーションプロジェクトの資金として活用することに成功

住宅用照明製品およびスマートホーム分野のマーケットリーダー企業であるGE Lighting (Savant傘下)が、オペレーションの最適化、効率化の推進、ITスキルのギャップの埋め合わせ、競争力向上に重要なプロジェクトの資金確保のため、Rimini Streetを採用しました。

(米国ラスベガス:2023年3月28日)– エンタープライズソフトウェア製品とサービスを世界各国で提供し、OracleおよびSAPソフトウェア製品の第三者保守サポート業界におけるリーダーであり、SalesforceのパートナーでもあるRimini Street, Inc. (Nasdaq: RMNI) は、住宅用照明製品およびスマートホーム分野のマーケットリーダー企業であるGE Lighting (Savant傘下)がより高い柔軟性と価値のあるチェンジマネジメントシステムを求め、SAP Change Management(ChaRM)に代わりRimini Watch™を採用したことを発表しました。

Rimini Watch™で冗長性を減らし効率アップ

新たなチェンジマネジメントシステムのソリューションを検討する際に、GE Lightingは以下4つの基準をレビューしました。

  • 承認プロセスをサポートする堅牢なシステムかどうか
  • 変更に関する「衝突」を把握できる洞察力があるか
  • 文書化、添付ファイルの移動が可能か
  • 全ての変更履歴を新しいツールに移行できるか

Rimini Watch for Change Managementはこれらの基準を満たし、採用されました。Rimini Watchは期待を上回る柔軟性とシームレス性を提供し、GE Lightingのチームは、SAPランドスケープの変更管理システムに依存している社内ユーザーの摩擦が大幅に軽減されることを確認しました。

2020年にGE Lightingを買収したスマートホームとスマートパワースペースのグローバルリーダーであるSavant Systems, Incの情報技術担当ヴァイスプレジデント、Theresa Szoke氏は「当社のニーズに対してどのような設計が必要か、これまでに蓄積された文書をどのように移行するのか、そしてその後の活用法や管理方法などのサポートを通してリミニストリートとの本当のパートナーシップを感じました。リミニストリートは、ChaRMからRimini Watch for Change Managementへの切り替えを簡単にしてくれました。内部プロセスの品質を維持しつつ、トランスフォーメーションの目標達成をサポートするための実質的なコスト削減を実現することが出来ました」と述べています。

戦術から戦略へ、リミニストリートがGE Lightingの競争力を支える力になっている

GE Lightingは、Cync™アプリケーション機能のさらなる拡張を含め、スマートホーム市場への投資拡大を目指しています。さらにRimini Watchに切り替えたことにより節約できた資金は、競争ビジョンを加速させるためのプロジェクトに再投資されています。

ITチームは安心してリミニストリートに技術的なサポートを任せて、組織は重要なプロジェクトに時間と注力を再配分しています。

GE Lightingのエンタープライズ・アプリケーション担当シニア・マネージャーであるSanjay Sethia氏は「運営に関する問題や分析に深入りすることはなくなり、日々、戦略的な方向に集中することが出来るようになりました。私たちのパートナーであるリミニストリートは、レスポンスが早く、適切な分析を提供してくれて、私たちを各ステップに導いてくれます。過去1年間、5つの異なるランドスケープで、350以上の変更をトラブル無しでこなすことが出来ました。私たちのチームにリミニストリートが参画していることは大きなアドバンテージです」と述べています。

信頼性が高く、実績のあるサポート管理サービスセキュリティ統合監視プロフェッショナルサービス、そしてSAPOracleSalesforceのアプリケーションを対象としたRimini ONE™アウトソーシングソリューションなど、リミニストリートの包括的なポートフォリオをご覧ください。

GEはGeneral Electric Companyの商標であり、商標ライセンスに基づき使用されています。

GE Lightingについて

オハイオ州イーストクリーブランドにある歴史的なNELAパークに本社を置くGE Lightingは、トーマス・エジソンと世界初の電球の発明にまで遡る、約130年の歴史を持つ企業です。現在、Savant Systems, Inc.社の傘下に入り、ランプ、スイッチ、器具などのイノベーションとエネルギー効率化を通じて、より明るい生活と持続可能な世界を実現し、未来を照らす存在となっています。また、Cync™スマートホーム製品群を通じて、究極のパーソナライズされた生活体験を提供し、消費者が安心してネットワークにつながり、GEブランドの製品が持つ快適性、品質、安全性を体験できるようにしています。詳しくはgelighting.comをご覧ください。

株式会社リミニストリートについて

ラッセル 2000® カンパニーである株式会社リミニストリート(Nasdaq: RMNI)は、エンドツーエンドのエンタープライズソフトウェアサポート、製品、サービスのグローバルプロバイダーであり、OracleおよびSAPソフトウェアに対する第三者保守サービスの業界リーダー、そして、SalesforceおよびAWSのパートナーでもあります。エンタープライズアプリケーション、データベース、テクノロジーソフトウェアの実行、管理、サポート、カスタマイズ、設定、接続、保護、監視、最適化を行う包括的な統合ソリューションファミリーを世界各地で提供しています。お客様がより良いビジネス成果を達成し、コストを大幅に削減することによりイノベーションのためにリソースを再配分できるよう支援します。 現在までに、Fortune 500、Fortune Global 100、中堅企業、公共機関など、幅広い業種の5,000以上の組織が、リミニストリートを信頼できるエンタープライズソフトウェアソリューションプロバイダーとして採用しています。 詳細は、http://www.riministreet.com、をご覧ください。またTwitterFacebookLinkedIn.でのフォローもお待ちしております。 (IR-RMNI)

将来予測に関する記述

本書に含まれる一部の記述は、歴史的事実ではなく、1995年私募証券訴訟改革法のセーフハーバー規定における将来予想に関する記述に該当します。将来予想に関する記述は一般に、「かもしれない」、「はずである」、「だろう」、「計画する」、「意図する」、「予測する」、「信じる」、「推定する」、「~する」、「可能性」、「思われる」、「求める」、「続ける」、「将来」、「予定する」、「期待する」、「見通し」などの単語やフレーズ又は表現が使用されています。これらの将来予想に関する記述は、将来の出来事、将来の機会、世界的な拡大及びその他の成長構想に関する取り組み、並びにかかる構想に対する当社の投資に関する当社の期待に関する記述を含みますが、これらに限定されるものではありません。これらの記述は、様々な仮定及び経営陣の現在の予想に基づくものであり、実際の業績を予測するものではなく、また、歴史的事実を記述するものでもありません。これらの記述は、リミニストリートの事業に関する多くのリスク及び不確実性の影響を受け、実際の結果は大きく異なる可能性があります。これらのリスク及び不確実性には、次のものが含まれますが、これらに限定されません:係争中の訴訟または新たな訴訟の弁護における不利な展開および関連するコスト。外貨為替の変動、不況の経済傾向の影響などを含むリミニストリートの事業環境の変化、リミニストリートが事業を行う業界及びリミニストリートの顧客が事業を行う業界に影響を与える一般的な金融、経済、規制、政治的な状況など。エンタープライズソフトウェア管理及びサポートを取り巻く環境の進化並びに新顧客を惹きつけて既存顧客を維持し顧客層を更に広げる当社の能力。ソフトウェアサポートサービス市場における競争の激化。当社の拡大された製品及びサービスのポートフォリオ並びに今後提供する可能性のある製品及びサービスの顧客による採用。現状の収益又は収益性を維持し又はこれらを伸ばす当社の能力、及び、コスト管理能力。当社が獲得可能な最大市場規模の予測、及び当社サービスの採用により他社サービス利用時と比して顧客に見込まれるコスト削減効果の予測。当社におけるセールスサイクルの変動。定着率に関連するリスク。リミニストリートの経営陣の1人または複数のメンバーの終任。有能な人材およびキーパーソンを惹きつけ保持する能力。利益を伴う成長管理への挑戦。有利な条件で追加の株式または債券による資金調達を行う必要性および能力、ならびに当社の成長構想への投資の増加に資するために事業からキャッシュフローを生み出す能力。ESG(環境、社会、企業統治)関連事項の当社に対する影響。COVID-19パンデミックに関する残課題に対する措置及びそれらが当社の事業に与える経済上、運営上、及び財務上の影響。グローバル運営に付随するリスク。当社の情報技術システムに対する不正アクセスおよびその他のサイバーセキュリティ上の脅威を防ぎ、当社の従業員および顧客の機密情報を保護し、プライバシーおよびデータ保護規制を順守する当社の能力。財務報告に対する内部統制システムの効率性を維持する当社の能力。当社のブランド及び知的財産を維持及び保護し促進していく当社の能力。税法を含む法令の改正及び当社の取る税務ポジションが結果的に生み出す可能性のある当社に不利益な事象並びに税金引当金の不足。当社のクレジットファシイリティにおける継続的な債務返済義務および当社の事業に対する財務・業務上の特約並びに担保付翌日物調達金利(SOFR)又は他の金利ベンチマークへの移行に伴う不確実性を含む金利リスク。当社の流動性要件を満たすための現金および現金同等物の充足度。当社の株式買戻プログラムに基づく買戻の量および時期(もしあれば)ならびにかかるプログラムを通じて株主価値を高める当社の能力。リミニストリートの株式の長期的な価値に対する不確実性。当社または当社の顧客の事業を混乱させる壊滅的な出来事。並びに、2023年3月1日付で米国証券取引委員会に提出されたリミニストリートForm 10-K年次報告書に「リスク要因」の見出しのもとで記載され、今後提出されるForm 10-K年次報告書、Form 10-Q四半期報告書、Form 8-K臨時報告書、及びリミニストリートが米国証券取引委員会へ提出するその他の提出物によって随時更新される記述に含まれる事項を含むその他のリスク。また、将来予想に関する記述は、本書の日付時点における将来の事象及び見解に関するリミニストリートの期待、計画又は予測を提供するものです。リミニストリートは、その後の事象及び展開により、リミニストリートの評価が変化することを予想しています。しかしながら、リミニストリートは、将来のある時点で、これらの将来予想に関する記述を更新する可能性がありますが、リミニストリートは、法令により要求される場合を除き、そのような義務を負うことを特に否認します。これらの将来予想に関する記述は、本書の日付以降のいかなる日付においても、リミニストリートの評価を表すものとして依拠されるべきではありません。

©2023 Rimini Street, Inc. 無断転載を禁じます。 “Rimini Street” は、米国及びその他の国におけるRimini Street, Inc.の登録商標であり、Rimini Street、Rimini Streetロゴ、及びそれらの組み合わせ、並びにTMで示されるその他のマークは、Rimini Street, Inc.の商標です。 その他のすべての商標は、それぞれの権利者に帰属し、別段の表示がない限り、リミニストリートは、かかる商標の権利者又は本書に記載されているその他の企業と提携若しくは関連し、又はこれらを推奨することを示すものではありません。

投資家関係のお問い合わせ先:

Dean Pohl

Rimini Street, Inc.

+1 925 523-7636 dpohl@riministreet.com
メディア関係のお問い合わせ先:

Vector, Inc