Going Digital – 製造業におけるデジタルトランスフォーメーション

Dan Fernandez
< 1 分(想定読了時間)

製造業のデジタルトランスフォーメーションは最重要課題ですが、資金面での障壁が存在します。製造業のIT予算は、製造業の未来を推進するための資金を見つけるための鍵を握っているかもしれません。

世界経済フォーラム によると、製造業の7割以上がデジタルトランスフォーメーションの最初のステップで行き詰まり、パイロット段階を超えることができないでいます。COVID-19パンデミックの影響は、多くの製造業の企業にとって、(デジタル化の)ジャーニーを加速させ、弱点を露呈させ、デジタルトランスフォーメーションの取り組みを拡大させるきっかけとなりました。製造業のCFOを対象とした最近の調査では、89%がデジタルトランスフォーメーションを優先事項のトップ5に挙げ、回答者の約半数(46%)がテクノロジー支出増加の主な要因であると回答し、73%がパンデミックによってデジタルトランスフォーメーションの取り組みへの支出が増加したと報告しています。それには理由があります。デジタルトランスフォーメーションは、製造業の企業にとって、生産、供給、フルフィルメント、カスタマーエクスペリエンスなど、さまざまなメリットをもたらします。

製造業におけるデジタルトランスフォーメーションの威力

自動化、3Dプリント、デジタルツイニングなどの技術は、製造業がアイデアから市場投入までの時間を短縮し、より効率的なプロセスと技術を駆使した効率化を実現します。革新的で高度にカスタマイズされた製品をより早く市場に投入することで、製造業は、技術的洞察力が市場の優位性を左右する競争の激しい市場で主導権を握ることができます。また、デジタルトランスフォーメーションは、製造業に、IoTセンサーやモバイルなどから実用的なインサイトを抽出し、データに基づいた意思決定を行うためのインフラとアジリティを提供します。デジタルトランスフォーメーションは、社内の改善だけではなく、製造業の企業が、より没入感のあるパーソナライズされた顧客体験を設計し、摩擦のない購買ジャーニーを実現することも可能にします。

デジタル技術への投資を計画している製造業の経営者を対象とした調査では、24%が2021年に投資する最も重要な技術としてデジタルツイン技術を挙げています。デジタルツイニングは、VR/AR、3Dモデリング、データモデリングを組み合わせて、物理的な世界とデジタルな世界をつなぐものです。これにより製造業は、迅速なプロトタイピングで製品開発を加速し、プロセスを監視して改善を図り、特定の使用例に合わせて高度にカスタマイズされた製品を設計することができます。実現すれば、製品の製造期間や製造コストの削減により、消費者の価格を大幅に下げることができます。デジタルツイン技術は、デジタルトランスフォーメーションに依存しており、大規模なデータセットを解析し、リアルタイムに更新し、生き生きとしたビジュアルを生成するインフラを提供します。

製造業の70%以上が、デジタルトランスフォーメーションの最初のステップで行き詰まっている

成功を阻むものは何か?

デジタルトランスフォーメーションは、テクノロジー支出を増加させる重要な要因であるにもかかわらず、製造業のITリーダーたちは、いまだにその進展に苦労しています。Medtronic、Valspar、CF IndustriesなどでグローバルCIOを務めたTom Grooms氏は次のように述べています。「(製造業は)故障するまで使い続けるというモードで環境を運用しています。」「製造業は非常にタイトで無駄のない方法で運営する必要があり、余分なリソースを持ち、価値のないものにお金を使う余裕はありません。」調査対象となったITリーダーの45%が、テクノロジー導入の最大の課題として、スケールアップするためのリソースや知識の不足を指摘しています。資金が増えれば、新しいテクノロジーをサポートするための希少で高価な専門知識のスキルギャップを埋めることができるようになります。十分な資金とリソースを投入したデジタルトランスフォーメーションの取り組みによって可能となるアジリティは、IT部門のワークロードのバランスを、継続的な運用と機能強化に90%を費やしていたものから、セキュリティ、コンプライアンス、法改正の維持にかかる労力を軽減し、効果を高めながら、幅広い戦略的目標を支えるテクノロジーの利用に時間を割くものへと変化させます。

ERP のサポート費用は、年間ライセンス費用の最大 22% を占めることもあり、製造業の IT 予算の大部分を占めています。スピードとアジリティを重視する製造業は、サポート料金と引き換えに、自社のコアビジネスを支える成熟した高度にカスタマイズされたソフトウェアのリリースに対して、遅いチケットの解決や最低限のサポートを受けることになります。多くの企業は、ベンダーのサポートが得られない場合、熟練した社内リソースをシステムの世話をするセルフサポートにあてています。ERP の機能を維持するために蓄積された費用は、戦略的な目標を追求するための予算やリソースの割り当てを妨げます。調査対象となった製造業の CFO の 4 分の 1 (26%)は、 明確なビジネスバリューがないために、 大規模な ERP の再導入や移行プロジェクトを中止すると回答しています。

製造業の IT リーダーは、このような支出を、成長と競争力を支える価値主導型の活動に転換する方法を模索しています。不必要なERPのアップグレードや更新を遅らせ、ERPサポート費用からより多くの価値を引き出すことで、製造業のITリーダーは予算を増やすことなくイノベーションに資金を投入することができます。過剰な年間サポート料、やむを得ないセルフサポート、望まないアップグレードから予算とリソースを解放することで、製造業のCIOは、リソースをERPソフトウェアの周辺部でのイノベーションに再配分し、SaaS、クラウド、ハイブリッドの選択肢を検討することができます。

製造業がデジタルトランスフォーメーションを優先するには

しかし、デジタルトランスフォーメーションを成功させるためには、企業を前進させるテクノロジーをサポートするための資金やリソースを優先的に確保することが重要です。

クラウド、AI/ML、IoTの技術を追求しながら、コアのERPソフトウェアを維持するためには、第三者保守サポートが有効であることが実証されています。Grooms氏は、SAP向けの第三者保守サポートを受けるまでの道のりを説明しながら、第三者保守サポートを受ける前は、今ある環境を維持するだけで精一杯だったとし、ソフトウェアの第三者保守サポートを受けることで、「これまで手が届かなかった多くの領域が解放された。」と述べています。  さらにGrooms氏は、「(第三者保守サポートにより)非常に大きな安心感を得ることができました。現状維持に手一杯でやるしかないことをやるだけでなく、今では、人々が望んでいることを始められるようになりました。ERPの第三者保守サポートを選択することで、エンタープライズソフトウェアの年間保守費用を50%削減し、サポートの総費用を最大90%削減することができます。製造業のITリーダーは、これらの資金をデジタルトランスフォーメーションの取り組みに再投資することができます。製造業は、資金とリソースがあれば、アジリティの向上、レジリエンスの改善、競争力のある差別化に必要なプロセス、テクノロジー、スキルセットを導入することができます。

製造業はどのようにして ERP の第三者保守サポートを利用してビジネス目標を達成しているのでしょうか。ERPの第三者保守サポートを利用して、ITロードマップを取り戻し、戦略的な優先事項に資金を投入している製造業のストーリーをご覧ください

また、リミニストリートが提供するSAPOracleJD Edwards向けの第三者保守サポートが、製造業のITリーダーの戦略的優先事項の達成にどのように貢献しているかについてもご紹介します。