Search Icon

ERPソフトウェアライセンス対クラウドERP SaaSのサブスクリプション ─ 長所と短所

北川 裕康
< 1 分(想定読了時間)

私は、過去、Microsoft、Cisco、SAS、Workdayで、永続ソフトウェアライセンスとサブスクリプションモデルの両方に携わってきました。今回は、その対比をしてみたいと思います。

ソフトウェアは資産です。オラクルやSAPなどのソフトウェアベンダーは、ベンダーの新しいプラットフォームに移行するために、既存のエンタープライズアプリケーションをクラウドベースのサブスクリプショモデルに置き換えるよう顧客に迫っています。これは、他のベンダーでも起きているトレンドです。なぜなら。安定して儲かるからです。既存の契約のキャンセルされる金額より多く、毎年新しいビジネスを獲得すれば、確実に収益が向上します。そして、新しいビジネスは、次年度の既存契約の収益になります。また、保守だけを切り離すこともできません。もちろん、ユーザーのメリットもあります。アプリケーションを自分で更新することなく、常に最新のものが入手できます。保守要員も他の目的にシフトでき、また、OPEX(資産)からCAPEX(費用)に会計処理がわかります。

ただ、ほとんどの企業は、デジタルトランスフォーメーションやイノベーションのための強力な基盤を提供する財務、サプライチェーン、物流、製造、HCM、または顧客体験など、現在のERPシステムに数億円を投資しています。多くの状況では、永続ライセンスを持っている場合、今、サブスクリプションモデルに移行するかどうかは慎重に検討する必要があります。

有償のソフトウェア ライセンスには莫大な価値がある

企業のソフトウェアライセンスは資産です。ほとんどの場合、ソフトウェアはビジネスに合わせてカスタマイズされています。何十年にもわたって進化し、成熟してきたソフトウェアは、オーダーメイドのスーツのようにぴったりとフィットします。多くの場合、ライセンス、実装コスト、カスタマイズを追加した後の投資額は数億円に達する可能性があります。自動車に例えれば、エンタープライズソフトウェアは、細かく調整された車を運転するようなものです。その代わりに、それを機能アップし、維持し続けることができます。

多くのエンタープライズソフトウェアのライセンシーは永久的な権利を持っており、そのようなソフトウェアは対象のバージョンを無期限に使用し続けることができます。ただ、ライセンスだけでは、上位バージョンにいく権利はなく、製品によっては下位バージョンに戻る権利をもちます。3年の車検がきたからといって新車に乗り換えるのではなく、自分のタイミングがくるまで、今の車を乗り続けることができます。SAPのBusiness Suite 7やOracleのEBSなどのシステムは、一般的に安定しており、最小限の変更を必要とします。よく手入れをしていれば、15年以上もの間、素晴らしい状態で稼働させることができます。

これらの安定したシステムが最適化されれば、他のIT投資を行う際にも大きな柔軟性を発揮します。クラウドへのロードマップ、デジタルトランスフォーメーションの取り組み、ビジネス目標をサポートするイノベーションなど、ビジネスを成長させるための強力な基盤を築くことができます。ベンダーの提供するプラットフォームの刷新が価値のある成熟度に達するまでの間、3年以上もどこにも行かずに整備工場でのんびりと待つよりも、他の場所に投資しながら微調整されたシステムを運転し続けるのが最善の方法です。

サブスクリプションには異なる所有権と使用権がある

ソフトウェアのサブスクリプション(SaaS)は、競争上の優位性を提供する機能の展開を支援するための素晴らしい方法です。ビジネスの差別化に役立つソフトウェアをサブスクライブすれば、顧客体験を改善したり、顧客エンゲージメントを向上させたりするために、ERPのエッジの周りに能力を追加できます。SaaSでは定期的に最先端のビジネスモデルが実装され、それを利用することで、それを適応するによって、先頭集団で走り続けることができます。ただ、先頭集団から抜け出せるかは別の話です。”エッジ”プロジェクトのこれらのタイプは、比較的迅速かつ多くの先行投資なしで行うことができます。彼らはあなたが価値を追加し、投資に対する適切なリターンを提供していないものを交換するソリューションを維持することができますので、異なるオプションを採用するための俊敏性を提供することができます。また、一斉にソフトウェア更新がかかる性質から、SaaSはカスタマイズできず、パラメターの変更で機能を調整することになります。

サブスクリプションモデルは、永久ライセンスとは大きく異なります。サブスクリプションベースのライセンスでは、通常、顧客はソフトウェアの使用を継続するために月額または年会費を支払います。多くの場合、これは新車のリースのようなもので、最後に買い取りオプションがないことを除けば、支払いをやめたら運転ができなくなります。このモデルは、スコープが限られたソリューションには受け入れられるかもしれませんが、これがERPシステムに適用される場合、新しいリース車が古い車と同じくらい価値がない場合、それは高いリスクが発生する可能性があります。

前の車より機能が大幅に弱い、最先端の高級カーを買うことを想像してみてください。せっかく買った高級カーは燃費性能が良くなかったり、加速が悪かったりするかもしれません。それは考えられないことではないでしょうか?しかし、エンタープライズソフトウェアでも同じようなシナリオが考えられます。ソフトウェアベンダーは、自社のビジネスを優先させ、古いプラットフォームほど優れていなかったりする新しいプラットフォームを発表する傾向があるからです。これによって、古いプラットフォームが他のシステムと統合されていたり、ビジネスのニーズをサポートするカスタマイズが行われていたりする場合には、移行に大きな労力が必要です。これが、企業が5~10年前のソフトウェアのリリースを実行させ続けている多くの理由です。それらは安定していて、安全で、機能が豊富なのです。

特に、新しいクラウドやSaaSのプラットフォームが期待通りにならなかった場合、永久ライセンスに戻ることは非常に困難で、移行にはコストがかかる場合があります。例えば、多くのERPの実装にはコストと時間の超過の歴史があることを考えると、顧客はSaaSの実装が計画よりも長くかかる場合の移行期間の延長のための手数料に注意する必要があります。また、継続的なコストは、時間とともに、増加していきます。契約更新時の価格上昇と過剰使用のための余分な手数料/料金は、総コストがあがる余分なものの例です。また、過剰加入のリスクもあります。サブスクリプションでは、スケールアップやスケールダウンが容易になると言われていますが、顧客は必要以上に大きなサブスクリプションの最低価格設定にロックされてしまう可能性があります。実際、私が関わったSaaS製品も、最低金額がありました。

ソフトウェア戦略を立てる際の考慮点

Systems of Engagementの強化、クラウドへの移行など資金を使って何ができるかの機会費用を考え、今すぐSaaSが本当にエンタープライズソフトウェアにとってより良いソリューションであるかどうかを評価してください。新しいプラットフォームに切り替えることが意味のあるシナリオはいくつか存在します。その代表例として、データセンターをパブリッククラウドに移行することが挙げられます。同様に、Salesforce.comのCXやWorkdayのHCMのサブスクリプションモデルの導入は、シナリオによっては意味があるかもしれませんが、バックオフィスシステムに支出の大半を費やしている多くのCIOにとっては、永続ソフトウェアライセンスにはまだ多くの価値が残されていることになります。

変更のリスクが、潜在的なリターンに見合うだけの価値があるかどうかを評価してください。SaaS型ERPソフトウェアの場合には、比較的未熟であるサブスクリプションベースのソリューションに貴重なITドルを沈めることは、本当の意味での”アップグレード”にはなりませんので、サービスとして提供されるERPを持っていることの価値よりも重くのしかかることができる重大なリスクを作り出し、それは非常に高価なリッピング&リプレイス実装よりも可能性が高いです。IT戦略は、ビジネス戦略を可能にする投資に焦点を当て、競争優位性を提供したり、成長を可能にしたりする必要があります。 パブリッククラウドのIaaSへのアプリケーションの「リフト&シフト」などの戦略で、既存のソフトウェア資産を最適化することを検討してみてください。

永続ライセンスのメリットを損なうことなく、ハイブリッド戦略によってクラウドのロードマップを進めることができるかどうかを検討してください。ハイブリッド戦略では、ライセンシーは永久ライセンス製品の一部を保持し、残りを同等のクラウド製品に置き換えることができます。これにより、新技術への戦略的な投資が可能になり、コアERPを置き換えるリスクが制限され、ライセンシーは永久ライセンスのメリットを享受し続けることができます。

現在抱えてない問題を解決するためにサブスクリプションモデルを使用してないでください。言い換えれば、ベンダーがその新しいプラットフォームは、デジタルコアを提供していると言うだけで、ERPのSaaSの更新を行わないでください。既存の永久ライセンスは、あなたが活用できる莫大な資産です。安定性、柔軟性、強固な基盤を提供してくれるので、プラットフォームを切り替えるコストをかけずにイノベーションに集中することができます。

 

ERPのための永続ライセンス ERPのサブスクリプションのための
資産(Capex) 費用(Opex)
フィットするようにカスタマイズ可能/細かくチューニング 限られたまたはカスタマイズできない
実装は「サンク」コスト 実装はコストになる
投資は長期的なもの より良いROIを得るためにスワップアウトするための俊敏性
成熟したコード / 実績のあるコード 進化したコード / 未知
ライセンス権は「所有」 ライセンス権は「貸与」
一般的に、新しいソリューションが機能しない場合、ライセンス権はまだ利用可能 一般的に、サブスクリプションが機能しない場合、後戻りできない
永続 – ライセンス解約料なし 早期解約の場合ペナルティ/料金の発生
永続 -使用権/有効期限なし 永久支払い停止が使用停止
複雑なコア機能に最適 一般的なシンプル機能に最適

 

このウェブサイトは、お使いのブラウザでは完全にサポートされていない最新のウェブ標準を使用して構築されています。 ブラウザのアップデートをご検討ください。

今すぐアップグレード