Search Icon
リサーチレポート

調査レポート: Oracle Databaseとサポートの価値に関するライセンシーの見解

Oracle Databaseのライセンシーは、岐路に近づいています。 2020年12月、特定のOracle Databaseインスタンスのフルサポートが終了します。 Oracle Database 11.2もしくはそれ以前を利用している企業は、12月以降のサポートについてどのような計画をしていますか。 「Oracle Database サポートに関する調査」では、直面する問題に対処するための計画、Oracle Databaseの機能とサポートに対する考え方、オープンソースとクラウドを自社のロードマップに組み込めるかについて、ライセンシーにアンケートを行いました。

この調査は2020年の第2四半期に実施され、18か国にわたる様々な業界のITリーダー、経営幹部、データベースプロフェッショナルを対象に行われました。 2017年のリミニストリートの調査「Oracle Databaseに関する隠れた真実」と比較しながら、ライセンシーの考え方の変化にも注目します。

調査レポート「Oracle Databaseとサポートの価値に関するライセンシーの見解」では、以下の点について紹介しています。

  • 回答したライセンシーの現在の最優先事項、また、それがOracleとの関係における実情と一致しているか
  • 回答したライセンシーの、Oracleの保守やサポート、そして新機能に対する全体的な満足度に関する詳細
  • 特定のOracle Databaseインスタンスのフルサポート終了が迫る中、Oracleへの今後の投資に関する自社の戦略
  • Oracle Databaseを代替データベースやクラウドへ移行する計画とそのきっかけ
リサーチレポートを今すぐダウンロード!
*印はすべて必須項目です。

このウェブサイトは、お使いのブラウザでは完全にサポートされていない最新のウェブ標準を使用して構築されています。 ブラウザのアップデートをご検討ください。

今すぐアップグレード